上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
第1図の▲5八飛は、2手目3二飛戦法での糸谷新手と呼ばれる手です。ここで、△
4七歩成りは、▲同銀 △同馬 ▲5三飛成り △7二玉に▲4二歩(第2図)と打
って先手の勝ちと『久保の石田流』に書かれています。

しかし、最近、私は第2図の先手番を持って指して、次に△5二銀と打たれて負けて
しまいました。

CapD20120104.png

△5二銀に▲4一歩成り(第3図)は最善でしょう。

私の実戦では、以下、△4三銀 ▲同龍 △6五角 ▲5四歩 △5二飛 ▲5三銀
(第4図)と進みました。

CapD20120104_1.png

第4図から、△同飛 ▲同龍 △5二歩に▲4三龍と逃げ、△5七銀(第5図)と打
たれました。▲4三龍では▲4二飛打ちとするべきでした。

第5図でも先手の優勢ですが、ここで▲4二飛と打った為に紛れてしまいました。第
5図では、▲6八銀と守るのが正解だったようです。


いろいろ調べてみると、第2図では△3三飛(第6図)とぶつける手が有力のようで
す。(第3図で△3三飛も難しい。)

CapD20120104_2.png

第6図から、▲4一歩成りに△5二歩(第7図)と受けます。

以下、▲4二龍 △4三飛 ▲同龍 △2九角成り ▲4二と(第8図)が進行例で
す。

△5二歩を▲5二馬と取るのは、△5三龍で難しくなります。

第8図は、後手に△5七銀、△6五馬、△3五角など、いろいろ手があり、簡単では
ありませんが、正しく受ければ先手が指せそうだと思います。

『2手目3二飛車戦法 3』の解説棋譜 糸谷新手と戸辺対策のまとめを書き直し
ましたので参考にしてください。

CapD20120104_3.png

1つでも役に立つことがありましたら、クリックしていただければ幸いです。
にほんブログ村 その他趣味ブログ 将棋へ
にほんブログ村





スポンサーサイト
2012.01.04 / Top↑
TrackBackURL
→http://sutekisangen1.blog76.fc2.com/tb.php/195-f80e5852

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。