上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
前回紹介した都成-渡辺愛戦で、気になる手があるので検討してみたいと思います。
(棋譜は前回のブログを参照してください。)

第1図は、△4四銀と出た局面です。『相振りレボリューション』では、参考図のよう
に先に高美濃にしてから4四銀型にしています。これは、△6三金と上がることによ
り、▲5四歩からの歩交換を防ぐ為です。

将棋倶楽部24高段者の将棋を見ても、早く銀を出るのを多く見かけるようになりまし
た。まず第1図で、▲5四歩と突かれた時の対応を考えてみます。

CapD20131109.png

①第1図から▲5四歩の変化

第1図以下の指し手
▲5四歩 △同歩 ▲同飛(変化1図)

変化1図で、△5三歩と打つのは先手にだけ歩を持ち駒にされて面白くありません。
△5五歩から飛車を生け捕りにしようとするのは、▲同角で困ります。なので、△3六
歩・△1三角・△3三桂などが候補手です。どの手も有力だと思いますが、激しくなり
そうなのは、△3六歩です。

変化1図以下の指し手
△3六歩 ▲5六飛 △5五歩 ▲3六飛 △3五銀(変化2図)

△3六歩に▲5九飛と引くのは、△1三角で後手ペースでしょう。▲5六飛には、△5
五歩と押さえて、▲3六飛に△3五銀で先手困ったかに見えますが、以下▲5六飛
の鬼手があります。しかし、△5四飛と回り、▲5九飛(▲5八飛)で互角の形勢だと
思います。

CapD20131109_1.png


②34手目△3五飛の変化

第1図から実戦では▲4六歩と指しました。歩越し銀には歩で対抗の格言通りに、△4
五銀の捌きを防いでおり、後手にとってはやっかいな手です。

△3六歩から飛車先の歩を交換するのは当然の手で、33手目▲4七銀に△3四飛と引
きましたが、この手では△3五飛(変化3図)が面白いと思います。

以下、▲3六歩は△2五飛で後手を引くので、▲5八飛でしょうか。続いて△5五銀 
▲3六歩 △2五飛 ▲3八金に△5四歩(変化4図)が進行の一例です。歩切れの
先手が少しつらいでしょう。

また、変化3図では、▲4五歩も有力で、△同飛 ▲3八金 △2五飛で互角だと思い
ます。

CapD20131109_2.png


③36手目△4五同銀の変化

実戦では、35手目▲4五歩に△3三銀と引きました。ここで△同銀(変化5図)と取る
手も目に映ります。

しかし、▲2六飛と逃げられて、後手の指す手が難しいです。△2四飛で飛車交換を迫
るのは、飛車を打ち込まれやすそうな後手が自信なく、△3三飛は▲5四歩があります。
△2四歩は、▲4六歩(変化6図)で銀が死んでしまいます。なので、▲4五歩には△
3三銀と引くしかないようです。

CapD20131109_3.png


誤字・脱字、明らかな間違い等ありましたら、お知らせください。
1つでも役に立つことがありましたら、クリックしていただければ幸いです。
にほんブログ村 その他趣味ブログ 将棋へ
にほんブログ村




スポンサーサイト
2013.11.09 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://sutekisangen1.blog76.fc2.com/tb.php/301-9c2c1526

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。