上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
先月、久保二冠の新刊『久保の石田流』が発売されました。しかし、売り切れた
のか、市内の書店を探し回っても見つけられませんでした。昨日、電車で1時間
ほど行った某市の書店でやっと1冊見つけました。(欲しかったのですが、その
本は汚れていたので、買うのは見送りました。)

ざっと立ち読みした感想を書いてみます。本書は、将棋世界の講座「さばきのエ
ッセンス」
をまとめたものですが、実際に見てみたら、かなり手を加えていると
感じました。例えば、久保流急戦(早石田久保流)について、講座では△7四歩
に▲4五飛が本筋とされていましたが、本書では▲4五飛では先手不利と書かれ
ています。

これだけの内容をまとめた本なので、広く浅くといった感じは否めません。レベ
ルの高い方には不満な点もあるでしょう。しかし、最新の石田流についての基礎
知識を知りたい方にはかなりお勧めの本だと思います。


▲4五飛の変化はプロレベルでは消滅


さて、久保流急戦ですが、従来は△7四歩に▲4五飛(第1図)と回り、△5二
玉と受けるのが定跡になっていました。しかし、研究が進み、▲4五飛はよくな
いことがわかりました。

第1図から、△8八角成りが気づき難い手で、▲同銀に、 △3三角(第2図)と
されると、「先手まったくだめ。」なのだそうです。2009年12月頃から将棋倶楽
部24で、この手は見かけていましたが、これでプロ的には、▲4五飛の変化が消
滅していたとは、『久保の石田流』を読むまで知りませんでした。


CapD20110421.png

第2図からは、▲7八金 △3二銀 ▲4六飛に△2四歩(第3図 ▲3六飛に
は△2三銀を用意)とじっくり指せば、後手陣はしっかりした形、しかも一歩得
なので、後手十分でしょう。△2四歩のところで△4四歩は、▲5五角(第4図)
と打たれるのが嫌味です。


CapD20110421_1.png


△7四歩には、▲同飛(第5図)と取るのが正しく、『久保の石田流』には、この
手で久保流は生き残っていると書かれています。

第5図以下の変化は、当ブログ「久保流急戦1」に解説していますので、そち
らを参考にしてください。

CapD20110421_2.png

 ※参考棋譜※


1つでも役に立つことがありましたら、クリックしていただければ幸いです。
にほんブログ村 その他趣味ブログ 将棋へ
にほんブログ村

スポンサーサイト
2011.04.21 / Top↑

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。