上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
3・4・3戦法の基本

3・4・3戦法は、後手番で石田流を指すための戦法として誕生しました。序盤での
3五歩~△4二飛~△3二飛
という動きから、その名称がついています。今回は、基
本的な手順と狙いを紹介します。

▲7六歩 △3四歩 ▲2六歩 △3五歩 ▲6八玉 △4二飛(第1図)

▲6八玉にいきなり△3二飛とするのは、角交換から▲6五角(第2図)で、後手が面
白くないとされています。△3五歩と突いた以上は、石田流にしたいのですが、いった
ん△4二飛と四間飛車
に振ります。

この手は、ダイレクト四間飛車や早石田4手目角交換の変化でも、今やおなじみの手
となりました。▲6五角の狙い筋(8三と4三の地点に成れる)を消しています。

CapD20111211.png

▲2四歩問題

第1図から、
▲2五歩 △6二玉 ▲7八玉 △7二玉  ▲4八銀(第5図)

▲2五歩と指されたら、▲2四歩と突かれる手が気になります。

①居飛車の玉が6八の場合

▲2四歩と攻めてくるのは、△同歩 ▲同飛 △8八角成り ▲同銀 △3三角(第3
図)で、飛車と銀の両取りになるので成立しません。


②居飛車の玉が7八の場合

上の変化で両取りにならなくなるので、▲2四歩を警戒しなければなりません。▲4八
銀のところで▲2四歩には、△同歩 ▲同飛 △8八角成り ▲同銀に、△2二飛(第
4図)とぶつけるのが定跡となっています。以下、▲1三歩 △1二飛は、升田名人が
指した有名な手順です。

▲2四歩の筋は、△3四飛と浮くまで様々な局面で生じ、上の指し方が正しいかどうか
は、形によって違ってくるので注意が必要です。似た局面で△1二飛でなく△3二飛や
△4二飛と指したプロの実戦例もあります。この▲2四歩問題については、別に取り上
げてみたいと考えています。

CapD20111211_1.png

△3二飛と寄るタイミング

第5図から、
△8二玉  ▲5六歩 △7二銀 ▲5八金右  △3二飛(第6図)

玉を7二まで移動すれば、8三の地点を守れているので、飛車を3二に動かしてもいい
のですが、△8二玉 △7二銀と囲ってから△3二飛と指すことが多いようです。

CapD20111211_2.png

▲2六飛 △3四飛 ▲2二角成 △同 銀 ▲8八銀 △3二金(第7図)

△3四飛と浮いたところで角交換してこなければ、△4四歩から普通の石田流に組める
ので、後手が指しやすくなります。角交換されれば、△3二金と上がり、升田式石田流
の形にします。

▲7七銀 △3三銀 ▲6六歩 △2四歩(第8図)

△3三銀と上がり、△2四歩と突くのが、先手の陣形(5八金右型)を見た好手です。
▲同歩 △同飛 ▲同飛と飛車交換になれば、飛車を打ち込まれにくい後手が優勢です。

CapD20111211_3.png

上の手順は、『島ノート 振り飛車編』に載っている手順ですが、先手の指し手が少し
甘いように思います。

第9図は、井上-長沼戦(1992.6)から。▲5八金右の代わりに▲5七銀と上がっていま
す。升田式石田流に対しては、飛車交換を警戒して4九金のままで様子を見る指し方
が多いです。

第9図から、
▲4六銀 △3四飛 ▲2二角成り △同銀 ▲6八銀 △9四歩 
▲9六歩 △3二金 ▲7七銀 △1四歩 ▲1六歩 △3三銀 (第10図)

△3二飛には▲4六銀と出ました。ここで、△3六歩は、▲同歩 △同飛 ▲2四歩
(▲3五歩は角交換から、△3九角がある。)で難しくなります。△3四飛と浮いて、
以下、第10図になりました。4九金型なので飛車を打ち込む隙がなく、△2四歩の筋は
ありませんが、いい勝負でしょう。

最近は、4手目に△3五歩と決めずに△4二飛とダイレクト四間飛車にして、△3五歩
~△3二飛と升田式石田流を目指す指し方が主流になっていますので、今後取り上げ
ていきたいと思います。

参考棋書 『島ノート 振り飛車編』 島八段著 講談社

CapD20111211_4.png




1つでも役に立つことがありましたら、クリックしていただければ幸いです。
にほんブログ村 その他趣味ブログ 将棋へ
にほんブログ村

スポンサーサイト
2011.12.11 / Top↑
TrackBackURL
→http://sutekisangen1.blog76.fc2.com/tb.php/193-787d571f

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。