上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
石田流本組に対しては、銀冠に組み、千日手狙いの△9二飛が難敵でした。


そこで、7七角型の石田流で対抗する形が登場してきました。角は9筋にいないの
で、△9二飛から千日手を狙う作戦はできません。


実は、7七角型石田流は、△6三銀型の銀冠に相性が良いのです。飛車が8二にい
る時だけでなく、浮き飛車や袖飛車に対して、▲6五歩から捌きを狙って十分に戦
えることがわかりました。



実戦に現れた7七角型石田流の▲6五歩の捌きを紹介します。


CapD20101031_5a.png

第1図(2009年8月順位戦)は、8二に飛車がいる時に▲6五歩と突いた局面です。

△6五同歩なら▲同銀として、次に▲7四歩の攻めがあります。△7七角成りなら
▲同桂で、桂馬が捌けます。


実戦は、△6二飛 ▲3三角成り △同桂 ▲7一角で馬が作れました。(第2図)



第3図(2010年3月王将戦)は第1図に似ていますが、5筋の形と端歩が違います。

CapD20101031_6.png

△5四歩 ▲6四歩 △同 銀 ▲6五歩 △7七角成
▲同 飛 △5三銀 ▲7四歩  (第4図)

第3図から△6五同歩や△6二飛が有力とされていましたが、羽生名人は、△5四歩
と指し第4図となりました。まだまだ難解な形勢です。

棋譜リンク



第5図(将棋倶楽部24での対局)では、居飛車が浮き飛車の時に▲6五歩と突きま
した。


CapD20101031_7.png

△同歩   ▲同銀  △6四歩  ▲7四歩  △7四歩  ▲3三角成り
△同桂   ▲6六角 (第6図)


これは、久保二冠や勝又六段が、将棋世界で紹介した攻め筋です。

第6図から△7五角に、▲7四銀と指す手が絶妙手で、先手が捌けます。

棋譜リンク



第7図(2009年4月大和証券杯)は、居飛車が△7二飛と袖飛車の攻めを狙ってきた
局面です。


CapD20101031_8.png


山崎七段は△4四歩と角道を止めましたが、仮に後手から△7四歩とするのは、

▲同歩 △同銀に、▲6五歩 (変化図)

と捌きを狙われ、これは先手が指せそうです。


棋譜リンク


7七角型石田流の▲6五歩からの捌きを警戒して、居飛車側は、角道を止めて戦う
などの形が指されるようになりました。


7七角型は、▲6五歩とするチャンスがなかった場合でも、▲5九角~▲3七角と
転換して指す指し方もありますので、臨機応変に構えておくのがよいと思います。

また、勝又六段が書かれているように、居飛車が6四歩型なら7七角型、5四歩型な
ら9七角型と使い分ける
のがよいでしょう。


スポンサーサイト
2011.03.16 / Top↑
TrackBackURL
→http://sutekisangen1.blog76.fc2.com/tb.php/136-0e8ebd65

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。