上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑

(2)▲9六飛


▲9六飛 △6五歩 ▲4五銀 △7七角成り ▲同桂 △7八角(第6図)

△6五歩には▲4五銀と角頭を狙いながら、飛車の動きを楽にさせます。しかし、角交
換から△7八角(△8八角は▲5五角)と打たれて、難しい形勢でしょう。

CapD20111202.png


実戦例 高崎-星野戦(2009.4)より

後手、左美濃ではありませんが、同じ進行です。▲9六飛に△6五歩ではなく、△8八
角(第3図)と打ちました。

第3図から、

▲7八歩 △9九角成り ▲6四歩 △7六歩 ▲同飛 △7五銀 ▲8三角(第4図)

▲7八歩と受けましたが、ここでも、▲5五角(▲6六角)の受けがあったと思います。
以下、△3三桂 ▲6四歩 △5四歩でいい勝負か。

実戦は、第4図以下、△7一飛に▲6一角成り △同飛 ▲7五飛と勝負しました。玉
形が不安なので、先手が少し苦しいように思います。

CapD20111202_1.png




(3)▲3三角成り~▲7八飛

▲3三角成り △同桂に、▲7八飛(第5図)と引くのは有力な手だと思います。

第5図より、

△6五歩 ▲6八飛 △6二飛 ▲4六角 △7三角 ▲6四歩(第6図)

▲6四歩と取り込まれたらよくないので、△6五歩ですが、▲6八飛が狙いの手です。
△6二飛では△7三桂もあるところです。(実戦例参照)この進行は、▲4六角と急
所に角を打ち、先手が指せそうな感じです。▲6八飛では、単に▲4六角と打つ手も
ありそうです。

CapD20111202_2.png

実戦例 将棋倶楽部24高段者の対局より



1つでも役に立つことがありましたら、クリックしていただければ幸いです。
にほんブログ村 その他趣味ブログ 将棋へ
にほんブログ村

スポンサーサイト
2011.12.02 / Top↑
TrackBackURL
→http://sutekisangen1.blog76.fc2.com/tb.php/191-dd5a1cc9

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。