上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
初手から、
▲7六歩 △3四歩 ▲7五歩 △1四歩 ▲7八飛 △8八角成
▲同銀 △3二銀(第1図)

石田流に対して4手目△1四歩に▲7八飛と振り、角交換から△3二銀とするのが西尾
です。菅井新手に対しても有力なこの△3二銀が、実戦で多く見られるようになりま
した。

第1図からは▲5八金左が普通ですが、△1五歩と端を詰められしまいます。佐々木慎
-金井戦(2012.8)
では▲1六歩 (第2図)の新手が指されました。順位戦棋譜速報にあ
る解説を見ると、この手は研究会などで指されている手なのだそうです。

▲1六歩に△6二銀などなら、▲5八金左で先手の主張が通ります。ここは当然△4五
角と指してくるでしょう。逆に、先手としては、△4五角と打たせても自信があるからこそ
の▲1六歩なのです。

CapD20120926.png

第2図から、
△4五角 ▲7四歩 △同 歩 ▲2二角(第3図)

△4五角に▲7六角や▲8五角の受けは成立しないので、▲2二角と打ち込みますが、先
に▲7四歩の突き捨てを入れました。

第3図から、
△1三香 ▲6六角成 △2七角成 ▲7四飛 △3三銀 ▲7七桂(第4図)

▲2二角には△1三香と逃げられるのが後手の強みです。▲6六角成のところで▲5五角
成りも考えられますが、△6七角成り ▲6八金で先手が少し自信がないかもしれません。
(その進行なら▲7四歩の突き捨てを入れない方がよいかも)

△3三銀に、▲7七桂と跳ねておくのが先手の狙っていた形でした。

CapD20120926_1.png

第4図で、△4二玉などと指したら、▲2二歩(変化図)で後手の負けになってしま
います。△3二金では、△1三香の形が悪形になります。

第4図から、
△1二飛 ▲6五馬 △7三歩 ▲7五飛 △5四馬 ▲8三馬 △1五歩(第5図)

この局面はかなり難解なようで、金井五段は、2時間40分の長考で△1二飛と指し
ました。この手は1三香の手を活かして端攻めを見せながら、▲6五桂に対して△6
二銀の受けを用意しています。(▲2二歩が利かない。)

以下も難しい応酬が続いて第5図となりました。△1五歩と攻めて後手ペースに見え
ますが、先手の駒の働きもよく、形勢は互角だと思います。結果は、先手が勝利して
います。

西尾流に対して▲1六歩は、△4五角からの乱戦は避けられません。手堅く指すなら、
やはり▲5八金左の方が安全だと思います。

CapD20120926_2.png



参考サイト 名人戦・順位戦棋譜速報


1つでも役に立つことがありましたら、クリックしていただければ幸いです。
にほんブログ村 その他趣味ブログ 将棋へ
にほんブログ村

スポンサーサイト
2012.09.26 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://sutekisangen1.blog76.fc2.com/tb.php/245-c6ba3c5a

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。