上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
竜王戦のニコニコ生放送での解説で、時間が余った羽生三冠が、王座戦第4局(千日
手局)の解説をされたことが話題になっています。羽生三冠が2手目3二飛戦法を指
したのですが、122手目の△6六銀は歴史的妙手と言われており、動画がいくつかの
サイトでアップされています。

その手については、ご存知の方が多いと思いますので解説はしませんが、この対局で
は、2手目3二飛戦法(4手目4二銀型)を指す上で、勉強になることがいろいろありま
した。

ここでは、1.11手目▲2四歩は成立しないのか?と、2.角道を閉じるタイミング
について考察してみたいと思います。


1.11手目▲2四歩は成立しないのか?

渡辺-羽生戦では、第1図から△7二玉に▲4八銀と指しています。ここで▲2四歩
突かれたらどう指すのかが疑問でした。

4手目4二銀型の第1号局、木村-佐藤戦(2011.5)で同一局面があり、その時には、佐
藤九段が△3三角(第2図)と上がっています。


CapD20121103.png


羽生三冠は、なぜ△3三角と上がらなかったのでしょうか?

木村-佐藤戦では、第2図から▲4八銀と指しています。しかし、ここでは▲3三角成
り △同銀に▲6五角(第3図)と打たれる手があり、それを気にしたのだと思います。
第3図からは、△7四角または△7二銀が有力ですが、いずれも▲4三角成りで後手
が少し自信なさそうです。

羽生先生は、△7二玉に▲2四歩と突かれたらどうするのかについても解説されてい
ます。以下、△同歩 ▲同飛 △8八角成り ▲同銀に△3一金(第4図)と受けて、大
乱戦になると話されていました。(▲同飛に△3一金もありますが、▲2三飛成りまた
は▲2八飛で同じ局面になります。)


CapD20121103_1.png


第4図から▲2三飛成りには△2二飛とぶつけて、▲2四歩 △2三飛 ▲同歩成り
(第5図)に▲2六飛あるいは▲2七角で、この進行は後手が指せそうです。

しかし、△3一金には、▲2八飛と引く手があり、その方が難しいです。△2二飛には
①▲2三歩と②▲2四歩が考えられます。


①▲2三歩

以下、△1二飛 ▲7七銀 △3三銀 ▲4八銀 △3二金(第6図)が進行の一例で、
難解な形勢です。


CapD20121103_2.png


②▲2四歩

先手は▲2四歩の方がわかりやすいと思います。以下、△3二金は▲4一角で後手苦
しいので、△1四角と受ける手が有力ですが、▲2三角 △4七角成り ▲3四角成り
(第7図)で、先手がわずかに良さそうです。


第1図から△7二玉に▲2四歩と突く手は、成立しているのではないかと考えます。

これらの進行に自信がなければ、第1図からは、△8八角成り ▲同銀 △2二飛(第
8図)と指すのがベストかもしれません。これにも、▲5六角と打たれる手はありますが、
△7二銀 ▲3四角 △3二金(▲2三角成りを警戒)で後手十分でしょう。


CapD20121103_3.png


2.角道を閉じるタイミング

もう一つ参考になったのは、角道を閉じるタイミングについてです。2手目3二飛戦法
(4手目4二銀型)で△3三角と上がった時には、早く角道を閉じたら居飛穴にされる
可能性があるので、どこまで角道オープンのままで指すべきかが難しいところです。

本局では、角を交換すれば手損になるので、24手目までお互い角道を開けたままで
進みました。先手は、できれば居飛穴にしたいのですが、第9図で▲6六歩と突くの
は、△6四歩からいつでも△6五歩と仕掛けられる手があるので危険です。

後手は、▲8七玉を見て△4四歩(第10図)と角道を止めました。このタイミングが重
要で、▲8六歩と指した段階で△4四歩は、銀冠から穴熊にされる可能性が残ってい
ました。

第10図は、居飛穴にされずに左美濃対ノーマル三間飛車にできたので、後手不満は
ないと思います。


以降は、類似局面がいくつかある形に進みました。対左美濃の指し方について参考に
なりますので、王座戦中継サイトにある解説付きの棋譜や将棋世界12月号をご覧い
ただければと思います。


CapD20121103_4.png




ここ数日、下書きを書いていたのですが、本日発売の将棋世界12月号を見たら、王座
戦第4局の解説とかなり被っていました・・・羽生先生の解説にはなかった第7図の進
行も想定通りでした。渡辺竜王は、▲2四歩と仕掛ける一手だったと話しています。や
はり▲2四歩は成立しているようです。

将棋世界12月号は、三間飛車党にとって読み応えがありそうです。勝又先生の講座で
は石田流が取り上げられており、いつもながら大変わかりやすいです。

『<新>イメージと読みの将棋観』には、早石田4手目角交換と、山本流石田封じの局面
が載っていました。久保先生の講座は、相振り飛車に入ったようです。菅井流が解説さ
れており、これからの連載が楽しみです。


参考文献及び参考サイト
・王座戦中継サイト
・ニコニコ動画 竜王戦第2局の解説
・将棋世界12月号 王座戦第4局の解説記事


1つでも役に立つことがありましたら、クリックしていただければ幸いです。
にほんブログ村 その他趣味ブログ 将棋へ
にほんブログ村

スポンサーサイト
2012.11.03 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://sutekisangen1.blog76.fc2.com/tb.php/251-0e59b0f5

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。