上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
初手から、
▲7六歩 △3四歩 ▲7五歩 △3五歩 ▲7八飛 △3二飛 
▲5八金左 △5二金左 ▲4八玉 △6二玉 ▲7六飛(テーマ図)

テーマ図は、前回紹介した11手目に▲7六飛と浮く形で、最近見かける指し方です。

▲7六飛は、飛車の横利きを通し、桂馬の活用も見た手です。また、▲2六飛と回る
手(角交換から▲5六角の筋)を含みにしていますので、後手はこれを受ける手が必
要となります。

CapD20120513.png

この局面は、プロの対局では、まだほとんど指されていません。将棋倶楽部24高段者
の対局では、テーマ図から△3四飛と△7二玉が多く指されています。

※将棋倶楽部24高段者のデータ
CapD20120513_1.png

テーマ図から△3四飛(第1図)

△3四飛は、先手にだけ飛車先の歩を交換させまいという手です。

第1図からは、▲7四歩▲7七桂がよく指されています。▲7七桂なら落ち着いた
流れになり、△7二銀 ▲3八銀 △7一玉 ▲3九玉(第2図)のような進行が考
えられます。

CapD20120513_2.png

▲7四歩(第3図)は、先手の利を活かして、先に攻めようとする手です。この手が成
立するかどうか?ここは、①同歩あるいは②△同飛と取るか、③8二銀と受けるかの
三択ですが、激しい戦いが予想されます。

CapD20120513_3.png

①△同歩

第3図から、
△同歩 ▲2二角成り △同銀 ▲5五角 △3三角(第4図)

△同歩と取れば、角交換から▲5五角の銀・香両取りが先手の狙いです。これには、
△3三角と受けます。

第4図から、
▲9一角成り △9九角成り ▲8一馬(第5図)

角を成りあって、▲8一馬までは一本道でしょう。ここで後手は(1)△7二銀、(2)△8
九馬、(3)△7五香
などが有力です。どれも、先手がわずかに指せると考えていますが、
もう少し詳しく検討してみます。

(1)△7二銀は、▲9一馬 △7五香 ▲9六飛 △7九香成り ▲9三飛成りで、難
解ながらも、先手にやや分がありそうです。

(2)△8九馬は、▲6八銀と逃げられて後手の指す手が難しそうです。

(3)△7五香は、▲9六飛 △7九香成り ▲9三飛成りで、先手が少し指せると思い
ます。

CapD20120513_4.png

②△同飛

▲7四歩を△同飛(第6図)と取る手も有力です。

第6図から、
▲同飛 △同歩 ▲2二角成り △同銀 ▲5五角 △7五飛(第7図)

▲同飛と取り、角交換から▲5五角と打ちます。①と同じようにここで△3三角と打
つのは、角を成りあって▲9二飛と打てるので先手有利です。しかし、△7五飛と打
つのが好手です。

第7図では、▲7七角あるいは▲8八角と引いて守る手でしょうが、いい勝負だと思
います。

CapD20120513_5.png

③△8二銀

第3図から、
△8二銀 ▲7三歩成り △同銀 ▲7四歩(第8図)

▲7三歩成り △同銀に角交換から▲5五角は、△3三銀に勢い▲7三角成りと切り
ますが、△同桂 ▲7四歩 △7二歩で切れ筋です。ここは▲7四歩と押さえます。

第8図から、
△同飛 ▲同飛 △同銀 ▲2二角成り △同銀 ▲4一飛(第9図)

▲7四歩を△同銀は、角交換から①と同様に進んだ時に、後手の守りが薄いので先手
がよさそうです。銀を逃げるのもまずく、ここは△同飛と取るのが正しいでしょう。

以下、大駒交換の激しい展開になりますが、▲4一飛と先に飛車を打ち込んで、先手
がわずかにいいと思います。▲4一飛のところで▲5五角は、△7五飛で難しそうです。

CapD20120513_6.png


1つでも役に立つことがありましたら、クリックしていただければ幸いです。
にほんブログ村 その他趣味ブログ 将棋へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
2012.05.13 / Top↑
TrackBackURL
→http://sutekisangen1.blog76.fc2.com/tb.php/227-a85eb492

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。