上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
△4四銀に▲5六角の検討

渡辺-久保戦(2013.11)では、28手目に△4四銀と出ました。これに対して、渡辺二冠
△5六角(第1図)と打ちました。前回も出ましたが、升石には難敵の角打ちです。

第1図以下の指し手
△3三飛 ▲6六歩(第2図)

▲1六歩が突いてなければ△1四飛と逃げられます。しかし、この場合は△3三飛しか
ありません。△5五銀に角の引き場所を作る▲6六歩も当然の手です。

CapD20131201.png

第2図以下の指し手
△5五銀 ▲6七角(第3図)

実戦は第2図から△5五銀と出ました。ここでは△5四歩も有力なので後述します。

第3図では、本譜の①△5四歩の他に、②△8四角や、③△4四歩、△6四銀も考え
られます。

第3図から②△8四角と③△4四歩の変化

△8四角は指してみたい手です。これには▲6五歩(変化1図)がぴったりの手で、後
手の指す手が難しいです。

CapD20131201_1.png

△6六銀は、▲同銀 △同角 ▲7七桂(変化2図)で、飛車と角の処置に困ります。
変化1図では、△7四歩も考えられますが、▲2四歩~▲7四飛と回る手が成立しそ
うです。

第3図で③△4四歩にも、▲6五歩がありそうですが、これには△5四角(変化A図)
と打っていい勝負ではないかと思います。▲5六歩なら△6五角があります。

CapD20131201_2.png

第3図以下の指し手
△5四歩 ▲2四歩 △同歩 ▲同飛 △2三歩 ▲5四飛(第4図)

実戦の進行に戻ります。△2三歩に無難に指すなら▲2八飛で、以下▲1七桂~▲2
五桂
を狙うのも有力でしょう。しかし、渡辺二冠は30分以上考えて▲5四飛と踏み込み
ました。

第4図以下の指し手
△6四銀 ▲3八金 △7二角(第5図)

△6四銀には▲6五歩が厳しそうですが、△2七角と打ち、▲4五歩または▲3六歩に
△4九角成り ▲同角 △6五銀 ▲5三飛成り △5四金(変化3図)で飛車を殺す手
があります。

CapD20131201_3.png

▲3八金が落ち着いた手で、△2七角を消しています。数手進んで第6図となりまし
た。後手の飛車は、3四に戻れました。しかし、一歩損が気になります。少し後手が
面白くないのではと思います。

CapD20131201_4.png

第2図から△5四歩の変化

戻って第2図では、先に△5四歩(変化4図)と突いておくのも有力です。以下、▲2
四歩 △同歩 ▲同飛 △2三歩 ▲2八飛に、①△5三銀と②△5五銀が考えられ
ます。

①△5三銀は、以下▲5八金右に△4四歩(変化5図)と突き、△4四飛や△6四銀
(6二銀)~△5三飛として、飛車を活用するのが狙いです。②△5五銀は▲6七角
で、本譜と似た形になります。

CapD20131201_5.png



参考サイト
・名人戦棋譜速報

誤字・脱字、明らかな間違い等ありましたら、お知らせください。
1つでも役に立つことがありましたら、クリックしていただければ幸いです。
にほんブログ村 その他趣味ブログ 将棋へ
にほんブログ村







スポンサーサイト
2013.12.01 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://sutekisangen1.blog76.fc2.com/tb.php/304-cb78b394

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。