上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
基本の受け方

三間飛車に対して、右四間で来られた場合には、第1図のように5八金・6八銀の
形で受けるのがわかりやすい
です。(4二玉の時に仕掛けられる恐れもあるので、
美濃囲いを完成させる前にこの形にするのが安全です。)


Cap20111013.png

第1図から、

△6五歩 ▲同歩 △同銀(第2図)

△6五歩の仕掛けは、▲同歩と取って大丈夫です。△同銀では、△8八角成りとし
てから△同銀とする指し方もあります。(同様に進めば、第3図で銀が2二か3一
なのかが違ってきます。)

▲2二角成り △同銀 ▲7七銀(第3図)

振り飛車側から、角を交換して▲7七銀と指すのが定跡です。これは知らないとな
かなか指せないと思いますので、ぜひ覚えておきたい受け方です。


Cap20111013_1.png

第3図から△6六歩に、(1)▲6八飛と(2)6八歩の受けがあり、どちらも有力です。

(1)▲6八飛(第4図)

第4図では、△4五角が気になります。これには、▲9八角が定跡の受けです。後手
は、これ以上攻め切れません。

以下、△3五歩 ▲4六歩 △3四角 ▲8六歩△3三銀 ▲7五歩 △4二金 
▲4七銀(第5図)と進んだのが鈴木大-杉本戦(2009.8)です。

この形では、角が3四にいる為に、▲4七金と高美濃にはできません。▲4七銀・▲
3八金の囲いがよく用いられています。後手の弱点である角頭を攻めていく狙いもあ
ります。


Cap20111013_2.png





(2)▲6八歩(第6図)

△3三銀 ▲8八飛 △4二金 ▲8六歩 △7二金 ▲8五歩(第7図)

▲6八歩とへこまされた形になりますが、▲6八飛の形と比べて、飛車が活用しやす
いのが利点です。ここから、向い飛車にする手がよく指されています。

後手が5五~7三のラインに角を打って、先手玉のコビンを攻める筋には注意が必
要です。

Cap20111013_3.png




スポンサーサイト
2010.10.11 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://sutekisangen1.blog76.fc2.com/tb.php/19-29ca334a

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。