上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
前回テーマ図から②△3三角

△3三角は、飛車取りを防ぐとともに、▲9一角成には△9九角成で香を取り返そうと
いう手です。先手は、(1)▲9一角成と、(2)▲同角成が考えられます。

CapD20130811.png

(1)△3三角に▲9一角成

第1図以下の指し手
▲9一角成 △9九角成 ▲8一馬 △7二銀(第2図)

角を成りあって、▲8一馬には△7二銀と指します。この手で△8九馬は、▲7八銀 
△8八馬 ▲6三馬(変化図)で後手が損します。

CapD20130811_1.png

第2図以下の指し手
▲8二馬 △8九馬 ▲7八銀 △8八馬(第3図)

△8九馬には▲7八銀と指して、左半分は同じ形になりました。先手は、次に▲4六馬
と引く手も考えられますが、▲7三香と攻める手と、▲9三馬と歩を取る手を検討しま
す。

CapD20130811_2.png


第3図から▲7三香
▲7三香 △7七香 ▲7二香成 △同金 ▲9三馬 △2七香(第4図)

▲7三香と銀を取りに行く手には、△7七香と打ち合う手が好手です。▲2六歩と突い
てある形の欠点を突いて△2七香が厳しい一手で、後手有利となります。

第3図から▲9三馬
▲9三馬 △5五馬(第5図)

▲7三香と打つのは悪いので、▲9三馬と歩を取るのが自然です。以下、同じように△
9七馬と歩を取り合う手や、△5五馬(第5図)や△4四馬と引く手などが有力だと思い
ます。

第5図からは、実戦で▲5八飛と指されて、中央を狙われて困ったことがあり、△9七
馬の方が無難なのかもしれません。

CapD20130811_3.png

(2)△3三角に▲同角成

第1図以下の指し手
▲同角成 △同桂 ▲5五角 △4四角(第6図)

先手は、△同桂に再度▲5五角と打ちます。後手も、また△4四角と合わせます。

第6図以下の指し手
▲同角 △同歩 ▲4三角 △4五桂(第7図)

角交換して▲4三角と打ち込む手には、△4五桂が気持ちの良い手です。第7図は、
△5七桂成りと△5五角を受ける手が難しく、後手が指せます。

この手順は、『将棋・序盤のStrategy』さんのサイトに既出ですが、『若手精鋭が現代
将棋を斬る』と村田五段の『アマの知らない マル秘定跡』にも解説されていました。

CapD20130811_4.png

それなら、テーマ図から②△3三角で後手が指せるかというとそうでもないのです。
私の実戦から、後手の失敗例です。

第6図以下の指し手
▲9一角成 △9九角成 ▲8一馬 △7二銀 ▲8二馬 
△8九馬 ▲5五馬(第8図)

△3三桂と跳ねさせた第6図から▲9一角成が意表をついた手です。
この場合も△7二銀で△8九馬は、▲7八銀 △8八馬 ▲6三馬で後手悪くなります。

第5図のように進めば、△3三桂と跳ねた分だけ後手が良いと思っていました。しか
し、3三の桂を狙っての▲5五馬が好手でした。

第8図以下の指し手
△4二銀 ▲7八銀 △9八馬 ▲4六桂(第9図)

普通に△4二銀と受けましたが、▲7八銀 △9八馬に▲4六桂と打たれました。第9
図は、飛車・銀取りの受け方が難しく、後手が苦しいです。

この将棋は、村田五段の本が発売される前に指したのですが、第8図は『アマの知ら
ない マル秘定跡』に解説されていました。相手の方は、かなり研究されていたのだと
思いました。

戻って第8図では、△6七馬と指して、▲3三馬に△4二金と受ける手があるようです。
これは研究課題としておきます。

CapD20130811_5.png

参考文献 『アマの知らない マル秘定跡』 村田 顕弘著 マイナビ


誤字・脱字、明らかな間違い等ありましたら、お知らせください。

1つでも役に立つことがありましたら、クリックしていただければ幸いです。
にほんブログ村 その他趣味ブログ 将棋へ
にほんブログ村

スポンサーサイト
2013.08.11 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://sutekisangen1.blog76.fc2.com/tb.php/294-9a715c06

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。