上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
▲7五歩 △3五歩と伸ばしあった相三間飛車で、▲3八銀(第1図)と上がる手につ
いては、当ブログで何回か取り上げてきました。▲4六歩や▲2八銀ではなく、▲3八
銀と指せるなら、そう指したいのですが、△8八角成り ▲同銀に、△2八角と打たれ
る手が問題になるわけです。

将棋世界(2011.12月号)の鈴木八段永瀬四段の対談の中で、この局面が話題に
なり、▲3八銀は成立しているとの見解を示されていました。

先日の王将戦第2局 久保-佐藤戦(2012.1.26)では、先後逆で▲9六歩の一手
が入っていますが、ほぼ同一局面になりました。(第2図)久保二冠は、角交換~▲8
二角とはせずに、▲9五歩と指しています。やはり▲8二角では難しいと判断されたよ
うです。

CapD20120213_1.png

しかし、△2八角と打ってくれれば、先手が有利なのかといえば、そう簡単ではないの
です。奨励会三段リーグの三宅-西田戦(2011.10)で、この進行になり、後手が勝
利しています。

第3図から、
▲3二馬 △同銀 ▲6六桂 △8二桂(第4図)

第3図までの解説は、『美濃囲いへの△2八角』の(1)と(2)にありますので、詳しく
はそちらをご覧ください。ここまでは、ほぼ定跡化されていて、問題はここからの指し
方です。

▲3二馬と飛車を取り、▲6六桂に△8二桂と打ち返しました。3筋に飛車がいては戦
えないので、先手は飛車を取る展開になります。△8二桂は、部分的には悪形ですが、
先手はこれ以上攻める手が難しく、第4図は形勢不明だと思います。△8二桂の代わ
りに、△4四香や△5五桂、△3三香でも難解だと思います。

CapD20120213_2.png




第3図から、▲3六香と打つ手も有力です。

▲3六香 △3五歩 ▲3二馬 △同銀 ▲3五香(第5図)

第5図から△4四香の変化は、前回載せました。他には、①△3三歩、②△4一銀、③
△4五桂
が考えられます。

①の△3三歩は、▲1二飛に△4一銀と引かれて、次の手が難しいです。2九に馬が
いるので、ゆっくりした手では、△4四香・△5五桂・△4五桂などの手が入ると、先手
陣はかなり危険になります。

②△4一銀 ▲2一飛 △4二銀 ▲3二香成り △5一銀 ▲4一成香(第6図)

以下、△4四香あるいは△3二香で形勢不明だと思います。途中で▲6六桂と攻める
手もありますが、△7二玉とかわされて、はっきりしません。

CapD20120213_3.png

③△4五桂 ▲4六銀 △3六歩 ▲3八歩 △1五角(第7図)

第5図から△4五桂と攻めあう手も厳しいです。▲3二香成りは、△3七桂成りで先手
まずいです。第7図以下は▲2六桂と受けるくらいですが、△2八馬から△2七馬~△
2六角が間に合いそうで、先手自信ありません。

また、第3図から27手目▲3二馬に△3六歩も考えられ、▲3一馬 △3七歩成り ▲
同玉(第8図)となりますが、これも難しそうです。

Cap20120213.png

第1図から△2八角の変化は、プロの公式戦では指されたことはありません。しかし、
水面下では詰みに近いところまで研究されていて、結論が出ているのかもしれません。

第3図での最善手は、▲3二馬なのか▲3六香なのか、他の手なのかは、私には正直
わかりません。しかし、アマ有段者までのレベルなら第3図までの変化を、有段者の方
は、それ以降の手を研究しておけばかなり戦えると思います。

角交換から△2八角が甘いとしたら、後手は▲3八銀にどう指したらよいのかは、次回
以降に検討したいと思います。


1つでも役に立つことがありましたら、クリックしていただければ幸いです。
にほんブログ村 その他趣味ブログ 将棋へ
にほんブログ村






スポンサーサイト
2012.02.13 / Top↑
TrackBackURL
→http://sutekisangen1.blog76.fc2.com/tb.php/209-b28f352d

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。