上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
石田流で▲3八銀と上がった瞬間に、△6五歩と仕掛ける手を、第1図と第2図の
局面について考えてみます。


CapD20110321.png


第1図の△6五歩は、4二玉型なので無理な感じがする手です。
この手に対しては、強く▲同歩と取って大丈夫そうなので、その手を中心に調べて
みます。

△8八角成り ▲同銀に、△2八角と打つのは、▲5五角(第3図)と打ちます。
以下、角の成り合いは、▲1一角成りが桂取りになるので先手がいいでしょう。

後手は、△6七角(第4図)の方が有力ではないかと思います。


CapD20110321_1.png


第4図から、▲3九玉は、△5四銀(第5図)で先手の指し手が難しいです。


▲7九飛 △5四銀 ▲5八金左 △4五馬(第6図)
も考えられます。馬の睨みがきついので後手が指しやすいかもしれません。


CapD20110321_2.png

△6七角に対しては、▲7七角が有力だと思います。

以下、△3三桂と角成りを防ぎ、▲6八飛に△4五角成(第7図)が進行例です。

△4五角成りのところで△8九角成りと桂馬を取るのは、▲6四歩~▲6三歩成り
で先手が指せそうです。

第7図からは、

(1)▲6四歩 △5二銀や、

(2)▲7九銀 △6二飛 ▲7八銀(第8図)

などの進行が考えられます。後手は馬を作りましたが、先手は一歩得で、形勢は互
角だと思います。


第1図での△6五歩は、無理な感じのする手で、プロの公式戦では指されたとこは
ない
と思います。しかし、今回検討しなおしてみて、意外に大変で、研究しておく
必要があると感じました。


CapD20110321_3.png






次に、第2図での△6五歩を考えてみます。

後手玉は3筋にいるので、第1図よりは仕掛けやすいかもしれません。


まず取る変化を調べてみます。

▲同歩 △8八角成り ▲同銀 △2八角 ▲5五角(第9図)

第9図から、

△1九角成りに、▲1一角成りは△2二銀で悪いので、▲7四歩でしょう。

後手は、△5四歩と催促して、

▲7三歩成り △同銀 ▲同角成り △同桂 ▲同龍 △7二飛(第10図)

これは後手が少しいいと思います。


CapD20110321_4.png


次に、△6五歩を▲同歩と取らないで、▲3九玉と指す手を考えてみます。
これに対しては、(1)△6六歩と(2)△6六角が有力です。


(1)-1 △6六歩 ▲6八飛 △6三銀 ▲6六角(第11図)

第11図から△同角は、▲同飛が銀取りの先手になるので、△5二金か△6二飛でし
ょうが、形勢互角だと思います。


△6六歩に、▲6八銀も考えられます。

(1)-2 △6六歩 ▲6八銀 △6三銀 ▲7六飛(第12図)


CapD20110321_5.png

続いて、

△6二飛 ▲6六角 △5四銀(第13図)

以下、▲6七歩か、▲2二角成り △同銀 ▲7八金として受ける手などが考え
られます。これは、互角の戦いでしょう。


(2)△6六角 ▲5八金 △8八角成り ▲同銀 △6三銀(第14図)

これもいい勝負ですが、玉が堅い振り飛車は不満ないと思います。


CapD20110321_6.png


第2図での△6五歩に対しては、▲3九玉とする手が安全で、きちんと指せば互角
以上にはなりそうです。



1つでも役に立つことがありましたら、クリックしていただければ幸いです。
にほんブログ村 その他趣味ブログ 将棋へ
にほんブログ村







スポンサーサイト
2011.03.21 / Top↑
TrackBackURL
→http://sutekisangen1.blog76.fc2.com/tb.php/137-0d23f18e

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。