上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
▲5六歩~▲5五歩と攻める形

前回は、△8二角転換型に対して▲5六銀~▲4五歩と反撃する指し方を解説しました
が、私の対局から、別の対策を紹介します。

第1図以下の指し手
▲5六歩 △8二角 ▲6五歩 △4四歩 ▲5五歩(第2図)

この戦形では、△8二角と引かれたら、▲2八玉と入らないことが大事なポイントです。

相手は、美濃囲いにしたのを見て角の転換をしてくるわけですが、玉は3九あるいは4
八の位置で戦うのが良いでしょう。この将棋は4八玉のままで積極的に動いてみました。

今回は△5五角に、▲5六歩と突きました。▲6五歩に△4四歩と受けさせてから、
5五歩
が継続の手です。相手は△7三歩と打ってこないので、飛車の横利きで後手陣
の弱点を攻める
のが狙いです。

CapD20130526.png

第2図以下の指し手
△同角 ▲同角 △同歩 ▲5四歩(第3図)

▲5五歩を△同歩と取るのは、▲5四歩 △4二銀に▲6四歩(変化図)または▲5七銀
で、▲5五角を狙って先手が面白いと思います。

本譜は▲同角と取り、△同歩にやはり▲5四歩と急所を押さえました。

CapD20130526_1.png

第3図以下の指し手
△4二銀 ▲7六飛 △7一玉 ▲6六角 △8二角(第4図)

△4二銀と引かれてすぐに攻めはないので、陣形を立て直しました。△7一玉には▲3
九玉の方が自然ですが、▲6六角と打ちました。ここで△2八角は、▲5五角で先手有
利でしょう。△8二角と受けるのは、仕方ないところです。

第4図以下の指し手
▲5七銀 △3六歩 ▲同歩 △同飛 ▲3七歩 △3五飛 
▲4六銀 △2五飛 ▲3九玉 △5二金左(第5図)

▲5七銀~▲4六銀と銀を活用して、中央の歩を取りに行きました。後手は飛車を使っ
て受けますが、第5図は先手が指しやすいと思いました。以下、飛車を取りにいって
勝つことができました。

CapD20130526_2.png



1つでも役に立つことがありましたら、クリックしていただければ幸いです。
にほんブログ村 その他趣味ブログ 将棋へ
にほんブログ村




スポンサーサイト
2013.05.26 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://sutekisangen1.blog76.fc2.com/tb.php/282-3283feca

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。