上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
『4三銀型への4五歩早仕掛け(4)』では、第1図の仕掛けを調べました。第2図
となり、▲4四歩 △同銀で、後手指せるとしましたが、ここでは▲2一馬と桂馬を
取る手が本筋のようです。▲2一馬に、△3七歩成りは当然として、次は(1)▲4四歩
と(2)▲3二馬が考えられます。


CapD20111123.png

(1)▲4四歩(第3図)の変化 

▲4四歩には、△2八とと飛車を取る手と、△4八とと銀を取る手の二通りがありま
す。

①△2八と ▲4三歩成り △3八飛成り ▲5二と △同金 ▲4四桂(第4図)

▲4三歩成り~▲5二とと金・銀を取られます。以下、△6二金に▲5二金と攻めを
続けられて、後手がやや苦しそうです。


CapD20111123_1.png

②△4八と ▲同飛 △3九飛成り ▲4三歩成り △5七銀 ▲5二と 
 △4八銀成(第5図)

△4八とには、▲同飛と取ります。△3九飛成り ▲4三歩成りと攻め合うのは、△
5七銀で後手が指せると思います。第5図の△4八銀成が△6九龍以下の詰めろとな
っており、▲6一ととは指せません。

なので、第5図以下は、▲4八同金と取りますが、 △同龍 ▲5八金打ち △同龍
▲同金に、△5二金(第6図)と手を戻せば、後手がよさそうです。


CapD20111123_2.png


(2)▲3二馬(第7図)の変化

▲3二馬 △2八と ▲2三馬(第8図)の局面で、△7九角成り △1五角 △2七
飛などがあり、迷うところです。


CapD20111123_3.png

△7九角成りと決めに行く手が成立すればいいのですが、△7九角成り ▲同金 △
3八と ▲5七銀に、△4七歩(第8図)でどちらが勝っているのかよくわかりませ
ん。第8図から、△1五角、△2七飛も優劣不明で難解だと思います。


CapD20111123_4.png

後手三間飛車4三銀対4五歩早仕掛け △3五歩反発型についてまとめてみました。
形勢判断には自信がありませんが、参考にしていただければと思います。



1つでも役に立つことがありましたら、クリックしていただければ幸いです。
にほんブログ村 その他趣味ブログ 将棋へ
にほんブログ村



スポンサーサイト
2011.11.23 / Top↑

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。