上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
(2)▲4四歩

▲4四歩(第1図)は、馬に紐をつけるとともに、馬を切った後の▲4三歩成りを
見せています。菅井-糸谷戦でも、23手目に、似た局面で▲4四歩と指されており、
この形で有力となる手です。

後手は、△7二銀が自然ですが、▲5六角(第2図)と引いた局面で、指す手が難
しいです。△2五飛なら、▲6一馬 △同玉 ▲4三歩成りで、少し先手がよさそ
うです。5六の角がよく利いていて、飛車は2九に成れません。


CapD20110716.png


(3)▲2四歩

▲2四歩 △同歩(第3図)と突き捨てる手も考えられます。▲2二歩が狙い筋で
すが、すぐに▲2二歩は、△同飛 ▲2一角成り △同飛 ▲同角成りに、△3三
角と打たれて、先手苦戦となります。

第3図から、▲7七桂 △7二銀としてから、▲2二歩と打った方がよく、上と同様
に進んだ時、△3三角には▲7八銀と守ります。以下△3二銀には、▲2二飛(
第4図)があります。△4八飛切り~△3一金が見えますが、難解だと思います。


また、▲2四歩を突き捨ててから▲4四歩は有力で、24強豪の対局では先手の勝率
が高いです。(詳しくは、解説の棋譜をご覧ください)

CapD20110716_1.png


(4)▲3六歩

▲3六歩(第5図)は、桂の活用を図る手です。後手の応手は、△3五歩、△7二
銀、△4七歩、△4二歩などが考えられます。

△7二銀なら、▲3七桂 △4六飛 ▲4七金 △4三飛 ▲同角成り △4二飛 
▲同馬(第6図)が進行例で、形勢不明でしょう。


CapD20110716_2.png


(5)▲3二馬

いきなり▲3二馬(第7図)もある手です。△同銀に、▲8三角成りが狙いです。
以下、△8五飛 ▲5六馬 △8七飛成り ▲7八銀(第8図)でいい勝負だと思
います。


CapD20110716_3.png





1つでも役に立つことがありましたら、クリックしていただければ幸いです。
にほんブログ村 その他趣味ブログ 将棋へ
にほんブログ村




スポンサーサイト
2011.07.16 / Top↑
TrackBackURL
→http://sutekisangen1.blog76.fc2.com/tb.php/164-08417b6c

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。