上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
早石田5八玉の将棋を、私の実戦から紹介します。

早石田の形から、7手目に▲7四歩と突き捨てて▲5八玉と上がる手は、昨年話
題になりました。

第1図から、後手は△3二金や、中村亮-瀬川戦で指された△6二銀などがあり
ますが、△7二飛と7四の歩を守るのが1番多く指されていると思います。

△7二飛に、▲2二角成 △同 銀に、▲8三角までは一本道。ここで、後手は
角を打つ手が考えられますが、3三・4四・5五・5四とどこに打つのか迷うと
ころです。

実戦では△5四角と打ってきました。(第2図)


CapD20110105.png

第2図からすぐに▲7二角成りと指すのは、△同銀 ▲7四飛 △8七角成りと
されて先手自信がありません。

ここから▲8二飛(変化図1)と攻めても、△8三角と打たれて、▲7三歩に
△7一金(変化図2)とされて失敗します。


CapD20110105_1.png

なので、第2図からは▲7四飛と指す手が定跡化されています。

以下、
△8七角成 ▲7八銀 △8八馬 ▲7二角成 (第3図)

△8七角成りに対しては、▲7八銀の他に▲7八金と指す手や、手抜きも考えら
れます。△8八馬と指したところで▲7二角成りと飛車を取りました。


CapD20110105_2.png


△同 銀 ▲8二飛 △7三銀 ▲8一飛成 △7四銀 ▲7三桂 (第4図)

▲8二飛と打ち込んだ手に対しては、△9四角(変化図3)もありそうで、これ
に対しては、▲同飛 △同歩 ▲7七角 △同馬 ▲同桂(変化図4)でいい勝
負でしょう。

実戦では、△7三銀と飛車の両取りをかけられましたが、▲8一飛成りと桂馬を
取って▲7三桂(第4図)に期待しました。

実は、ここまでは「相振りレボリューション」に載っており、研究範囲でした。こ
の局面は、杉本七段は先手有利としています。しかし、飛車・桂交換のこの局面
で果たして先手が攻めきれるか不安もあるところです。


CapD20110105_3.png

第4図から、△4二玉 ▲6一桂成の後、△7七歩 ▲同 桂 △7六歩と、後
手は先手玉に近い所に嫌味をつけてきました。以下、▲7二龍 △3三玉と進ん
で第5図となりました。

▲7四龍 △7七歩成 ▲同 銀 △8七馬 ▲7八歩 
△8九飛 ▲9八銀 (第6図)

△7七歩成に▲同銀で、龍の利きがあるので銀は取れず、△8七馬としてきまし
たが、ここは普通に△9九馬だったら難しく、自信はありませんでした。▲7八
歩では、4五に金か銀を打って攻めるべきだったかもしれません。

この後の△8九飛は悪手で、▲9八銀と馬・飛車両取りで先手がはっきり良くな
ったと思いました。


CapD20110105_4.png

第6図から、後手は△6五角と打ってきました。ここで▲6五龍と角を取るのは、
△6九龍で大変になってしまいます。▲3四龍と後手玉を不安定な形にしてから
▲8九銀と飛車を取るのが好手順
です。後手の角と馬は働きにくいし、飛車の打
ち込む隙もなく、先手優勢でしょう。以下、そのまま押し切ることができました。


参考文献 「相振りレボリューション」毎日コミュニケーションズ


1つでも役に立つことがありましたら、クリックしていただければ幸いです。
にほんブログ村 その他趣味ブログ 将棋へ
にほんブログ村





スポンサーサイト
2011.01.05 / Top↑
TrackBackURL
→http://sutekisangen1.blog76.fc2.com/tb.php/112-762d46fa

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。