上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
第1図では、トッププロの意見でも、後手は△7二飛△3二金のどちらかのようで
す。とがめにいくなら△7二飛。穏やかに指すなら△3二金です。
(※その後、実戦で△6二銀も指されている。中村亮-瀬川戦 2010.11)


CapD20101015_4.png


△7二飛に対しての指し方

ここでは、主に指されている△7二飛について考えてみます。

▲2二角成り △同銀 ▲8三角 (第2図)と指すのが自然でしょう。


CapD20101015_5.png



第2図で後手は、角を打つ手が考えられます。

角の打ち場所は、△5五角、△4四角、△3三角、△5四角の4箇所あります。


① 5五角


CapD20101015_6.png


8筋、9筋に角の睨みを利かせるとともに、△3五歩~△3六歩から先手の右翼を攻

めるのが狙い
ですが、欲張った感じもします。△3五歩からの攻めを目指せば、後手

は玉を囲いにくくなり、乱戦必至でしょう。また将来、浮いている角を攻められる恐

れもあります。


CapD20101015_7.png


第3図から、先手は、▲7二角成りと飛車・角交換をした後、▲8八銀と角成りを防ぐ

のが普通でしょう。(第4図)

先に▲8八銀は、△7三飛と逃げられて、後手有利となります。


△3五歩と伸ばしてきたら、▲3八金や▲4八銀と受ける手が必要です。(第5図)

この後、後手は、△8六歩や、△3三桂と跳ねて攻める手があります。




② △4四角


角の睨みで、先手の左翼を攻めるのが狙いです。


CapD20101015_8.png


先手は、①の時と同じく、▲7二角成りと飛車・角交換をした後、▲8八銀と角成り

を防ぎます。(第7図)


CapD20101015_9.png


後手は、△8六歩~△8七歩と嫌味をつけて、△7三桂と跳ねて攻める手などが指

されています。


先手は、▲7九金と受けておくのが形です。(第8図)

後手は、この後△4五角と攻める手があります。
スポンサーサイト
2010.10.15 / Top↑
TrackBackURL
→http://sutekisangen1.blog76.fc2.com/tb.php/33-f08c5115

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。