上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
中田功-岡崎戦(2013.12.10)を、中田功-村中戦(2013.10.5)や他の対局と比較しな
がら、コーヤン流について考察してみたいと思います。

第1図、第2図はそれぞれ30手ほど進んだ局面です。居飛車は、どちらも4四歩型の
居飛穴に組んでいます。

CapD20131222.png

コーヤン流への有力な対策としては、勝又六段の『最新戦法の話』に、右銀の動き
を保留して、早めに引き角にする
指し方が解説されています。

しかし、中田功先生も改良を重ねており、参考1図(瀬川戦2012.11)や、参考2図
(佐々木勇戦2013.8)の進行は、三間飛車が悪くないと思います。直近、4四歩型
の居飛穴が続いたのは、そんな事情があるのでしょう。

CapD20131222_1.png

第1図・第2図からの、次の一手に、中田先生の工夫を感じます。2局とも、▲2七
と上がっています。

『コーヤン流三間飛車の極意 持久戦編』では、4四歩型に対して、高美濃から▲3
七桂と跳ねて4五の位を取りに行く指し方が解説されています。

それに対して、居飛車の有力な対策となっているのが、参考3図(中田功-川上戦 
2013.2)から△4二銀と引く手です。以下、▲2五桂 △2四角 ▲6五歩 △3一銀
(参考4図)と松尾流穴熊に組んで、後手十分です。この形の実戦例は何局かあり、
先手はそれでも端を狙いますが、上手くいっていない印象です。

CapD20131222_2.png

第1図・第2図からは、上のような進行を避けて、下図のようになりました。端歩の突
き合いを除けば同一局面です。

コーヤン流の特徴と言えば、玉の位置が3九です。その理由は、早めに攻撃態勢を
作れる、△7三角に転換された時に当たりを避けている、端攻めをした時に1七から
逆襲されるのを緩和しているなどがあげられます。

銀冠の場合は4九に金がいないので、不安な感じもします。銀冠+3九玉型は、昨年
度も見られましたが、今回は▲4七金と上がる手も保留して、左の金を5八のままに
しています。

CapD20131222_3.png

第3図からは△8四角、第4図からは△4二銀と進み、全く違う展開になりました。

中田功-岡崎戦では、地下鉄飛車にして端攻めをしました。7七角のラインではなく、
8六角からの睨みを利用して、鮮やかに寄せ切りました。

中田-村中戦は、こんな形で攻められたら悪そうなのですが、巧みに受け、反撃して
快勝しています。

CapD20131222_4.png

第7図と第8図が、この2局の投了図です。中田功-岡崎戦は、銀冠が残ったままで
す。中田功-村中戦は、ここから△4八金と絡んでも、後手玉には即詰みがあります。

居飛穴に対して、こんな風に勝てたら痛快でしょう。しかし、銀冠に組み、玉を3九で
待機して間合いを図るという指し方は、中田功先生だからこそできるのでしょう。素人
には、なかなか真似ができないと思います。

CapD20131222_5.png



中田功-村中戦(2013.10)の棋譜

佐々木-中田功戦(2012.8)の棋譜

中田功-瀬川戦(2012.11)の棋譜

中田功-川上戦(2013.2)の棋譜


参考文献及
『コーヤン流三間飛車の極意 持久戦編』 中田功著 毎日コミュニケーションズ
『最新戦法の話』 勝又清和著 浅川書房

誤字・脱字、明らかな間違い等ありましたら、お知らせください。
1つでも役に立つことがありましたら、クリックしていただければ幸いです。
にほんブログ村 その他趣味ブログ 将棋へ
にほんブログ村

スポンサーサイト
2013.12.22 / Top↑
人類vs ponanzaの対局ですが、ニコ生での山本氏&豪華すぎるゲスト陣による解説が
とても勉強になります。三間飛車が多いのもうれしいです。


第1図は、ノーマル三間飛車対居飛穴の戦形で、先手が▲4五銀と玉頭銀に出たところ
です。

第1図以下の指し手
△8四飛 ▲1七桂(第2図)

玉頭銀に△8四飛は手筋の受けです。先手は▲1七桂と援軍を送りました。

5筋不突き型の居飛穴に対して、玉頭銀と▲1七桂を絡めて端攻めをする指し方は、2
4高段者の対局でも時々見られ、水面下では研究されている形だと思います。

CapD20130512.png

第2図以下の指し手
△2四歩 ▲2六歩 △5一金右 ▲2五歩(第3図)

第2図で△1五角と出てきたら、▲2五桂~▲6五歩を狙います。△2四歩は自然な受
けです。桂馬を活用する為に、▲2六歩~▲2五歩は当然でしょう。△5一金右のとこ
ろでは、△3二金または△3五歩も有力です。

第3図以下の指し手
△3二金 ▲6八飛 △4二金上 ▲2四歩 △同角 ▲2五桂 
△2三金 ▲6五歩(第4図)

ここで▲6八飛と指すのが大切な手です。角をどかして、待望の▲6五歩が入りました。
第4図は、角の睨みが厳しく、先手が面白いと思います。

CapD20130512_1.png

少し進んで第5図となりました。先手の駒が急所に利いていて、この攻めを受け切る
のは大変な感じです。以下、△同香 ▲同桂成 △同桂 ▲2五香と進みましたが、
先手大成功でしょう。

この対局の終局図が第6図です。この局面でponanzaにトラブルが発生して、先手が
時間切れ勝ちとなりました。しかし、第6図は山本氏も認めていたように先手がかな
り優勢で、△2八歩成りには▲6五歩が激痛です。

CapD20130512_2.png




この指し方のポイントとしては、

・5筋不突きの居飛穴に対して有効。5四歩型に▲5六銀は△5五歩がありますが、
 その場合は小倉流玉頭銀で。(将棋世界今月号、広瀬七段の講座と似た形です。)

・▲1一玉と入ったのを確認してから、玉頭銀に出る。

・玉は4八の位置が良い。囲いは▲3八銀あるいは▲5八金左で済ます。

・居飛穴が未完成のうちに仕掛ける。

・▲1七桂に△1五角は▲2五桂~▲6五歩、△2四歩には▲2六歩~▲2五歩。

・2次攻撃として、▲6八飛~▲6五歩の形を作る。


などがあげられます。銀や桂が出て行くタイミングや玉の囲い方は工夫する余地があ
ると思います。

手持ちのデータベースを調べてみると、三間飛車対居飛穴では、類似形は見つかりま
せんでした。四間飛車からでは、藤井-米長戦(2002.9)や長沢アマ-清水上アマ戦
(2006.5)などがありました。

藤井システムのようにプロが本格的に研究すれば、この指し方は無理筋になるかもし
れません。しかし、アマの対局では有力な指し方だと思います。棋譜館に参考棋譜が
ありますので、興味を持たれた方はご覧ください。

CapD20130512_3.png

1つでも役に立つことがありましたら、クリックしていただければ幸いです。
にほんブログ村 その他趣味ブログ 将棋へ
にほんブログ村

2013.05.12 / Top↑
第1図は、石川-小倉戦(2011.3)からです。先手は居飛穴が完成しています。

前回は▲5五歩と中央から動いてきた時の指し方を検討しました。今回は▲6八角と引
いてきた場合の対応を小倉先生の実戦譜を参考にして考えてみます。

6四銀型は左辺が薄いのが欠点です。引き角からは、▲2四歩 △同歩 ▲3六歩など
として飛車交換を狙われる筋があり、手ごわい相手となります。

第1図以下の指し手
△4五歩 ▲6八角(第2図)

第1図で△3六歩~△4五歩を狙うのは、飛車交換になるなら戦えるかもしれません
が、▲同歩 △4五歩に▲1六飛とかわされて失敗します。

CapD20130505.png


塚田-小倉戦(2009.1)でも、同一局面になっているので、まずはそちらの進行をご覧く
ださい。

第2図以下の指し手
△5三角 ▲8六歩 △7四歩 ▲8七銀 △8四歩 ▲8八金上 △4三金(第3図)

第2図で△3六歩は、▲2七飛 △3七歩成り ▲同飛 △同飛成り ▲同桂が予想され
ます。これは、後手が少し自信ないかと思います。なので、△5三角と手待ちしましたが、
▲8六歩から銀冠穴熊に固められてしまいました。

△4三金は苦心の手です。この手で△7三銀引は▲5五歩、△8三銀は▲2四歩 △同
歩 ▲3六歩から飛車交換を狙われます。

第3図以下の指し手
▲2七飛 △4四金 ▲3六歩 △8三玉 ▲1四歩 △同歩 
▲2四歩 △同歩 ▲3五歩 △同金(第4図)

▲2七飛は角の当たりを前もって避けた手で、△3六歩なら▲2四歩があります。△4三
金~△4四金と3筋を厚くしていきましたが、強襲する順がありました。

第4図以下、▲3五角 △同飛(△同角は、▲3六歩~▲3五金) ▲2四飛と進みました。
これは後手自信ないでしょう。

CapD20130505_1.png

石川-小倉戦(2011.3)に戻ります。

第2図以下の指し手
△5三角 ▲1八香 △6二角 ▲8六歩 △4四角 ▲8七銀 △6五銀(第5図)

後手は、やはり△5三角と手待ちしました。先手が▲8六歩~▲8七銀と固めようとし
てきたところで、△6五銀と出ました。

第5図以下の指し手
▲7七銀 △5五歩 ▲同歩 △同角 ▲6六歩 △5四銀 
▲8八金上 △6四角 ▲3六歩(第6図)

先手は銀を引いてビッグ4に組み上げます。後手は5筋でポイントを稼ごうとしました
が、▲3六歩と仕掛けられました。

以下、△4三銀 ▲2四歩 △同歩 ▲3五歩に△5四飛と凌ぎ、小倉七段が勝利しま
した。しかし、第6図は実戦的には先手が勝ちやすいのではないでしょうか?


後手は第2図から有効な手があまりなく、ビッグ4に組まれては苦しいと思います。
△6四銀型石田流は囲いの発展性がないことが短所です。居飛穴を完成させて引き
角にされる前に、野月-小倉戦(2013.4)のように△3三桂を保留して仕掛けるなどの
工夫が必要だと思います。

CapD20130505_2.png




1つでも役に立つことがありましたら、クリックしていただければ幸いです。
にほんブログ村 その他趣味ブログ 将棋へ
にほんブログ村


2013.05.05 / Top↑
△6四銀型石田流の長所を考察してみました。

①居飛車を重い形(6六銀・7七角型)にさせ、隙を見て仕掛ける手が成立する。
②中央での戦いに強い。
③玉頭銀の含みがある。
④終盤で角を使ってのコビン攻めの心配が少ない。


などがあげられるでしょうか。①については前回解説しましたので、今回は②について
考えてみます。


参考1図は六段の方と七段の方の対局からです。

参考1図以下の指し手
△同歩 ▲同銀 △5三角 ▲5四歩 △7一角 ▲5六飛(参考2図)

石田流組換え型に対しては、先手が▲5五歩から動いてくることがよくあります。

△同歩 ▲同銀に、△5三角から△3六歩を狙いましたが、▲5四歩~▲5六飛と十分
な形を作られてしまいました。

△5三角のところでは、△6四歩や△5四歩の方が有力だと思います。しかし、一歩を
持たれてやや不満かもしれません。

CapD20130428.png

参考3図は、『永瀬流 負けない将棋』に解説されている大石-永瀬戦(2010.9)からで
す。中央を狙われた後手は、美濃囲いを崩して△5三金~△6三銀と厚みで対抗して
います。

将棋倶楽部24高段者の対局では、高美濃に組まないで△6三銀と上がり、中央に備
える指し方もよく見られます。(参考4図)

CapD20130428_1.png


6四銀型は中央での戦いに強い

居飛車の▲5五歩に対してうまく指した将棋が横山-小倉戦(2012.10)です。

第1図以下の指し手
▲5五歩 △4五歩 ▲5四歩 △同飛(第2図)

▲5五歩には△4五歩と突いて飛車の横利きを通し、▲5四歩を△同飛と取りました。

CapD20130428_2.png

第2図以下の指し手
▲5五歩 △3四飛 ▲5六飛 △5三歩(第3図)

▲5五歩と押さえられ、▲5六飛と回られて△5三歩と打たされました。居飛車は5五
の位を取りましたが、駒のバランスは良いとは言えません。

第3図以下の指し手
▲9八香 △3三桂 ▲2六飛 △6二角 ▲9九玉 △3六歩(第4図)

後手は△6二角から△3六歩とおなじみの仕掛けです。

▲2六飛のところで▲9九玉には、△2四歩で後手が良いでしょう。

CapD20130428_3.png

第4図以下の指し手
▲同歩 △5四歩 ▲2七飛 △5五歩 ▲同銀 △6五銀(第5図)

▲3六同歩に△5四歩で攻めがつながります。この形での飛車交換は先手が悪いよう
で、横山五段は▲2七飛と引きました。

△5五歩~▲同銀に△6五銀と出られるのが6四銀型の強みです。先手は角頭を狙わ
れて気持ち悪いでしょう。

20手ほど進んで飛車交換となりました。(第6図)

角取りの先手で飛車を打ち、また、銀が居飛穴の急所に利いており、後手が優勢だと
思います。

CapD20130428_4.png




1つでも役に立つことがありましたら、クリックしていただければ幸いです。
にほんブログ村 その他趣味ブログ 将棋へ
にほんブログ村

2013.04.28 / Top↑
第1図は、野月七段と小倉七段の対局(銀河戦2013.4.1)からです。

ここからは、後手が相穴熊矢倉流一手損四間飛車にすることが多いです。小倉先生
がよく指されているのは、石田流に組み換える指し方です。

ノーマル三間飛車から石田流に組み換える指し方は、いろいろあります。しかし、普通
は左の銀が4三か5四にいます。△6四銀型の石田流は、他の棋士はほとんど指して
いませんが、小倉先生は現在、主力戦法にされているようです。

第1図以下の指し手
▲6六銀 △3五歩 ▲9九玉 △5一角 ▲2六飛 △3四飛(第2図)

第1図では▲6六銀と上がるのが普通です。▲6六歩は、△7四歩~△7二飛と角頭を
狙われるリスクがあります。

後手は△3五歩から石田流に組み換えました。

CapD20130423.png

第2図以下の指し手
▲8八銀 △7二銀 ▲1六歩 △5二金左 ▲5九金右 △6二角(第3図)

▲1六歩は、少し遅い居飛車の税金。▲1六歩を突いてこない場合に、△1五角と出
た小倉先生の実戦も、五局ほどあります。

美濃囲いを完成させてから△6二角と転換しました。

第3図以下の指し手
▲7九金 △9四歩 ▲9六歩 △3六歩(第4図)

△9四歩に▲9六歩と受けましたが、ここは▲6九金右と指したい感じもします。端を
詰められるのを嫌ったのでしょうか。後手は△3三桂を省略して、居飛穴が未完成の
うちに△3六歩と仕掛けました。

CapD20130423_1.png

第4図以下の指し手
▲同歩 △4五歩 ▲2八飛 △3六飛 ▲4九金(第5図)

△3六歩~△4五歩は、この形でのおなじみの手順です。この仕掛けがうまくいくか
どうかは、互いの陣形によります。先手が飛車交換歓迎なら、第4図で▲同飛あるい
は、▲同歩 △4五歩 ▲2七飛と指すでしょう。

この場合は、穴熊が未完成であり、角と銀の形が重いので、飛車交換は先手が悪そ
うです。なので▲2八飛~▲4九金とひねって受けました。

第5図以下の指し手
△4六歩 ▲同歩 △同飛 ▲4八歩 △5六飛(第6図)

第5図で△2六飛とぶつけるのは、▲同飛 △同角 ▲3一飛で、△2八飛には▲3九
飛成りと引かれて難解です。△4六歩が落ち着いた好手でした。▲同歩に△同飛~
△5六飛と進んだ局面は、後手が指せると思います。

CapD20130423_2.png




1つでも役に立つことがありましたら、クリックしていただければ幸いです。
にほんブログ村 その他趣味ブログ 将棋へ
にほんブログ村
2013.04.23 / Top↑

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。