上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
将棋倶楽部24にponanzaが参戦して、連夜すごい盛り上がりを見せています。気にな
った対局をいくつか紹介してみたいと思います。


第1図は八段の方との対局からです。升田式石田流に対して△8六歩と突いたところ
で、石田流の定跡書には必ず載っている局面です。

第1図以下の指し手
▲同歩 △同飛 ▲2二角成 △同銀 ▲8八飛 △8七歩 ▲9八飛(第2図)

第2図までは、ほぼ必然(△8六飛に▲2二角成り △同玉 ▲8八銀と指して収める指
し方もあるようです。)で、ここで後手の指し手が分かれます。

CapD20130511.png

第2図で△8八角と打つのは▲7八金(第3図)と指して、①△7九角成りには▲同金
 △8八銀 ▲5五角、②△3三角成りなら▲7七角で、先手十分というのが定説です。

『石田流の基本【早石田と角交換型】』には、②の変化が掘り下げられています。ま
た、『久保の石田流』では、△8八角は無理で△3三銀が順当だが先手ペース、『よ
くわかる石田流』
では、△8四飛と引く手が解説されていますが、やはり先手戦える
としています。

しかし、第2図では△8二飛、△5四歩、△3五歩なども考えられ、研究が必要な局面
だと思います。

ponanzaが指したのは△2四角(第4図)でした。

私はこの手を実戦で指されたことはありませんが、 『Kengoの将棋 実戦・研究ノート』
というブログ(3・4・3戦法での△2四角)に書かれており、有力だと感じていました。

CapD20130511_1.png

第4図以下の指し手
▲4八金 △5四歩 ▲7八金 △5二金右 ▲8八歩(第5図)

第4図では、角成りを受ける手が必要です。k八段は▲4八金と指しました。囲いが崩
れるので指しづらい手です。次に▲7八金~▲8八歩と指して形をほぐしにいきました。

第5図以下の指し手
△8二飛 ▲8七歩 △1四歩 ▲6八銀 △4二角(第6図)

▲8八歩を△同歩成りは、▲8八飛から飛車交換になり、後手が自信ないでしょう。

▲8七歩で先手が一歩得になりました。しかし、△4二角で歩を取り戻されます。第6
図は互角でこれからの将棋でしょうが、角を手持ちにしている先手を指してみたい気
がします。実戦は79手でponanzaが勝利しています。

CapD20130511_2.png



D八段とponanzaとの対局でも第4図となりました。

第4図以下の指し手
▲6八角 △8四飛 ▲8六歩 △7四歩(第7図)

D八段は▲6八角と指しました。角を手放しますが、自然な受けだと思います。△8四
飛に▲8六歩と蓋をして、歩を取りにいきました。しかし、△7四歩から7五の歩を狙
われました。

第7図以下の指し手
▲同歩 △同飛 ▲7八銀 △7三桂 ▲6六歩 △3三角 
▲6七銀 △6四歩 ▲7八飛(第8図)

後手は、歩を交換して7四飛・7三桂と好形にしました。△3三角~△6四歩から△6
五歩を狙われて忙しくなった先手は、▲7八飛とぶつけました。

以下、△同飛成り ▲同金 △8八歩成り ▲同金 △6五歩となりました。この進行
は先手が悪いようで、ponanzaが52手で快勝しています。

CapD20130511_4.png



第4図では、▲4八金・▲6八角の他に▲6八金や▲7七角なども有力だと思います。△
2四角で先手が困ってはいないと考えますが、どう応じるのが最善なのかは判断が難
しく、研究課題です。


参考文献
『石田流の基本【早石田と角交換型】』 戸辺誠著 浅川書房
『久保の石田流』 久保利明著 日本将棋連盟
『よくわかる石田流』 高崎一生著 マイナビ

1つでも役に立つことがありましたら、クリックしていただければ幸いです。
にほんブログ村 その他趣味ブログ 将棋へ
にほんブログ村

スポンサーサイト
2013.05.11 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://sutekisangen1.blog76.fc2.com/tb.php/279-87148a44

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。