上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
第1図は、戸辺-青野戦(2011.12.9)から、石田流対棒金の戦形です。戸辺六段が面
白い捌きを見せたので紹介します。後手は、△4四歩と角道を止めましたが、これは△7
四歩 ▲同歩 △同金に、▲6五歩の決戦を避けたものです。

第1図から、
▲5六銀 △5四銀 ▲4六歩 △8四金 ▲9六歩 △7二飛(第2図)

▲5六銀、△5四銀と互いに腰掛銀にして、後手は△7二飛と寄りました。5四銀型
なので袖飛車にしないと△7四歩と突けません。

CapD20120121.png

第2図から、
▲6五歩 △同歩 ▲4五歩(第3図)

ここまでは、『石田流対棒金 10』で取り上げた鈴木大-中座戦(1999.11)に似て
います。戸辺六段は、△7四歩が来る前に、▲6五歩~▲4五歩と仕掛けました。

これは、相振り飛車での菅井流の仕掛けに似ています。▲6五歩に△同歩と取らずに
△7四歩なら、▲同歩 △同金 ▲8八角でしょうか。


第3図から、
△7四歩 ▲4四角 △7五歩 ▲7八飛 △3三桂(第4図)

▲4五歩を△同歩なら、▲2二角成り △同玉 ▲4五銀 △同銀に、▲6三角で後
手がしびれます。△7四歩の反発は当然で、第4図までは順当でしょう。△3三桂は
形が悪いですが、△同角では▲同歩で急所に歩が残ります。

後手としては、6~8筋を制圧しているので、このまま局面を収めてしまいたいとこ
ろです。逆に先手は、早く攻めなければなりません。

第4図から▲5五銀に△4三歩なら、▲5四銀と勝負する手がありそうですが、△6
三銀と引かれたら継続手がありません。

CapD20120121_1.png

第4図から、
▲9八香 △7四金 ▲3六歩 △6四金 ▲3五歩 △4三歩
▲8八角 △3五歩(第5図)

なので、▲9八香(▲8八角と引いた時に、△8六歩 ▲同歩 △8七歩で角のライ
ンが消えないようにする。)の後、▲3六歩~▲3五歩と桂頭を攻めに出ました。第
5図の形勢はいい勝負だと思います。

少し進んで、第6図。ここで▲8三桂が決め手になりました。コンピュータ将棋が指
しそうな手で、人間の有段者ならためらいそうな手ですが、後手に有効な手がないの
を見越しています。

以下、△9二香 ▲9一桂成り △7六歩に▲8三角と打ち、香・桂を取った先手が
優勢に進めて勝利しました。

CapD20120121_2.png




1つでも役に立つことがありましたら、クリックしていただければ幸いです。
にほんブログ村 その他趣味ブログ 将棋へ
にほんブログ村


スポンサーサイト
2012.01.21 / Top↑
TrackBackURL
→http://sutekisangen1.blog76.fc2.com/tb.php/202-857df0bf

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。