上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
初手から、
▲7六歩 △3四歩 ▲7五歩 △8八角成 ▲同 銀 △5四歩 ▲7七銀(基本図)

24高段者のデータを見ると、基本図からは△8四歩(第1図)がかなりの割合を占め
ています。△6五角も気になるところですが、互角以上には戦えると考えています。
これについては、 『石田流 4手目角交換 6手目△5四歩 2』をご覧ください。

CapD20121013_1.png

CapD20121013.png

今回は、△8四歩以下を掘り下げてみます。

△8四歩に対しては、①▲5六歩と②▲8六歩が有力だと思います。


①▲5六歩(第2図)

CapD20121013_2.png

▲5六歩は、飛車を動かした時の△4五角を消しています。次に△6二銀あるいは△4
二玉に、▲5八飛と▲8八飛がよく指されています。久保九段や菅井五段が中飛車にし
ている為か、24高段者の対局では、▲5八飛をよく見かけました。

▲8八飛は、高崎五段の『よくわかる石田流』に解説されていますので、ここでは、中
飛車にする指し方を検討したいと思います。

◇先手中飛車との比較

第3図と第4図をご覧ください。局面が似ていますが、第4図は先手中飛車からの変
化です。(戸辺-渡辺戦 2012.3)第3図では、先手が▲7五歩の一手を得しているこ
とになります。

しかし、△6四銀と出られた時に▲6六銀の一手が必要となり、△8五歩と伸ばされた
時に、飛車先交換をどう受けるかが課題となります。


CapD20121013_3.png


久保-松尾戦(2012.2.5)

第3図から、
▲6六銀 △8五歩 ▲5九飛 △4二銀 ▲7八金 △8六歩(第5図)

△8五歩に▲8八飛と受けるのは、中飛車にしたのが手損になってしまいます。▲7八
金と受けるのが自然ですが、久保九段は▲5九飛と引きました。△8六歩からの飛車
先交換はさせる方針です。

△4二銀のところで△8六歩と突く指し方もあります。続いて▲同歩 △同飛 ▲7八
金 △8二飛に、▲8七歩と受ければ普通ですが、▲3八銀 に△8八歩(変化図A)
と攻めさせる指し方もあります。

以下、▲7七桂 △8九歩成り ▲8五角 △9九と ▲6三角成り(変化図B)の進行
は、先手がわずかに良いかもしれません。


CapD20121013_4.png

第5図から、
▲同 歩 △同 飛 ▲3八銀 △8八歩 ▲7七銀 △8二飛 ▲7八金 △8二飛
▲6六角 △3三角(第6図)

▲同歩 △同飛に▲8七歩とは打ちません。1歩を手にする価値が大きいのです。△8
七歩には▲7七銀と受けて、角を打ち合い、まだこれからの将棋でしょう。


CapD20121013_5.png




菅井-長岡戦(2011.12.1)

第5図から、
▲同 歩 △同 飛 ▲3八銀 △5二金右 ▲7七銀(第7図)

菅井-長岡戦では、第5図から後手が△8七歩を打たないままで進みました。△5二
金右には▲7七桂と指したいところですが、△8九角の打ち込みが気になります。

第7図から、
△8四飛 ▲7六銀 △8六飛 ▲8七銀 △8四飛 ▲7七桂 △6八角(第8図)

飛車と銀の駆け引きが続いて▲7七桂と跳ねました。

後手はゆっくりしていたら、▲8五歩と打たれて先手ペースとなりますので△6八角
勝負しました。以下、▲同金 △8七飛成 ▲9六角 △8八龍 ▲7八金 △8二龍と
進みましたが、いい勝負だと思います。


CapD20121013_6.png


②▲8六歩(第9図)

第1図から、▲8六歩

▲8六歩は、7六銀型の向い飛車にする狙いがあります。

プロの実戦例はないようですが、『よくわかる石田流』に解説されている指し方です。
▲8六歩に△8五歩は、▲同歩 △同飛に▲8八飛とぶつけて先手が指せるようです。
ですので、後手は△4二玉と上がるのが自然です。

◇ダイレクト向い飛車が理想だが・・・

第9図から、
△4二玉 ▲7六銀 △3二玉 ▲8八飛 △5五歩(第10図)

△4二玉に▲8八飛は△4五角があるので、▲7六銀としてから▲8八飛と振ります。
ダイレクトに向い飛車にでき、先手が得をした形です。しかし、ここで△5五歩が好手
で、先手の指し手が難しい局面です。

以下、▲4八玉なら△5四角があります。▲3八金と守るのは、△5二飛(▲8三角は、
△7二銀 ▲6五角成りに△3三角で先手苦しい。)あるいは、△3三角 ▲7七角 
△5二飛で、薄くなった5筋を狙われて先手が自信なさそうです。

『よくわかる石田流』では、△4二玉 ▲7六銀 △5五歩に、▲7八飛と途中下車する
手を勧めていますが、△3二玉に対しても、▲7八飛と指すのが安全なのかもしれ
ません。


CapD20121013_7.png

参考文献 『よくわかる石田流』 高崎一生著 マイナビ


1つでも役に立つことがありましたら、クリックしていただければ幸いです。
にほんブログ村 その他趣味ブログ 将棋へ
にほんブログ村

スポンサーサイト
2012.10.13 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://sutekisangen1.blog76.fc2.com/tb.php/247-f18e03ca

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。