上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
左美濃6三銀・5四歩型への仕掛けを多く取り上げてきましたが、アマの対局では、
5四銀型も多いようです。△5四銀と上がる為には、▲7四歩を受ける為に△8四
飛と浮くのが普通です。

「石田流対左美濃 8四飛・5四銀型2 」では、第1図から▲6五歩と仕掛けた
e-yazawa4さんの対局を簡単に紹介しましたが、今回は、もう少し詳しく見てみます。


第1図から、

▲6五歩 △同歩 ▲7四歩 △同歩 ▲3三角成り △同桂 ▲7七桂(第2図)

第1図は、後手に離れ駒がない形なので、普通は様子を見るところですが、▲6五
歩と仕掛けました。▲7四歩と突き捨てるのが、捌くためには大切な手です。角交
換から、桂馬を跳ねて力を貯めます。


CapD20111021.png

第2図から、

△6九角 ▲6五桂 △8七角成り ▲6六飛(第3図)

△6九角は、当然の反撃。先手は忙しくなってきました。

ここで▲6五桂と跳ねるのがポイントです。ここからの攻めを繋げていくテクニック
は参考になると思います。

※△6九角で△8八角でも、▲6五桂 △9九角成り ▲5三桂成り △同金 ▲6二角 △8三飛 
 ▲7四飛と攻めていく手があります。


第3図から、

△6四歩 ▲5三桂成り △同金 ▲6二角(第4図)

△6四歩では、△7七馬も考えられます。△6四歩に、▲5三桂成り~▲6二角(第
4図)と攻めました。


CapD20111021_1.png

第4図から、

△8三飛 ▲8四歩 △6三飛 ▲7一角成り(第5図)

先手は、飛車を攻めながら手を作っていきます。

第5図から、
△7三桂 ▲8三歩成り △6五桂 ▲8四と(第6図)

桂馬を逃げるのは仕方がないところですが、と金ができたのは大きいでしょう。第6
図は先手面白いと思います。

以上、第1図からの▲6五歩の仕掛けを見てみました。しかし、ぎりぎりの攻めです
し、第3図から△7七馬への対応はどうするかなどの問題もあります。手待ちをしな
がら、後手が銀冠に組み替えるなどして、離れ駒ができたら開戦するのが実戦的だと
思います。


CapD20111021_2.png



1つでも役に立つことがありましたら、クリックしていただければ幸いです。
にほんブログ村 その他趣味ブログ 将棋へ
にほんブログ村

スポンサーサイト
2011.10.21 / Top↑
TrackBackURL
→http://sutekisangen1.blog76.fc2.com/tb.php/184-6a28506e

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。