上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
10月15日(火)に行われた順位戦C級2組5回戦では、三間飛車が9局も指されまし
た。三間飛車を得意とする棋士が多いC級2組ですが、これだけ指されるのも珍しい
ことです。ノーマル三間飛車が5局、石田流が4局で、戦形を詳しく見てみると、下の
通りでした。

・ノーマル三間飛車対居飛穴
中田功七段対村中六段 銀冠対居飛穴 勝ち
増田六段対矢倉六段 居飛穴対玉頭銀~向い飛車転換 勝ち
小倉七段対村田六段 玉頭銀対居飛穴模様 勝ち
西川和四段対高見四段 穴熊・袖飛車転換対銀冠穴熊 千日手
石川七段対吉田五段 石田流組換え対居飛穴 負け

・石田流
中村亮五段対内藤九段 石田流対二枚銀・棒金 勝ち
伊藤真四段対勝又六段 石田流対右四間・左美濃(4手目△1四歩)負け
竹内四段対千田四段 石田流対右四間(4手目△1四歩) 負け
阿部光四段対及川五段 位取り高美濃対後手石田流・穴熊 負け
※勝敗は三間飛車側から見たものです。

目立った流行形とかはありませんが、中田功七段、矢倉六段、小倉七段、西川和四段
などが、居飛穴相手に、得意の戦法で奮闘されています。その中から、小倉七段対村
田六段戦を紹介します。


第1図は、小倉七段が2八玉・3九銀型で、▲5六銀と出たところです。類似の形は、小
倉先生の著書にも載っています。しかし、直前に▲9六歩と突いています。▲3八銀と
締める手の方が価値は高いと思いますが、これは、高等戦術で相手の指す手を見たの
でしょう。△5五歩に▲4五銀と出て、小倉流玉頭銀の形になりました。

後手は▲4五銀に△8四飛とは受けないで、△2四角~△3三桂に▲3四銀と出させて
から△8四飛(第2図)と指しました。これで銀は死んでいます。しかし、銀と桂・歩の交
換になり、後手の形は悪いので、不満ないと思います。

CapD20131017_1.png

少し進んで、第3図となりました。△6七銀に飛車を逃げないで▲2五桂が強い手です。
△4二銀 ▲3三桂成り △同角に▲8八飛と逃げましたが、桂と金の交換が入ったの
は大きいです。

第4図では、既に先手が指しやすいと思います。ここで▲4六銀が落ち着いた手です。
以下、後手が必死に攻めますが、しっかりと受けて小倉七段が快勝しました。

CapD20131017_1.png



誤字・脱字、明らかな間違い等ありましたら、お知らせください。
1つでも役に立つことがありましたら、クリックしていただければ幸いです。
にほんブログ村 その他趣味ブログ 将棋へ
にほんブログ村

スポンサーサイト
2013.10.17 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://sutekisangen1.blog76.fc2.com/tb.php/299-3db641e6

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。