上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
◇7八飛・5六銀型からの▲6五歩

甲斐-植山戦(2012.9.3)と、伊藤-永瀬戦(2012.10.28)では、7八飛・5六銀型から▲6
五歩
と仕掛ける手が見られました。7八飛型だから成立する手なのですが、△8五歩
を伸ばしてこない後手に対し、石田流に組んで戦うのは大変だと考えたからでしょう。

甲斐-植山戦は後手の勝ち、伊藤-永瀬戦は千日手となりました。後手の囲いがし
っかりしている場合には、この仕掛けは難しいように思います。

CapD20121201.png


◇△2三銀の瞬間に▲6五歩を狙う

将棋倶楽部24高段者の対局では、△2三銀と浮き駒ができた瞬間に▲6五歩と仕掛け
た将棋がありました。これは、なかなか有力だと思いますので、テーマ図として検討し
たいと思います。

△同歩と取ってくれれば、▲3三角成り~▲6五銀(第3図)と攻めます。

CapD20121201_1.png

第3図以下の指し手
△6二飛 ▲7四歩 △同銀 ▲同銀 △同歩 ▲同飛(第4図)

△6二飛は最強の受けで、反撃を含みにしています。第4図となり、ここから飛車の成
り合いは先手が良さそうです。甲斐-植山戦のように後手陣が6一金・8三歩型なら、
この攻めは無理筋です。

△7三銀と守る手には、▲7八飛と引いて、△6九飛成りには飛車をぶつける手がある
ので、これも先手が十分だと考えます。


テーマ図からは、△8八角成りと先手の飛車筋を動かし、△3三角(第5図)と打つ手
が最善のようです。

CapD20121201_2.png

第5図以下の指し手
▲7七角 △同角成り ▲同桂 △3三角(第6図)

第5図で積極的に指すなら▲6八飛も考えられます。また、▲7七角に△6五歩も有力
です。これらについては、動く棋譜に載せています。後手は、△同角成りに▲同桂と取
らせて、再度△3三角と打ちます。


◇第6図からどう指すのかが課題

第6図が課題の局面で、ここでどう指すかが難しいです。候補手は、①▲6八金、②▲
5五角、③▲6四歩、④▲6七金、⑤▲7八飛
などです。


第6図以下の指し手① 形勢互角か

▲6八金 △3二金 ▲8九飛(第7図)

▲6八金に、後手は△3二金と締めたいところです。▲8九飛と引いてこれからの将棋
でしょう。

CapD20121201_3.png

第6図以下の指し手② 先手やや苦しいか

▲5五角 △同角 ▲同銀 △6五歩 ▲同桂 △3三角(第8図)

▲5五角は、形は少し違いますが(4七歩型)、伊藤-永瀬戦(2012.10)で指された手
です。△6五歩に▲6八飛は、△5四歩で先手困ります。第8図からは▲6四歩くらい
ですが、先手が苦しそうです。


第6図以下の指し手③ 形勢互角か

▲6四歩 △同銀 ▲6八飛 (第9図)

▲6四歩は強気な手です。△同銀に▲6八飛と回ります。次に、△6三歩または△6
六歩なら形勢互角でしょう。△6二飛なら▲6六角と合わせて、若干先手が指しやす
いと思います。


④▲6七金、⑤▲7八飛については動く棋譜をご覧ください。テーマ図の仕掛けは、第
6図のように進むと角の睨みがきつく、一旦は守らなければなりません。離れ駒があ
っても簡単にはいかないようです。

CapD20121201_4.png




1つでも役に立つことがありましたら、クリックしていただければ幸いです。
にほんブログ村 その他趣味ブログ 将棋へ
にほんブログ村

スポンサーサイト
2012.12.01 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://sutekisangen1.blog76.fc2.com/tb.php/257-c0264bd9

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。