上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
中田功-岡崎戦(2013.12.10)を、中田功-村中戦(2013.10.5)や他の対局と比較しな
がら、コーヤン流について考察してみたいと思います。

第1図、第2図はそれぞれ30手ほど進んだ局面です。居飛車は、どちらも4四歩型の
居飛穴に組んでいます。

CapD20131222.png

コーヤン流への有力な対策としては、勝又六段の『最新戦法の話』に、右銀の動き
を保留して、早めに引き角にする
指し方が解説されています。

しかし、中田功先生も改良を重ねており、参考1図(瀬川戦2012.11)や、参考2図
(佐々木勇戦2013.8)の進行は、三間飛車が悪くないと思います。直近、4四歩型
の居飛穴が続いたのは、そんな事情があるのでしょう。

CapD20131222_1.png

第1図・第2図からの、次の一手に、中田先生の工夫を感じます。2局とも、▲2七
と上がっています。

『コーヤン流三間飛車の極意 持久戦編』では、4四歩型に対して、高美濃から▲3
七桂と跳ねて4五の位を取りに行く指し方が解説されています。

それに対して、居飛車の有力な対策となっているのが、参考3図(中田功-川上戦 
2013.2)から△4二銀と引く手です。以下、▲2五桂 △2四角 ▲6五歩 △3一銀
(参考4図)と松尾流穴熊に組んで、後手十分です。この形の実戦例は何局かあり、
先手はそれでも端を狙いますが、上手くいっていない印象です。

CapD20131222_2.png

第1図・第2図からは、上のような進行を避けて、下図のようになりました。端歩の突
き合いを除けば同一局面です。

コーヤン流の特徴と言えば、玉の位置が3九です。その理由は、早めに攻撃態勢を
作れる、△7三角に転換された時に当たりを避けている、端攻めをした時に1七から
逆襲されるのを緩和しているなどがあげられます。

銀冠の場合は4九に金がいないので、不安な感じもします。銀冠+3九玉型は、昨年
度も見られましたが、今回は▲4七金と上がる手も保留して、左の金を5八のままに
しています。

CapD20131222_3.png

第3図からは△8四角、第4図からは△4二銀と進み、全く違う展開になりました。

中田功-岡崎戦では、地下鉄飛車にして端攻めをしました。7七角のラインではなく、
8六角からの睨みを利用して、鮮やかに寄せ切りました。

中田-村中戦は、こんな形で攻められたら悪そうなのですが、巧みに受け、反撃して
快勝しています。

CapD20131222_4.png

第7図と第8図が、この2局の投了図です。中田功-岡崎戦は、銀冠が残ったままで
す。中田功-村中戦は、ここから△4八金と絡んでも、後手玉には即詰みがあります。

居飛穴に対して、こんな風に勝てたら痛快でしょう。しかし、銀冠に組み、玉を3九で
待機して間合いを図るという指し方は、中田功先生だからこそできるのでしょう。素人
には、なかなか真似ができないと思います。

CapD20131222_5.png



中田功-村中戦(2013.10)の棋譜

佐々木-中田功戦(2012.8)の棋譜

中田功-瀬川戦(2012.11)の棋譜

中田功-川上戦(2013.2)の棋譜


参考文献及
『コーヤン流三間飛車の極意 持久戦編』 中田功著 毎日コミュニケーションズ
『最新戦法の話』 勝又清和著 浅川書房

誤字・脱字、明らかな間違い等ありましたら、お知らせください。
1つでも役に立つことがありましたら、クリックしていただければ幸いです。
にほんブログ村 その他趣味ブログ 将棋へ
にほんブログ村

スポンサーサイト
2013.12.22 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://sutekisangen1.blog76.fc2.com/tb.php/306-b8f79c13

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。