上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
◇▲7四歩 △同歩 ▲同飛の瞬間に△6五歩

今回は、第1図から▲7八飛に△6五歩の仕掛けを見送り、△1一玉(△3二金) 
▲7四歩 △同歩 ▲同飛の瞬間に△6五歩(第2図)と仕掛ける手を検討します。


CapD20121118.png


第2図からは、▲7六飛(第3図)と引くのが定跡です。

第3図では、1.△6六歩と攻める手と、2.△2二銀や△3二金として固める手
分かれます。

1.第3図から△6六歩

第3図以下の指し手
△6六歩 ▲同角 △同角 ▲同飛 △同飛 ▲同銀 △6九飛(第5図)

△6六歩を▲6六銀と取るのは悪手です。角に紐がついていないので、△6五銀
(第4図)と出られて困ります。


CapD20121118_1.png


なので△6六歩は、▲同角と取ります。△同角には強く▲同飛と取って飛車交換を迫
ります。△6九飛と打った局面は、いい勝負だと思います。

第5図からは、▲8二飛 △7一金 ▲8三飛成りが一例です。次に△6六飛成りとは
取れなく、穴熊も未完成なので、後手が少し面白くないかもしれません。

▲同角に△5五銀(第6図)と出るのは、▲7五角、▲8八角、▲7七角いずれも互角
だと思います。


CapD20121118_2.png


2.第3図から△2二銀(△3二金)

第3図以下の指し手
△2二銀 ▲7七角 △3一金(第7図)

第3図から△6六歩と攻めるのはうまくいかないようなので、△2二銀(△3二金)と固
める手を考えてみます。△2二銀と△3二金はどちらが勝るかは微妙で、△2二銀の
場合は角交換になった時に、角のラインで王手をかけられる手を消しています。また、
△3二金は、次に△2二銀と指した時に浮いてしまうので、△2二銀の方が良いかもし
れません。

◇7六飛・7七角型で備える

△2二銀には▲7七角と上がり角に紐をつけ、△6六歩に備えます。後手はここでも攻
める手がありますが、やはり穴熊が未完成では強い戦いができません。さらに△3一
金(△3二金)と固めてから△6六歩と攻める手を検討します。

△3一金には、(1)▲8六飛と揺さぶる手や、(2)▲1六歩や▲5六歩などとして待つ手
が有力です。

(1)▲8六飛

▲8六飛には、①△7二金②△6六歩が考えられます。

第7図以下の指し手①
▲8六飛 △7二金 ▲6五歩 △同銀 ▲3三角成り △同銀 ▲6三歩
△同飛 ▲5二角(第8図)

このように進めば、先手有利でしょう。この時、後手が3二金型なら▲5二角は利きま
せんが、▲7七桂と指していい勝負だと思います。


CapD20121118_3.png


第7図以下の指し手②
▲8六飛 △6六歩 ▲同銀 △7二金 ▲6七歩(第9図)

▲8六飛には、△6六歩と取り込んでから△7二金と守るのが本筋のようです。第9図
は、形勢不明でしょう。


(2)▲1六歩

第7図から▲1六歩(第10図)や▲5六歩と待つ手も指してみたい手ですが、▲1六歩
の方が価値の高い手だと思います。


CapD20121118_4.png


第10図以下の指し手
△6六歩 ▲同銀 △7八歩(第11図)

◇後手、いよいよ攻める

後手はこれ以上固めにくいので、いよいよ△6六歩と攻めてきます。

△6六歩 ▲同銀に、△6五歩と指すのは重く、また、△6五銀 ▲同銀 △同飛の決
戦は、後手自信ありません。単純な攻めではうまくいかないので、△7八歩(第11図)
と打つのが、公式戦でも指されている手です。

第11図以下の指し手①
▲8六角 △6六飛 ▲同飛 △同角(第12図)

これは、藤井-福崎戦(2000.9)の進行です。次に▲6四飛または▲5三角成りがあり
ますが、先手が少し大変かもしれません。


CapD20121118_5.png


第11図以下の指し手②
▲6七歩 △7九歩成 ▲8六角 △4四角 ▲7九飛(第13図)

△7八歩には、▲6七歩と受ける手が有力です。第13図は、形勢互角でしょう。

戸辺-神谷戦(2012.9)では、似た局面(3二金型)で、▲6七歩に△5二飛(第14図)
と指しています。これは▲9五角の飛車取りを避けて、▲8六角からの角成りも先受け
した手です。

これには、戸辺-神谷戦で指された▲8八角の他に、▲6八角、または▲7五銀 △7
七角成り ▲同桂でも、先手十分だと思います。


CapD20121118_6.png


第10図から△6六歩の他には、△7五歩(第15図)も気になる手です。
 
第15図以下の指し手
▲8六飛 △6六歩 ▲同銀 △7二金 ▲6七歩(第16図)

これは、第9図の進行と似ていますが、▲1六歩と突いてあるので、わずかに先手が
指せるのではないかと思います。


CapD20121118_7.png




1つでも役に立つことがありましたら、クリックしていただければ幸いです。
にほんブログ村 その他趣味ブログ 将棋へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
2012.11.18 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://sutekisangen1.blog76.fc2.com/tb.php/254-bda30529

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。