上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
私の実戦から、早石田9手目▲4八玉の将棋です。

初手からの指し手
▲7六歩 △8四歩 ▲7八飛 △3四歩 ▲7五歩 △8五歩 ▲7四歩
△同歩 ▲4八玉 △8八角成 ▲同銀 △4五角 ▲7四飛(第1図)

角交換から△4五角に、第1図の▲7四飛が試してみたかった手です。従来指されてい
たのは先に▲5五角でしたが、前回解説したように先手が苦しい展開になります。

『菅井ノート 先手編』によると、▲7四飛が正着なのだそうです。

第1図以下の指し手
△6七角成 ▲5五角 △7三歩 ▲6二歩(第2図)

△6七角成で△7三歩は▲7五飛 △6七角成 ▲6五飛で振り飛車十分となります。
△7三歩に▲6二歩が知らないと指せない手でしょう。

CapD20130412.png

第2図以下の指し手
△7四歩 ▲6一歩成 △同玉 ▲1一角成 △8九馬 ▲7八金打(第3図)

▲6二歩に△同銀や△同金は、▲7九飛と引いておけば▲1一角成りが受かりませ
ん。△同飛は▲8四飛で後手が困ります。△7四歩と飛車を取るのが正しく、以下△8
九馬までは一本道です。駒の損得は、飛車と金・香の交換ですが、桂を取り返され
て先手が2歩損しています。

ここまでの攻防については、『菅井ノート 先手編』に詳しく解説されており、次に
▲7八金打 △3二銀 ▲5五馬で互角の勝負と書かれています。

第3図以下の指し手
△4二銀 ▲7九金寄 △7八馬 ▲同金 △8六歩 ▲4六角(第4図)

後手は△4二銀と指してきました。次の手が難しく、▲2一馬では馬の働きが悪そう
です。

▲5五馬は△7五飛が気になります。私は▲7九金寄と馬を取りに行き、△8六歩に
▲4六角と打ちました。

CapD20130412_1.png

第4図以下の指し手
△6四歩 ▲同角 △6二飛 ▲6八香 △6九飛 ▲6三歩
 △同飛 ▲9一角成(第5図)

後手は、△6四歩~6二飛と手筋で受けました。▲6八香に△6九飛と打ち込まれて
忙しくなりました。▲6三歩は余分だったかもしれません。

第5図以下の指し手
△6八飛行成 ▲同金 △同飛成 ▲5八飛 △6九龍 ▲5九金 △8九龍
▲8一馬 △7二銀 ▲6九香 △6三歩(第6図)

▲9一角成には飛車を切ってきました。先手を取りたいので、△同飛成には▲5八飛
と受けました。後手の形が悪く、▲6九香と打った局面はこちらが良いと思いました。

実戦では第6図から▲同香成りと指して、難しくしてしまいました。ここは▲7二馬
 △同玉に、▲5五馬と指すべきでした。

CapD20130412_2.png



参考文献 『菅井ノート 先手編』 菅井竜也著 マイナビ


1つでも役に立つことがありましたら、クリックしていただければ幸いです。
にほんブログ村 その他趣味ブログ 将棋へ
にほんブログ村

スポンサーサイト
2013.04.12 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://sutekisangen1.blog76.fc2.com/tb.php/275-bc60d6b2

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。