上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
先日のC1順位戦 加藤-中田戦(2012/03/13)では、加藤九段が三間飛車に対
して棒銀を採用しました。

第1図の△6四歩は普通の手ですが、5三角・4二金型にはし難くなります。この手で
△4三銀と上がるのは、▲4六歩~▲4五歩の仕掛けが気になります。

第1図から、
▲3七銀 △1四歩 ▲2六銀 △4三銀 ▲4六歩 △1二香 ▲3五歩(第2図)

▲3七銀に△1四歩と端歩を突くのが少し早いように見えます。これは、▲3五歩 
△5一角に▲2四歩と突く加藤流を警戒した意味があります。

▲3五歩と仕掛けた局面は、四間飛車対棒銀でおなじみの局面(端歩の形は違う)で
す。三間飛車の手得を活かすには、△1四歩の代わりに△6五歩と突く手や、△6三
金と高美濃にする手も有力
で、機会があれば取り上げてみたいと思います。

CapD20120318.png

有名な定跡手順

第2図から、
△5一角 ▲3八飛 △6二角 ▲3四歩 △同銀 ▲4五歩 △4三金(第3図)

▲3五歩~▲3八飛には、△5一角~△6二角と受けます。私は中学生の時にこの
定跡を知ったのですが、▲3四歩に△同銀と取らせてから▲4五歩と突く意味がよくわ
かりませんでした。先に▲4五歩では △同歩 ▲1一角成りに△4四角とぶつけて後
手が指せるのです。

▲4五歩を△同歩と取るのは▲3三歩で簡単に先手がよくなります。後手は△4三金
と上がり金の厚みで棒金を受ける作戦です。反面、玉が薄くなります。藤井九段の
『四間飛車の急所3』には、この形は居飛車が指せると書かれています。

第3図から、
▲4四歩 △同金 ▲4五歩 △4三金 ▲3七銀(第4図)

▲4四歩~▲4五歩には、△4三金と引いて6二の角で2六銀を狙います。これに対
して、▲3七銀と銀の立て直しを図るのも定跡です。

CapD20120318_1.png

加藤流の指し回し

第4図から、
△4五銀 ▲1一角成 △3三桂 ▲3六銀 △4四角 ▲2一馬 
△4二飛 ▲7七桂(第5図)

△4五銀のところでは、△3三桂と跳ねて角成りを受ける手も有力です。以下、▲4
六銀右に△4四歩、△3五歩(旧定跡)、△4二飛(櫛田流)、△3六歩などが考え
られます。

▲3六銀に△3七歩は昔指されていた手で、現在では△4四角の方が有力とされてい
ます。また、▲2一馬に△3一歩と受ける手は、3筋に歩を打てなくなることや、いつで
も飛車を取られるので、後手が悪いとされています。

渡辺竜王や藤井九段の著書では、△4二飛には▲6六銀(2ch棋譜集で検索すると、
この形は1996年以降指されていない) △5六銀 ▲3五銀で先手指せると解説され
ていますが、▲7七桂は本に載っていない手で珍しい指し方です。

第5図から、
△3四銀 ▲4六銀 △6五歩 ▲2四歩 △同歩 ▲3五銀直(第6図)

第5図からは、△3四歩や△3六銀、△3七歩 ▲同飛 △5五歩も有力だと思います。
中田七段は、△3四銀と引きました。▲4六銀~▲3五銀直と二枚銀の力で押さえて
いくのが加藤流です。

CapD20120318_2.png

第6図から、
△同銀 ▲同銀 △7一角 ▲4四歩 △4九銀 ▲4三歩成 
△3八銀成 ▲4六銀(第7図)

ここまでは難解で優劣つけがたい形勢だと思いますが、だんだんと先手が指しやすくな
っていったように思います。△7一角では△7七角成り~△8五桂と勝負する手があ
ったようです。

以下、△同金 ▲2四銀 △4五桂 ▲3三飛成りでは一方的になるので、△4九
銀と割り打ちしました。しかし、▲4三歩成り △3八銀成りに▲4六銀と引いた局
面は後手が優勢でしょう。結果は、95手で加藤九段が勝利しました。

加藤九段は、12月の千葉六段戦でも四間飛車相手に棒銀で勝利しています。72
歳のひふみん先生恐るべしです。

参考棋書
『四間飛車の急所 3』 藤井九段著 浅川書房
『四間飛車破り 急戦編』 渡辺竜王著 浅川書房

CapD20120318_3.png




1つでも役に立つことがありましたら、クリックしていただければ幸いです。
にほんブログ村 その他趣味ブログ 将棋へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
2012.03.18 / Top↑
TrackBackURL
→http://sutekisangen1.blog76.fc2.com/tb.php/217-15a05523

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。