上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
久保棋王がタイトル戦で、三手目▲7五歩から9手目に▲7六飛(第1図)と浮く形を
続けて指しています。当ブログ『早石田菅井新手 4』で、この形について簡単に触
れていますが、新手も出ているのでまとめてみたいと思います。

初手から、
▲7六歩 △3四歩 ▲7五歩 △8四歩 ▲7八飛 △8五歩
▲4八玉 △6二銀 ▲7六飛(第1図)

第1図は公式戦で十数局現れていて、▲7六飛に後手は全て△8八角成りと指してい
ます。角交換してこなければ、▲6六歩あるいは▲7七桂と指して石田流にできるので
先手十分です。

第1図から、
△8八角成 ▲同銀 △4二玉(第2図)

▲同銀に後手の指し手は、△4二玉△2二銀(△3二銀)に分かれます。プロの対局
では、以前は△4二玉がほとんどでした。しかし、最近は△2二銀が多くなっています。
その理由は次回に説明しますので、今回は△4二玉を検討したいと思います。 なお、
▲同銀に△4五角は、▲5五角で香取りが受からず後手不利です。

第2図で先手の有力手は、▲3八玉と▲7七桂が考えられます。 どちらかと言えば、
▲3八玉は升田式石田流を目指す手(▲3八玉の位置で急戦を仕掛けた実戦例もあり
ます。)で、▲7七桂は急戦指向の手です。

CapD20120229.png

スイッチバック自陣角

第2図から、
▲7七桂 △3二玉 ▲5五角(第3図)

△3二玉に▲5五角が久保-羽生戦(2010.7)で指された手です。似た手は、久保-松
尾戦(2010.1)でも指されましたが、その時には▲7四歩 △7二金の交換を入れてから
▲5五角と指しています。その対局では後手が勝利しており、改良版といえましょう。

第3図から、
△2二角 ▲4六角(第4図)

▲5五角に△2二銀は、▲7四歩の攻めが厳しそうです。(実際には、△7二金・△6四角
・△5四角などの手があり難しいです。)△2二角の受けに▲4六角と引くのが、スイッ
チバック自陣角
と名前がついた手です。

CapD20120229_1.png

第4図から、
△4二銀 ▲3八銀 △8四飛 ▲3九玉 △6四歩 ▲7九銀(第5図)

△4二銀には、▲7四歩といきたくなります。しかし△7二金と受けられると、▲6五桂
と跳ねられない(△8八角成りがある。)ので、うまくいきません。△8四飛~△6四歩
と指されては、簡単には攻め切れません。▲7九銀から銀を繰り替えて陣形を整備
しにいきました。

少し進んで第6図となりました。先手は3七角型の石田流にしました。居飛穴や銀冠に
させないで、この形に組めれば先手は満足でしょう。

羽生二冠は、この指し方を優秀だと感じられたようで、1ヶ月後に、今度は先手番を持
って第17図と同一局面を指しています。(2010.8 羽生-佐藤戦)

CapD20120229_2.png




中村太五段の対策

羽生-佐藤戦の約一週間後、永瀬-中村太戦(2010.8)でこの形になり、15手目ま
で同一手順で進みました。▲5五角に対して中村四段(当時)が指したのは、香取りを
受けないで△5四角(第7図)と打つ手でした。これは飛車取りになっているので、先手
は飛車を逃げなければなりません。永瀬四段は▲6六飛と逃げました。

第7図から、
▲6六飛 △2二銀 ▲3八銀 △3三銀 ▲5六歩 △4四歩 ▲3九玉 △7二金
▲7四歩 △8四飛(第8図)

後手は、△2二銀~△3三銀として先手の角を狙いにいきました。▲5六歩は角の逃げ
道を作る手です。ここで△4四銀では角が動きにくくなるので、△4四歩と指しました。

先手は、▲7四歩と飛車のコビンを狙いましたが、△8四飛で後続がありません。第8
図は、先手と後手の飛車角の働きに差があり、後手が指しやすいでしょう。

CapD20120229_3.png

この対局の後、将棋倶楽部24強豪の方が第7図から、▲5六飛▲2六飛と逃げる手
を指していました。

▲5六飛には、△2二銀 ▲3八銀 △3三銀に、▲3六歩(第9図)と角の逃げ道を開
けますが、△4四銀で先手は苦しそうです。

▲2六飛には、やはり△2二銀 ▲3八銀 △3三銀(第10図)と進み、ここで▲3六歩
は突き辛く、▲3九玉か▲7八金くらいですが、△8四飛あるいは△4四銀で後手のペー
スでしょう。

永瀬-中村太戦以後、公式戦で第3図は出現しておらず、△5四角はかなり有力な対
策のようです。

CapD20120229_4.png




1つでも役に立つことがありましたら、クリックしていただければ幸いです。
にほんブログ村 その他趣味ブログ 将棋へ
にほんブログ村

スポンサーサイト
2012.02.29 / Top↑

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。