上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
第1図は、将棋倶楽部24で最高レートが3150超えの方同士の対局からです。先手
が二枚銀に対して、浮飛車にしないで▲7六銀と上がったところです。

銀上がりが少し早いように感じますが、次に△4二金なら▲8六歩(第2図)と突
き、▲7七角~▲8八飛として、飛車先を逆襲する狙いがあります。


CapD20110911.png

なので、第1図からは△8五歩 ▲7七角(第3図)と進みました。

第3図の局面から、△5五歩(第4図)と5筋の位を取ったのが大山-山口戦(1985
年)
です。当時は、居飛車は位を取る指し方が多かったです。


CapD20110911_1.png

最近は、△7四歩(第5図)と7筋の歩を交換する手が指されています。

▲同 歩 △同 銀 ▲7五歩 △6三銀 ▲4六歩(第6図)


CapD20110911_2.png

△7三桂型に対する端の攻防

△9四歩 ▲9六歩 △7三桂 ▲9五歩(第7図)

後手は、8二飛のままで△7三桂と指しましたが、△8四飛と浮いてから△7三
桂として、△6五歩を狙うのがよくある指し方です。

先手は、後手の形を見て▲9五歩と端に手をつけました。

この手は、普通は成立しないものです。

級位者の頃には、△同歩 ▲同香 △同香 ▲同角で、▲7三角成りがあるので攻
めきれると、勝手読みをしてしまい、何回か痛い目にあったものです。

もちろん、▲同香には△9四歩(第8図)と受け、


CapD20110911_3.png

▲同香 △同香 ▲9五歩に△8六歩と突き捨てて、▲同角に△8四香(第9図)
と打つのが有名な手筋
です。

▲7四歩 △8六香 ▲7三歩成 △8七香成 ▲8三歩(第10図)

先手は第9図から、▲7四歩に期待しました。△8七香成りに、▲8三歩と指すの
が好手です。


CapD20110911_4.png

△同飛 ▲同と △7八成り香 ▲7三と △8八飛(第11図)

この分れはかなりいい勝負だと思います。実戦では、以下▲7五桂と打ちましたが、
△7二銀(第12図)が受けの妙手で、後手優勢になりました。


CapD20110911_5.png



1つでも役に立つことがありましたら、クリックしていただければ幸いです。
にほんブログ村 その他趣味ブログ 将棋へ
にほんブログ村








スポンサーサイト
2011.09.11 / Top↑
TrackBackURL
→http://sutekisangen1.blog76.fc2.com/tb.php/174-03908340

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。