上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
人類vs ponanzaの対局ですが、ニコ生での山本氏&豪華すぎるゲスト陣による解説が
とても勉強になります。三間飛車が多いのもうれしいです。


第1図は、ノーマル三間飛車対居飛穴の戦形で、先手が▲4五銀と玉頭銀に出たところ
です。

第1図以下の指し手
△8四飛 ▲1七桂(第2図)

玉頭銀に△8四飛は手筋の受けです。先手は▲1七桂と援軍を送りました。

5筋不突き型の居飛穴に対して、玉頭銀と▲1七桂を絡めて端攻めをする指し方は、2
4高段者の対局でも時々見られ、水面下では研究されている形だと思います。

CapD20130512.png

第2図以下の指し手
△2四歩 ▲2六歩 △5一金右 ▲2五歩(第3図)

第2図で△1五角と出てきたら、▲2五桂~▲6五歩を狙います。△2四歩は自然な受
けです。桂馬を活用する為に、▲2六歩~▲2五歩は当然でしょう。△5一金右のとこ
ろでは、△3二金または△3五歩も有力です。

第3図以下の指し手
△3二金 ▲6八飛 △4二金上 ▲2四歩 △同角 ▲2五桂 
△2三金 ▲6五歩(第4図)

ここで▲6八飛と指すのが大切な手です。角をどかして、待望の▲6五歩が入りました。
第4図は、角の睨みが厳しく、先手が面白いと思います。

CapD20130512_1.png

少し進んで第5図となりました。先手の駒が急所に利いていて、この攻めを受け切る
のは大変な感じです。以下、△同香 ▲同桂成 △同桂 ▲2五香と進みましたが、
先手大成功でしょう。

この対局の終局図が第6図です。この局面でponanzaにトラブルが発生して、先手が
時間切れ勝ちとなりました。しかし、第6図は山本氏も認めていたように先手がかな
り優勢で、△2八歩成りには▲6五歩が激痛です。

CapD20130512_2.png




この指し方のポイントとしては、

・5筋不突きの居飛穴に対して有効。5四歩型に▲5六銀は△5五歩がありますが、
 その場合は小倉流玉頭銀で。(将棋世界今月号、広瀬七段の講座と似た形です。)

・▲1一玉と入ったのを確認してから、玉頭銀に出る。

・玉は4八の位置が良い。囲いは▲3八銀あるいは▲5八金左で済ます。

・居飛穴が未完成のうちに仕掛ける。

・▲1七桂に△1五角は▲2五桂~▲6五歩、△2四歩には▲2六歩~▲2五歩。

・2次攻撃として、▲6八飛~▲6五歩の形を作る。


などがあげられます。銀や桂が出て行くタイミングや玉の囲い方は工夫する余地があ
ると思います。

手持ちのデータベースを調べてみると、三間飛車対居飛穴では、類似形は見つかりま
せんでした。四間飛車からでは、藤井-米長戦(2002.9)や長沢アマ-清水上アマ戦
(2006.5)などがありました。

藤井システムのようにプロが本格的に研究すれば、この指し方は無理筋になるかもし
れません。しかし、アマの対局では有力な指し方だと思います。棋譜館に参考棋譜が
ありますので、興味を持たれた方はご覧ください。

CapD20130512_3.png

1つでも役に立つことがありましたら、クリックしていただければ幸いです。
にほんブログ村 その他趣味ブログ 将棋へ
にほんブログ村

スポンサーサイト
2013.05.12 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://sutekisangen1.blog76.fc2.com/tb.php/280-9e2794c8

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。