上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
本間四段の対策

週刊将棋の企画で行われたアマプロ平手戦で、本間四段と楠本氏が対戦したこと
があります。本間プロは楠本式を知っていて、あえて居飛穴にしたというスリリ
ングな対戦になりました。

本間プロの対策は、▲6六銀(第1図)と出て▲7五歩と突き、△7四歩をとが
めようというものでした。

第1図から、
△5一角 ▲7五歩 △同 歩 ▲同 銀 △3四飛 ▲7四歩 (第2図)

▲7五銀~▲7四歩と玉のコビンに歩を垂らして、先手が作戦勝ちのように思え
ますが・・・


CapD20101222.png

第2図から、
△3三桂 ▲2六飛 △4五歩 ▲5九金 △6五銀 (第3図)

後手の△4五歩~△6五歩が先手の意表をついた反撃で、先手は▲7四歩を守る
手段がありません


第3図から、
▲5五角 △9二玉 ▲6八金上 △2四歩 ▲同 歩 △2五歩
▲2八飛 △2四飛 ▲2七歩 △7四銀 ▲同 銀 △同 飛 (第4図)

長く進めましたが、後手は、手筋の△2四歩~△2五歩を利かして、▲2七歩と
謝らせてから△7四飛と拠点を奪回しました。第4図以下は楠本氏が快勝してい
ます。

居飛穴が▲6六銀型で来た場合には、かなけんシステムにする指し方もあります
が、本譜の差し回しも参考になると思います。


CapD20101222_1.png



陣形を工夫して、引き角で対抗する

「奇襲大全」には、楠本流が有名になるにつれて、
①6筋の歩はつかない。
②右金は玉の守備につける。

など、相手が工夫するようになったと書かれています。

それらに加えて、
引き角にする。(6四・7五・8六に角の睨みを利かせる。)
▲7四歩の決戦には△同歩と取り角を空成りさせる。

が有力な対策だと思います。(他に5筋の歩突きを保留して角道を通したままで
居飛穴にする指し方も有力です。)


第5図で、△7四同飛から飛車交換するのは、楠本流にとっては有難く、先手有
利になることは今まで解説してきました。

では、△7四同歩と取り、角を空成りさせた第6図はどうでしょうか。離れ駒が
ある。角道が止まっていて、角が働きにくい。攻める手段が難しい。などの理由
から、居飛穴側が大変な形勢だと思います。

後手は、陣形を工夫する必要があるのです。


CapD20101222_2.png

第7図は、居飛穴が①~③の対策をしてある所に、△3六歩と決戦にいった局面
です。

この場合は△3六歩は悪手となってしまいます。角を空成りさせた後に4六銀
出る手があります。

以下、△4五歩 ▲3五銀 △5四飛に、▲7七角で先手が優勢です。


CapD20101222_3.png

第9図は先手▲6五歩と突いてある形です。後手は①~③の対策をした陣形で
す。ここでの▲7四歩はどうでしょうか。

△同歩 ▲9一角成り(第10図)となりますが、ここから後手は△7五歩と突
いてもいいですし、△9五歩や△3二金と陣形を整備しながら、機を見て△8
六歩からの仕掛けもあります。


CapD20101222_4.png

第7図や第9図からの▲7四歩(△3六歩)は指し過ぎになってしまいます。

攻めるのが無理だととすれば、玉を堅める手が考えられます。しかし、楠本流
の囲いは、▲2六歩から銀冠にするくらいで、さらに穴熊にするには手損にな
ってしまいます。それなら初めから1八玉型にしない方がよかったということ
になります。このあたりに楠本式の限界があると感じています。


 参考文献
「奇襲大全」毎日コミュニケーションズ



ランキングに加入しました。1つでも役に立つことがありましたら、クリック
していただければ幸いです。

にほんブログ村 その他趣味ブログ 将棋へ
にほんブログ村




スポンサーサイト
2010.12.22 / Top↑
TrackBackURL
→http://sutekisangen1.blog76.fc2.com/tb.php/110-2fd19aeb

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。