上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
四間に振りなおしての攻め

第1図は、三間飛車から四間飛車にして、△4五歩と仕掛けたところです
一見、攻め切れそうにないのですが、

▲同 歩 △1五角(第2図) 

△1五角と出た手が先手陣の隙をついた手です。


CapD20110201.png


少し進んで、第3図の△4五桂と跳ねた局面は、先手は収めるのが大変になっていま
す。(これは後手がうまくいきすぎており、先手の応手に問題があったと思います。)

△1五角は、5四金型三間飛車でもありましたが、対糸谷流でよく出てくる筋なので、
覚えておきたいです。

別の対局では、四間飛車に対して第4図のような陣形を取っており、このように構え
られると△4五歩の仕掛けは難しいと思います。


CapD20110201_1.png



角を3七に転換させての攻め

第5図は、穴熊にして、▲3七角と転換させ、玉頭から集中攻撃の構えです。次に▲
7七桂と跳ねたいところですが、△7四金に対しては、飛車を7八に引くしかありま
せん。糸谷流には棒金の筋があるので、浮き飛車にはこだわらない(桂馬を早めにあ
げない)方がいいです。


CapD20110201_2.png


第6図から、

△8六歩 ▲同 歩 △7五金 ▲7七金 △8六金 (第7図)

後手の棒金で、先手の8筋が破られてしまいました。しかし、▲6五歩と急所の歩を
突いて反撃しました。ここから攻めきるのは、かなりの力が必要ですが、第8図の
▲8二歩が決め手(取れば▲7一銀)となり、先手が快勝しました。


CapD20110201_3.png


1つでも役に立つことがありましたら、クリックしていただければ幸いです。
にほんブログ村 その他趣味ブログ 将棋へ
にほんブログ村








スポンサーサイト
2011.02.01 / Top↑
TrackBackURL
→http://sutekisangen1.blog76.fc2.com/tb.php/118-33aaa6db

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。