上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
第1図は、3手目▲6六歩に対して、△3二飛と振ったところです。ここからは相振り飛
車になる可能性が高いのですが、先手がやや不満な形とされています。その理由は、後
手だけが角道を通していることや、後手の方が早く飛車先の歩交換をすることができる
からで、公式戦データを見ても、先手の勝率が悪いことがわかります。

CapD20120902.png

CapD20120902_2.png

『向い飛車対三間飛車 11・12』では、第1図から、「後手は、美濃囲い△7一玉型&
浮き飛車にして、3三銀型や菅井流を狙うのが主流」と書きましたが、事情は少し違っ
てきているかもしれません。

最近の橋本-佐藤康戦(2012.8.2)、増田-横山戦(2012.8.28)、西川-永瀬戦(20
12.8.28)では、第1図から後手が穴熊にしています。

橋本-佐藤康戦については、『将棋・序盤のStrategy』さんのサイト(高段の方の考え
方がよくわかる素晴らしいサイトで、いつも勉強させていただいています。)で取り上げら
れているので、ここでは他の2局を紹介したいと思います。


西川-永瀬戦(2012.8.28)

16手目に△9二香と上がっていますが、穴熊にするのは予定の作戦だったと思います。
将棋世界2011年11月号『突き抜ける!現代将棋』 において、永瀬五段は「▲2八
銀には、すぐに△3三銀~△4四銀と動くのが有力」と話していましたが、最後に「三
間穴熊も有力」と付け加えています。

CapD20120902_3.png

◇矢倉崩し対策の▲8五飛

先手は、高美濃から矢倉に組み換えます。穴熊に対しての矢倉は、相性が悪いとさ
れています。藤井先生の『相振り飛車を指しこなす本1』では、「相振り飛車における
穴熊という囲いそのものが、矢倉崩しをやりたいがために生まれてきたような面がある
。」と書かれており、穴熊の堅陣からの矢倉崩しが詳しく解説されています。

しかし、後手は△3四銀・△4二飛からの矢倉崩しをせずに、△5二飛(第4図)と
狙いを中央に変えました。これは不思議に思うかもしれませんが、37手目の▲8五飛
(第3図)が矢倉崩しに対抗する手段です。

矢倉崩しを狙うのは、中段飛車の横利きを活かした△3五歩があり、なかなかうまく
いかないのです。この辺りの攻防については、『向い飛車対三間 11 矢倉対穴熊 
矢倉崩しへのB面攻撃』
で解説していますので、ご覧ください。

CapD20120902_4.png

第4図から、5筋を攻めるのも大変に見えますが、中段の飛車に圧力をかけながらの
攻めを視野に入れていたと思います。

永瀬五段は、▲7三金左(第5図)と上がり、飛車にプレッシャーをかけていきます。
金銀を繰り出して盛り上がっていきました。こういう指し方は、自玉が薄くなるので、
力戦に自信がなければ指せないでしょう。

中盤戦は、後手ペースで進行したように思いますが、終盤、銀一枚の穴熊に、▲7
一銀
(第7図)とかけられました。

この局面はソフトで検討すると後手優勢と出ます。しかし、実際には後手が容易でな
い形勢になっているのではないかと思います。結果は、残念ながら永瀬五段が負けて
しまいました。

CapD20120902_5.png




増田-横山戦(2012.8.28)

相振りの場合は、相手の囲いを見て自分の囲いを決めることがあるのですが、この対
局でも、後手が一目散に穴熊に囲いました。先手は、西川-永瀬戦と同じく高美濃
から矢倉に組み換えています。本局は後手が浮き飛車に構えました。(第9図)

CapD20120902_6.png

第10図では矢倉から盛り上がられそうで、後手が忙しくも見えますが、糸谷六段は、
「どちらかといえば、後手を持って指してみたい」との感想のようでした。穴熊が堅い、
攻め駒の配置がしっかりしている、自陣が攻められる心配があまりない、などが理由
です。

後手が角道を通したまま&△5四歩型にしているのは、6五歩・6六角・7七桂の理
想形を警戒している意味があると思います。

中盤では、先手が端攻め(第11図)をして、優勢に進めていました。しかし、結果は
262手の激戦の末に横山五段が勝利しています。

CapD20120902_7.png




中村女流-戸辺戦(2011.7)

向い飛車対三間穴熊の戦形では、戸辺流が有名ですが、中村女流-戸辺戦では、穴
熊からの菅井流が見られました。先に△4五歩を交換して(第12図)、持ち歩を増やして
から△6五歩(第13図)と仕掛けています。

似た指し方は、森下-豊島戦(2012.4)川上-西尾戦(2012.2)などでも見られます。菅
井流の指し方は変化しており、理解できない所もあるのですが、整理できたらブログに書い
てみたいと考えています。

Cap20120902.png




参考文献及び参考サイト
将棋世界2011年11月号
『相振り飛車を指しこなす本1』 藤井旭著 浅川書房
名人戦棋譜速報のサイト

1つでも役に立つことがありましたら、クリックしていただければ幸いです。
にほんブログ村 その他趣味ブログ 将棋へ
にほんブログ村

スポンサーサイト
2012.09.02 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://sutekisangen1.blog76.fc2.com/tb.php/242-55f87f5c

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。