上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
第1図以下の指し手
▲6五歩 △同歩 ▲同桂(テーマ図)

CapD20130720.png

テーマ図から、③△9九角成り

△9九角成りは有力です。以下▲7四歩 △同銀に、▲5三桂成りまたは▲5三角成り
は、△7五香の痛打があります。なので、▲7三桂成りと攻めます。

ここで、(1) △8四飛(第2図)と浮いたのが戸辺-堀口戦(2012.10)です。しかし、この
手は疑問だと思います。

第2図以下の指し手
▲7四歩 △8六歩 ▲同飛 △同飛 ▲同角 △5四銀 ▲8二飛(第3図)

飛車先が重いですが、△9八馬に▲7五角を用意した▲7四歩が好手です。後手の△
8六歩は仕方のない手で、飛車交換から▲8二飛と先着して先手ペースでしょう。実戦
も、59手で先手が快勝しています。

CapD20130720_1.png

▲7三桂成りには、(2)△同桂と取るのが正解で、続いて▲7四歩(第4図)と指した局
面が分岐点となります。

CapD20130720_2.png

第4図では、 (a)△7二歩 (b)△同銀 (c)△9八馬 (d)△6四桂 (e)△7五歩
などが考えられます。

(a)△7二歩は疑問手で、▲7三歩成り △同歩 ▲同飛成り(第5図)に△7二飛とぶ
つけるのは、▲同龍 △同銀 ▲7九飛で先手優勢です。

(b)△同銀は勝負手ですが、▲同飛 △6三金 ▲7九飛 △9八馬(第6図)に、▲6
四角 △7四歩 ▲5五角または、▲5三角成り △同金 ▲7三飛成りで先手が指せ
るでしょう。

CapD20130720_3.png

(c)△9八馬(第7図)は有力です。以下、▲7三歩成り △9七馬 ▲6三と △同金 
▲7一飛成り △6四馬 ▲5五桂(第8図)で難解でしょう。

CapD20130720_4.png

(d)△6四桂(第9図)も難しい手です。(1)▲7三歩成り △7六桂 ▲8二との進行は
先手自信ないかもしれません。(2)▲7九飛と引き、△9八馬 ▲6四角 △同銀 ▲7
三歩成り(第10図)と進めば、先手やや良しだと思います。

CapD20130720_5.png

(e)△7五歩(第11図)は手筋で、『石田流の基本 本組みと7七角型』に本筋として解説
されている手です。

CapD20130720_6.png

永瀬-北浜戦(2012.7)の進行

第11図以下の指し手
▲7九飛 △9八馬 ▲7五角 △8八馬 ▲7三歩成 △7九馬 ▲8二と △8八馬 
▲9一と △7九飛 ▲9三角成(第12図)

△7五歩を▲同角なら△6四銀、▲同飛なら△9八馬 ▲7三歩成り △9七馬で先手
がまずいです。なので▲7九飛と引きましたが、大駒の取り合いになりました。

実は、51手目▲9一とまでは戸部先生の本に解説されており、ほぼ互角と書かれてい
ます。以下、△7九飛 ▲9三角成りと進んだ第12図は、飛車を先着されているものの、
後手は歩切れなので先手が少し良さそうです。

参考文献
『石田流の基本 本組みと7七角型』 戸辺六段著 浅川書房



誤字・脱字、明らかな間違い等ありましたら、お知らせください。

1つでも役に立つことがありましたら、クリックしていただければ幸いです。
にほんブログ村 その他趣味ブログ 将棋へ
にほんブログ村

スポンサーサイト
2013.07.20 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://sutekisangen1.blog76.fc2.com/tb.php/290-93cfc779

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。