上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
今回は、実戦から糸谷流対策のヒントになりそうな将棋を紹介します。

△5四金型三間飛車

金を4段目に上げ、中央を厚くする指し方は、糸谷流に対して有力だと思います。
第1図から、後手は△5一角と引き、飛車先の歩を交換して△3四銀と出ました。
ここからは、いろいろな攻め方がありますが、▲2七金と出た瞬間の△2四歩が
機敏な手です。


CapD20110128.png


歩を交換した後、後手は向かい飛車にして、△3三桂と跳ねました。(第3図)
以下、▲2六金 △2五桂 ▲同桂に、△2四歩が上手い手で、第4図となりま
した。

ここから△2六同飛で勝負が決まりました。▲同飛に、△1五角の王手飛車です。


CapD20110128_1.png



十字飛車の狙い

三間飛車の場合、▲7五歩と▲1五歩を絡めての十字飛車による攻めも考えられま
す。

第5図から、
△同歩 ▲1五香 △2四角 ▲1二歩 △4五歩 (第6図)

▲1二歩と打って先手好調のようですが、△4五歩の反撃が厳しく、実際は先手が大
変な局面でしょう。


CapD20110128_2.png


第7図は私の実戦からです。以下、

▲同歩 △3五飛 ▲3六歩 △9五飛 (第8図)

十字飛車で9筋に飛車を動かしました。
ここから、▲6五歩に、△9七飛成り ▲同香 △同香成りとなりました。

いい勝負だと思いますが、先手が勝ちやすい局面かもしれません。


CapD20110128_3.png

1つでも役に立つことがありましたら、クリックしていただければ幸いです。
にほんブログ村 その他趣味ブログ 将棋へ
にほんブログ村











スポンサーサイト
2011.01.28 / Top↑

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。