上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
今回は、△7四歩に対して▲4五飛(第1図)と指す手を研究してみます。

後手は、▲4三飛成りを受けますが、①△3二金 ②△4二玉 ③5二玉が考
えられます。

※後に第1図からは、△8八角成り ▲同銀 △3三角と指すのが正しいとされた。
 (「久保流急戦3」参照)


①△3二金は、▲2二角成り △同銀 ▲5五角 △6四歩に、▲4三飛成り
(第2図)で先手有利です。


CapD20110113.jpeg


△4二玉も疑問手です。同じように▲2二角成り △同銀 ▲5五角(第3図)
と攻め、△ 3三角の受けには、▲8二角成りと飛車を取ります。

続いて、△同金 ▲8五飛 △8三歩 ▲7七歩 △9四角 (第4図)


CapD20110113_1.jpeg

▲6五飛 △7三桂 ▲2五飛 △6七角成り ▲7八銀 △9四馬 
▲6一飛 (第5図)

△9四角には、1回▲6五飛と指すのがポイントで、△6七角成りを受けながら、
△7三桂と跳ねさせます。以下、馬を作られますが、▲6一飛と打ち込んだ局面
は先手がいいでしょう。▲6一飛と打てたのは、△7三桂と跳ねさせた効果です。

③上の変化があるので、第1図からは△5二玉と指すのが正解です。これなら同
様に進んだ場合に▲6一飛と打たれません。

久保-豊島戦(2009年10月王将戦)では、△5二玉(第6図)から、②と同じよ
うに進み第7図となりました。


CapD20110113_2.jpeg

この場合でも、やはり1度▲6五飛と指して△7三桂と跳ねさせます。
△7三桂には▲9五飛と逃げましたが、これは後に△9四馬と引かれた時に▲同
飛と取れるようにする為です。

第8図までがこの形では定跡化され、将棋倶楽部24高段者の将棋では、指定局面
のように指されていました。

ここからはいろいろ手が分かれます。第8図から後手は、馬を逃げる手しかあり
ませんが、(1) △6六馬(2) △9四馬、どちらも指されています。


CapD20110113_3.jpeg


(1)△6六馬には、▲9六飛と馬にあてますが、これに対しては、△4四馬 △
5五馬 △2四歩
などが指されています。

久保-豊島戦では、△6六馬と逃げ、

▲9六飛 △4四馬 ▲3八銀 △6四歩 ▲8六歩 △8四歩 
▲8五歩 (第9図)

と進みました。後手の馬の力も大きいですが、先手は持ち駒に飛車があるので、
ほぼ互角の戦いでしょう。


坂口-横山戦では、▲9六飛に、△5五馬と逃げ、以下、

▲7六飛 △2四角 ▲7四飛 △6五桂 ▲5八金右 (第10図)

と進みました。この将棋は快調に攻めた後手が優勢に進めています。


CapD20110113_4.jpeg

(2)△9四馬には、▲同飛と馬と飛車を交換します。
 
久保棋王の講座では、以下、△同歩 ▲3八銀 △3一銀 ▲3九王 △3二銀 
▲6八金で、互角。 ゆっくりした戦いになると書かれています。


後手が、先手の8筋を狙う手もよく指されています。将棋倶楽部24 八段同士の
対局では、

△同 歩 ▲3八銀 △8四歩 ▲3九玉 △8五歩 (第11図)

▲2八玉 △6六角 ▲6八金 △8六歩 (第12図)

と、後手が8筋の歩を突いていきました。

第12図は、先手の受けが難しそうです。


CapD20110113_5.jpeg

しかし、同一カードで第11図から、▲8四飛と指した将棋もあり、以下、

△7一銀 ▲7四飛 △8六歩 ▲8四飛 △6六角
▲8六飛 △5七角成 ▲2八玉 (第14図)

となりました。先手は馬を作られましたが、玉形に差があるので、これはいい
勝負だと思います。


CapD20110113_6.jpeg

参考文献 将棋世界2010年3月号 久保二冠の講座「さばきのエッセンス」


1つでも役に立つことがありましたら、クリックしていただければ幸いです。
にほんブログ村 その他趣味ブログ 将棋へ
にほんブログ村











スポンサーサイト
2011.01.13 / Top↑
TrackBackURL
→http://sutekisangen1.blog76.fc2.com/tb.php/114-9b21f9b8

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。