上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
第1図は、▲4八玉~▲3八銀と駒組する最近の石田流に対して、bonkrasが△6五
と仕掛けたところです。この局面は、当ブログ『石田流 序盤での△6五歩問題』
でも取り上げています。

bonkrasの棋譜を検索したら、第1図の局面が2局見つかりました。これで後手が指
せると判断しているのでしょうが、これが成立しているのなら、上の手順では組めな
いことになってしまいます。

R2737の方は、第1図から、▲同歩(第2図)と取りました。1番普通の手ですが、
4八玉のままで戦うのは、リスクも大きいです。

CapD20120109.png

第2図から、
▲同歩 △8八角成 ▲同銀 △2八角 ▲7四歩 △1九角成 ▲5五角(第3図)

有段者なら、△2八角と打ち込まれても、▲7四歩~▲5五角の筋でなんとか戦える
のではと考えるでしょう。

第3図から、
△5四歩 ▲7三歩成 △同 銀(第4図)

第4図は、当ブログでも解説している局面と同じで、ここから▲7三角成りは後手が
少し良しとしました。

CapD20120109_1.png

第4図から、
▲1一角成 △2二銀 ▲1二馬 △1一香 ▲7四歩 △6二銀
▲2二馬 △同玉 ▲6四歩(第5図)

本譜では、▲1一角成と香車を取りにいきました。△2二銀から馬が殺され二枚替え
になります。しかし、香を取られているので実質角・銀交換です。▲6四歩は好手だ
と思います。

第5図から、
△6七角 ▲6八香 △7八角成 ▲同金 △1八飛 
▲3九金 △5二金左(第6図)

△6七角は、こう打ってみたいところですが、▲6八香がぴったりで、飛車を取られ
ても先手陣はなかなかこたえません。△1八飛には▲3九金と守って大丈夫。第6図
の形勢判断は難しく、意見が分かれそうですが、先手が十分戦えると思います。

Cap20120109.png




もう一局は、△6五歩に▲3九玉(第7図)と指していました。

第7図から、
△6六角 ▲5八金左 △6三銀 ▲7四歩(第8図)

▲5八金左まではブログで解説した手順ですが、次にbonkrasは△6三銀と指しまし
た。

CapD20120109_3.png

先手は、飛車を切って角交換から▲5五角(第9図)と猛攻しました。

△同銀 ▲同飛 △同歩 ▲6六角 △同歩 ▲5五角(第9図)

しかし、この攻めは無理攻めでした。

△6二飛 ▲6八銀 △7八角(第10図)

△6二飛と回られた手が厳しく、後手優勢でしょう。△6三銀には、▲2八玉か▲7
六飛と浮くべきだったと思います。

CapD20120109_4.png



1つでも役に立つことがありましたら、クリックしていただければ幸いです。
にほんブログ村 その他趣味ブログ 将棋へ
にほんブログ村

スポンサーサイト
2012.01.09 / Top↑
TrackBackURL
→http://sutekisangen1.blog76.fc2.com/tb.php/199-813c0ef8

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。