上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
7七飛戦法が、村田五段の『アマの知らない マル秘定跡』や、将棋世界 10月号付録
『初手の革命”7八飛”戦法』(門倉四段著)で、取り上げられています。また、勝又
五段や遠山五段が、ニコニコ生放送で紹介するなど、多くの方に知られるようになり
ました。

▲7七飛に、△3四歩からすぐに角交換は大歓迎、持久戦になった場合には、2手目
△8四歩に対して石田流に組めて満足です。しかし、後手の対策として挙げた第1図
△3二金が課題となっています。

初手から
▲7八飛 △8四歩 ▲7六歩 △8五歩 ▲7七飛 △3四歩
▲7八金  △3二金(第1図)

実戦で、第1図以下▲7五歩 △7七角成り ▲同角の進行を何回か経験しています
が、先手が勝ちにくいと感じています。そこで、△7七角成りに、▲同桂と取る手を考え
ています。次に後手は、△2二銀が予想されるので、これをテーマ図として検討したい
と思います。


CapD20130907.png

テーマ図から先手は、ゆっくりとした将棋にはできないので攻める手を考えてみます。
①▲7四歩と②▲6五桂が有力だと思います。

①テーマ図から▲7四歩(第2図)

CapD20130907_1.png

▲7四歩には、(1)△同歩と(2)△6二銀が考えられます。

第2図以下の指し手(1)
△同歩 ▲6五桂 △4二玉 ▲5五角打 △3三銀 ▲8二角成
△同銀 ▲5五角(第3図)

△同歩には▲6五桂と跳ねて、▲5五角打が気持ちの良い手です。以下、△3三銀と守
るしかありませんが、飛車角交換し、▲5五角と飛び出て先手ペースでしょう。

CapD20130907_2.png

第2図以下の指し手(2)
△6二銀 ▲6五桂 △3三銀 ▲4六角(第4図)

△6二銀にも▲6五桂と跳ねます。▲5五角打があるので△3三銀と守りますが、今度
は▲4六角と打ちます。

第4図以下の指し手
△7二金 ▲7三歩成 △同桂 ▲同桂成 △同銀 ▲7四歩 
△6四銀 ▲5六桂(第5図)

△7二金に▲7三歩成から攻め込めば、△6四銀までは一本道でしょう。そこで▲5六
桂が好手で、先手が指しやすいと思います。

CapD20130907_3.png

②テーマ図から▲6五桂(第6図)

CapD20130907_4.png


テーマ図から、先に▲6五桂も有力です。△6二銀には、▲7四歩(第7図)と攻めま
す。△同歩とは取れないので、(1)△7二金か(2)△3三銀と守る手でしょう。

CapD20130907_5.png

第7図以下の指し手
(1)△7二金 ▲5五角打 △3三銀 ▲7三歩成 △同桂 ▲同桂成 
△同銀 ▲4五桂(第8図)

△7二金には▲5五角打と打ち、△3三銀と守らせてから、▲7三歩成と攻めます。
△同銀に継続の手が難しいですが、▲4五桂で右側を攻めるのが面白いです。

以下、△4二玉には▲3三桂成 △同桂 ▲7四歩 △6四銀 ▲7三銀(第9図)、△
4一桂には▲3三桂成 △同桂左 ▲7四歩 △6四銀 ▲7三銀、△4四桂には▲7
四歩 △6四銀 ▲3三桂成 △同桂 ▲7三銀で攻めが続きます。

CapD20130907_6.png

(2)△3三銀
△3三銀と守る手には▲4六角と打って、①▲7四歩~(2)△6二銀の変化(第4図)
と合流します。


第1図からテーマ図の進行も、なかなか有力だと思います。

実は、途中で後手にもっと良い受け方があり、その手を指されたら難しいのですが、
そのあたりはシークレットとさせてください。



誤字・脱字、明らかな間違い等ありましたら、お知らせください。

1つでも役に立つことがありましたら、クリックしていただければ幸いです。
にほんブログ村 その他趣味ブログ 将棋へ
にほんブログ村



スポンサーサイト
2013.09.07 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://sutekisangen1.blog76.fc2.com/tb.php/296-e351260e

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。