上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
相振り飛車の西川流について、先日の橋本-豊島戦(2014.1.16)などを参考にしなが
ら考えてみたいと思います。

西川流とは、▲7六歩 △3四歩に、▲6六歩と角道を止めた形からスタートして、以
下△3二飛(この局面は、データを見ると後手の勝率が高い。)に、先手が飛車を振
る手を保留し、8筋を伸ばしていく
指し方のことをいいます。公式戦では2012年9月に
西川和四段が初めて指しました。

初手からの指し手
▲7六歩 △3四歩 ▲6六歩 △3二飛 ▲7七角 △6二玉
▲8六歩 △3五歩 ▲8五歩(第1図)

CapD20140126.png

西川流は、相手の出方を見て、四間飛車か向い飛車にするか決められるメリットがあ
ります。また、▲8五歩と伸ばすことにより、後手の駒組みを牽制しています。形によ
っては△7二銀と上がると、▲8四歩 △同歩 ▲8二歩の筋が生じるのです。(正し
くは、▲8四歩に△7一玉と受けますが、▲8三歩成りで形が乱れます。)

第1図からの指し手①
△7二銀 ▲8八飛(参考1図)

第1図から、実戦例は△3六歩が多いですが、△7二銀に▲8八飛と向い飛車にした
のが、森内-谷川戦(2013.7)です。

参考1図以下の指し手
△7一玉 ▲3八銀 △3六歩 ▲8四歩 △同 歩 ▲同 飛 
△8三歩 ▲8五飛(参考2図)

△7一玉は、この一手です。△3六歩 ▲同歩 △同飛の時に、▲6八飛と戻る(6六
の歩を守る)わけにもいかないので、▲8四歩と指しました。歩交換の後、▲8五飛と
中段に構え、以下、▲2五飛~▲2三飛成りとなり、序盤から激しい将棋になりました。
※森内-谷川戦の棋譜

CapD20140126_1.png

第1図からの指し手②
△3六歩 ▲同 歩 △同 飛 ▲6八飛(第2図)

後手は、△3六歩と突きました。第1図から△3六歩 ▲同歩 △同飛に、6六の歩を
守りながら▲6八飛と振るのは当然でしょう。

千日手狙い

ここで後手に面白い手があります。△3五飛と引き、8五の歩を取りにいく手で、以
下▲8八飛に△3六飛(変化図)と戻します。6六の歩を守るなら▲6八飛ですが、△
3五飛で千日手模様になります。

先手がこの手順を回避する方法を、私は知りません。変化図で、▲6八銀または▲4
八玉と指して、6六の歩は取らせるのでしょうか?

CapD20140126_2.png

第2図以下の指し手
△3四飛 ▲7八銀 △3三桂 ▲4八玉 △4五桂(第3図)

実戦では、△3四飛と引きました。▲7八銀に△5二金左 ▲2八銀 △1四歩 ▲6七
銀 △7二銀と進んだのが、参考3図の西川和-阪口戦(2013.5)です。△5二金左で
△7二銀は、▲8四歩の筋があります。 ※西川和-阪口戦の棋譜

CapD20140126_3.png

豊島七段、急戦を仕掛ける

△3三桂は、早く形を決めすぎる感がありますが、用意した作戦があったようです。
▲4八玉に△4五桂と跳ねました。後手の視点で見れば、先手が8筋の歩に2手費や
している分、駒組が遅くなっており、仕掛けてみたいところではあります。

▲4八玉で、▲5八金左または▲2八銀も、△4五桂と攻める手がありそうです。▲4
六歩を先に突いておけば、この筋はなくなりますが、指し難いと思います。果たして、
この△4五桂は成立しているのでしょうか。

△4五桂に▲2八銀は、△5五角 ▲3七歩 △3六歩で先手苦しいと思います。先手
は▲4六歩と突きました。

第3図以下の指し手
▲4六歩 △3六歩 ▲3八金 △5五角 ▲4七玉 △4四飛 
▲4五歩 △同 飛 ▲4六歩(第4図)

CapD20140126_4.png

△3六歩では先に△5五角もあります。しかし、▲4七玉 △3六歩 ▲3八金 △4
四飛と進めば本譜と合流します。

第4図以下の指し手
△同 角 ▲3六玉 △1九角成 ▲4五玉(第5図)

後手は飛車を犠牲にして、馬を作りました。
先手玉は空中遊泳の状態で、形勢判断はかなり難しいです。

第5図以下の指し手
△2九馬 ▲2八銀 △4四香 ▲5六玉(第6図)

CapD20140126_5.png

第6図以下の指し手
△3六桂 ▲6七玉 △2八桂成 ▲同 金 △3九馬 ▲1九飛 
△4八馬 ▲6五歩(第7図)

第6図で、後手は△3六桂と指しましたが、緩手だったかもしれません。△3六桂に
▲6七玉、△3九馬に自陣飛車の▲1九飛が好手です。玉形は悪いですが、第7図
は、先手有利でしょう。

△3六桂のところでは、△4六桂の方が難しかったと思います。

第6図以下の指し手②
△4六桂 ▲4七金(変化図)

このあたりの手順は、窪田六段や西川和四段によって検討されていました。変化が複
雑なので詳しい手順は省略しますが、以下、△5八桂成りまたは△3八桂成りで攻め
は続くものの、正しく受けられると後手が少し足りないようです。

この戦形はまだ実戦例が多くありません。3筋の歩交換の後、先手が▲3七歩を打た
ないで進行することが多く、乱戦になる可能性も十分あります。序盤の研究が大切だ
と感じています。

CapD20140126_6.png



今回の記事は、名人戦棋譜中継サイトの棋譜解説を参考にさせていただきました。こ
の将棋では、永瀬六段・窪田六段・西川和四段の解説や検討手順が載っていて、勉強
になりました。私は1日会員(200円)で、時々見ていますが、中継日には、白熱した順位
戦の様子が写真付きでアップされます。また、過去の名人戦や順位戦の解説付き棋譜
が自由に閲覧できるので、かなりお勧めだと思います。

誤字・脱字、明らかな間違い等ありましたら、お知らせください。
1つでも役に立つことがありましたら、クリックしていただければ幸いです。
にほんブログ村 その他趣味ブログ 将棋へ
にほんブログ村

スポンサーサイト
2014.01.26 / Top↑

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。