上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
△2二銀の変化

前回第1図から、
△8八角成 ▲同銀 △2二銀(第1図)

第1図の△2二銀が、最近プロの対局でよく指されている手です。この手で、△3二
銀 ▲7七桂 △4二玉と左美濃を目指す手は、▲5五角 △5四角(△3三角な
ら▲4六角) ▲2六飛(第2図)となった時に、△3三桂か△4四歩と受けなくては
ならないので、後手少し不満です。

CapD20120304.png

スイッチバック自陣角はできない

第1図から、
▲7七桂 △3三銀 ▲4六角(第3図)

第1図で▲7四歩と攻める手を、先日久保二冠が指していますが、今回は▲7七桂
を検討します。

▲7七桂には、△3三銀と上がります。この局面で▲5五角と打つのは、△4四銀と
出られて
やぶ蛇になってしまいます。△2二銀~△3三銀は、前回紹介したスイッチ
バック自陣角を封じる意味もあるのです。

攻めるとしたら①▲4六角(第3図)と打つ手と②▲7四歩が考えられます。


①▲4六角

第3図から、
△5四角 ▲5六飛 △2七角成り ▲7四歩(第4図)

▲4六角にも△5四角と打たれる手があります。角がいるので▲2六飛と受けること
はできません。▲5六飛と逃げるくらいで、△2七角成りに▲7四歩の攻めが利くか
どうか。

第4図から△7二金は、▲7三歩成り △同金 ▲6五桂。△8四飛には、▲7三
歩成り △同銀(△同桂にも▲5三飛成り)▲5三飛成り。 △6四歩には、▲7
三歩成り △同桂 ▲7四歩で、どれも難しいとは思います。

CapD20120304_1.png


②先に▲7四歩と突く

中村亮四段は第2図から▲4六角ではなく、▲7四歩(第5図)と先に歩を突きまし
た。 (中村亮-増田戦2010.9)

第5図から、
△同歩 ▲同飛 △4二玉 ▲7五飛(第9図)

第5図では、いろいろ手が考えられます。△5四角なら、▲7五飛と逃げられます。
△4五角なら、▲4六角 △6七角成り ▲7三歩成り(第6図)と攻め合って先手
が戦えると思います。

CapD20120304_2.png

第5図で△7二金と受ける手もあります。以下、▲7三歩成り △同銀 ▲6五桂 
△6四銀に、▲7一角(第7図)と打ち、△9二飛に▲5三角成りで、難解ですが先
手の攻めはぎりぎり続きそうです。

実戦では、△同歩 ▲同飛と進みました。ここで△7三歩なら▲7五飛で後手困りま
す。△7三銀は▲同飛成りと切られて、後手危なそうです。△4二玉に▲7五飛(第
9図)と中段に引いて、▲8五飛を狙います。

△4二玉の局面は、左半分だけを見れば、先日の王将戦第4局と同一です。ここでは、
王将戦で指された▲4六角(第8図)と打つ手もあったかもしれません。このあたりの手
のコンビネーションは難しいところです。

CapD20120304_3.png

第9図から、
△8六歩 ▲同歩 △同飛 ▲7八金 △6四角 ▲8七歩 
△8二飛 ▲7六飛(第10図)

第9図で△7二金なら、▲8五飛 △8三金 ▲5八金左で問題ありません。▲7五
飛に△8六歩が、後手用意の反撃です。△6四角のところで△7六歩は、▲8七銀で
先手が少しいいです。

第10図は、先手だけが角を手持ちにしていますが、後手は飛車先が切れ、持ち歩の数
も多く、形勢は難しいと思います。結果は、先手がうまくまとめて勝利しました。

第3図の▲4六角、第5図の▲7四歩に自信なければ、▲3八玉と指して一局です。

CapD20120304_4.png




1つでも役に立つことがありましたら、クリックしていただければ幸いです。
にほんブログ村 その他趣味ブログ 将棋へ
にほんブログ村

スポンサーサイト
2012.03.04 / Top↑
TrackBackURL
→http://sutekisangen1.blog76.fc2.com/tb.php/215-3c69b884

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。