上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
前回と似た形を、stablyさんと七段の方の対局から紹介します。


第1図以下の指し手
▲6五歩(第2図)

第1図は、前回第1図から▲3九玉 △7一玉と2手進んだ局面です。

やはりここから、▲6五歩と動きました。

CapD20130327z.png

第2図以下の指し手
△8八角成 ▲同銀 △3六歩 ▲同歩 △5五角(第3図)

やはり角交換から△3六歩~△5五角と反発してきました。


第3図以下の指し手
▲7七角 △1九角成 ▲1一角成(第4図)

同じ手順で第4図となりました。

3九玉の形は、前回と比べて1九馬に近いのですが、どうなるでしょうか?

CapD20130327y.png

第4図以下の指し手
△3三桂 ▲2一馬(第5図)

今回は、△3三桂に▲2一馬と飛車取りに寄りました。

第5図以下の指し手
△4二飛 ▲3七銀 △4五桂 ▲2八銀 △1八馬 ▲4六歩(第6図)

△4二飛と逃げるのは仕方ありません。▲3七銀は△5五馬と活用されるの防いで、馬
を封じ込める手も見ています。

CapD20130327x.png

第6図以下の指し手
△3七歩 ▲4五歩 △3八香 ▲同金 △同歩成 ▲同玉(第7図)

後手は必死に反撃しますが、大勢は決している感じがします。

第7図以下の指し手
△1九金 ▲同銀 △同馬 ▲7五香 △5五馬 ▲7七桂(第8図)

歩切れの後手は、▲7五香が厳しすぎます。

7九銀型から▲6五歩と動いていく手は十分成立すると思います。第4図から、▲2一
馬や▲3五香と指して飛車を攻めにいくのがポイント
なので覚えておきたいです。

CapD20130327q.png



ランキングに加入しました。よろしければクリックお願いします。
にほんブログ村 その他趣味ブログ 将棋へ
にほんブログ村


スポンサーサイト
2010.11.12 / Top↑
TrackBackURL
→http://sutekisangen1.blog76.fc2.com/tb.php/88-41ab4a32

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。