上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
3/11(火)には順位戦C級2組10回戦が行われました。三間飛車の対局は7局あり、
下の様な内容で、三間飛車の3勝4敗でした。

ノーマル三間飛車対急戦
西川和四段対吉田五段 三間飛車対斜め棒銀 吉田五段の勝ち

ノーマル三間飛車対居飛穴
村田顕五段対小倉七段 居飛穴対石田流組換え型 村田顕五段の勝ち
村田智六段対石川七段 居飛穴対向い飛車転換型 村田智六段の勝ち
矢倉六段対大石六段 相穴熊 大石六段の勝ち

石田流
神崎七段対八代四段 後手石田流 八代四段の勝ち
中田功七段対伊奈六段 左美濃対後手石田流 伊奈六段の勝ち
遠山五段対佐々木勇四段 石田流対左美濃 佐々木勇四段の勝ち

この中から、遠山五段対佐々木勇四段戦を紹介したいと思います。


遠山五段の3手目▲7五歩に対して、佐々木勇四段は△1四歩と突きました。流行の
石田流対策です。続く▲7八飛に△1五歩と端を伸ばしました。『菅井ノート 先手編』
には、この手で△8八角成りが推奨されていますが、△1五歩も多く指されています。

少し進んで第1図となりました。
後手は6四歩・6三銀型ではなく、△8四飛と浮いて7筋を受けています。

第1図以下の指し手
▲4五銀 △3二銀 ▲7四歩 △同 歩 ▲3四銀(第2図)

第1図から先手は穴熊にするのも有力だと思いますが、後手が端に手を掛けているの
で、▲4五銀~▲7四歩と積極的に動いていきました

CapD20140319.png

数手進んで第3図となりました。ここで後手は△3一玉と戻しました。なかなか指せな
い好手だと思います。

第3図以下の指し手
△3一玉 ▲5八金左 △2二角(第4図)

△3一玉は、角の睨みを避けるとともに、△2二角と引くスペースを作っています。

CapD20140319_1.png

第4図では、△7五歩があるので、▲2五銀と引くくらいですが・・・
以下、△2四歩 ▲3六銀 △7五歩と、後手が快調に手を進めていき、第5図となり
ました。

第5図から▲7五歩 △8三銀 ▲6五飛と勝負しましたが、角と飛車の成り合いは後
手が良さそうです。結局、龍は自陣に戻されて、第6図となりました。△6六歩は馬の
利きが止まってしまいますが、△8九馬が気持ちのいい手です。

このまま後手が押し切り、佐々木勇四段が自力でC級1組への昇級を決めました。

CapD20140319_2.png



誤字・脱字、明らかな間違い等ありましたら、お知らせください。
1つでも役に立つことがありましたら、クリックしていただければ幸いです。
にほんブログ村 その他趣味ブログ 将棋へ
にほんブログ村

スポンサーサイト
2014.03.19 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://sutekisangen1.blog76.fc2.com/tb.php/313-00fe2088

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。