上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
3/11(火)には順位戦C級2組10回戦が行われました。三間飛車の対局は7局あり、
下の様な内容で、三間飛車の3勝4敗でした。

ノーマル三間飛車対急戦
西川和四段対吉田五段 三間飛車対斜め棒銀 吉田五段の勝ち

ノーマル三間飛車対居飛穴
村田顕五段対小倉七段 居飛穴対石田流組換え型 村田顕五段の勝ち
村田智六段対石川七段 居飛穴対向い飛車転換型 村田智六段の勝ち
矢倉六段対大石六段 相穴熊 大石六段の勝ち

石田流
神崎七段対八代四段 後手石田流 八代四段の勝ち
中田功七段対伊奈六段 左美濃対後手石田流 伊奈六段の勝ち
遠山五段対佐々木勇四段 石田流対左美濃 佐々木勇四段の勝ち

この中から、遠山五段対佐々木勇四段戦を紹介したいと思います。


遠山五段の3手目▲7五歩に対して、佐々木勇四段は△1四歩と突きました。流行の
石田流対策です。続く▲7八飛に△1五歩と端を伸ばしました。『菅井ノート 先手編』
には、この手で△8八角成りが推奨されていますが、△1五歩も多く指されています。

少し進んで第1図となりました。
後手は6四歩・6三銀型ではなく、△8四飛と浮いて7筋を受けています。

第1図以下の指し手
▲4五銀 △3二銀 ▲7四歩 △同 歩 ▲3四銀(第2図)

第1図から先手は穴熊にするのも有力だと思いますが、後手が端に手を掛けているの
で、▲4五銀~▲7四歩と積極的に動いていきました

CapD20140319.png

数手進んで第3図となりました。ここで後手は△3一玉と戻しました。なかなか指せな
い好手だと思います。

第3図以下の指し手
△3一玉 ▲5八金左 △2二角(第4図)

△3一玉は、角の睨みを避けるとともに、△2二角と引くスペースを作っています。

CapD20140319_1.png

第4図では、△7五歩があるので、▲2五銀と引くくらいですが・・・
以下、△2四歩 ▲3六銀 △7五歩と、後手が快調に手を進めていき、第5図となり
ました。

第5図から▲7五歩 △8三銀 ▲6五飛と勝負しましたが、角と飛車の成り合いは後
手が良さそうです。結局、龍は自陣に戻されて、第6図となりました。△6六歩は馬の
利きが止まってしまいますが、△8九馬が気持ちのいい手です。

このまま後手が押し切り、佐々木勇四段が自力でC級1組への昇級を決めました。

CapD20140319_2.png



誤字・脱字、明らかな間違い等ありましたら、お知らせください。
1つでも役に立つことがありましたら、クリックしていただければ幸いです。
にほんブログ村 その他趣味ブログ 将棋へ
にほんブログ村

スポンサーサイト
2014.03.19 / Top↑
2/12に行われた順位戦C級2組9回戦では、三間飛車の対局は3局と少なめでした。
結果は、下記の通りです。

対抗形
大石六段-中田功七段戦 居飛穴対三間飛車 コーヤン流 大石六段の勝ち
永瀬六段-矢倉六段戦 居飛穴対三間飛車 向い飛車転換 永瀬六段の勝ち

相振り飛車
小倉七段-佐藤和五段 向い飛車対三間飛車 美濃囲い対穴熊 小倉七段の勝ち

今回は、三間飛車が全敗でした。大石-中田功戦と永瀬-矢倉戦を紹介したいと思
います。


大石六段-中田功七段戦より

コーヤン流三間飛車に対して、大石六段は居飛穴から引き角にしました。▲3七桂に
は△4二飛が形です。類似形は何局かありますが、金・銀の位置の違いで、展開は大
きく違ってきます。本局では、居飛車が4九の金は動かさずに、右銀を6六に動かして、
角の利きを止めているのがポイントです。

先手は、▲2四歩 △同歩に▲3五歩(第1図)と仕掛けました。脇-中田功戦(2011.11)
では、似た形で△同歩 ▲同角 △3六歩 ▲3四歩 △2二角と進みました。

本局では、△8五桂と跳ね、▲3四歩 △4四角 ▲2四飛に△6五歩と指しました。

ここで▲同銀なら△9七桂成りと攻めて、後手の端攻めがうるさいです。しかし、▲7七
銀と引いたのが冷静な手でした。少し進んで、△2二飛から飛車交換になりましたが、
第2図を見ると、飛車角の利きが止められて、後手が苦しいと思います。

大石六段は、この将棋に勝って昇級を決めました。

CapD20140216.png




永瀬六段-矢倉六段戦より

お互い6勝2敗で、昇級の可能性を残しているので、どちらも負けられない一戦です。

居飛穴に対して、後手は三間飛車から向い飛車に振りなおしました。これも矢倉六段が
得意にしている指し方ですが、元三間飛車党の永瀬六段も実戦経験は豊富な形です。
先手は、五筋の歩を突かないで、居飛穴を急いでいます。

玉頭銀に対して▲8八角と引き▲7七金(第4図)と受けたのが、永瀬流です。途中、▲
8八角に△7六銀は、▲3五歩 △同歩 ▲3八飛があります。

CapD20140216_1.png

33手目、先手が▲5五歩から動きました。後手玉が6二なのを見た機敏な一手です。

互いに五筋に飛車を動かして第5図になりました。ここで角を逃げるのは、▲4四銀
で先手の攻めが調子良さそうです。なので、△5五角から勝負にいきました。しかし、
角銀交換の駒損です。

以下、飛車を打って、龍を作り合いました。ここでも▲3九歩が手堅い受けとなりまし
た。後手の美濃は4枚ですが、あまり堅くありません。

第6図が投了図です。まだ頑張れそうですが、△6一金と引くのは▲5一角成りで攻
めが続きますし、後手からの早い攻めはありません。

これで永瀬六段、佐々木勇四段、村田六段、千田四段が7勝2敗で並びましたが、前
期順位上位の佐々木勇四段が、最終戦で勝てば昇級となります。

CapD20140216_2.png




誤字・脱字、明らかな間違い等ありましたら、お知らせください。
1つでも役に立つことがありましたら、クリックしていただければ幸いです。
にほんブログ村 その他趣味ブログ 将棋へ
にほんブログ村
2014.02.16 / Top↑
11月14日には、順位戦C級2組8回戦が行われ、三間飛車の将棋は7局指されました。

対抗形
中田功-長岡戦  コーヤン流対居飛穴 中田功七段の勝ち
矢倉-勝又戦  三間飛車対早仕掛け 矢倉六段の勝ち
石川-西川慶戦  石田流組換え3七角型対銀冠穴熊  石川七段の勝ち
西川和-伊奈戦  石田流組換え対居飛穴・袖飛車 西川和四段の勝ち
佐藤和-石田直戦  石田流対右四間飛車 千日手
及川-中座戦  石田流対銀冠穴熊 及川五段の勝ち

相振り飛車
小倉-増田戦  向い飛車対三間飛車 小倉七段の勝ち


対抗形では、千日手局を除いて、三間飛車が全勝(しかも、ノーマル三間飛車が4勝)
と素晴らしい結果でした。この中から、中田功-長岡戦を紹介したいと思います。


第1図は、15手目の局面です。先手は飛車を振るのを後回しにして、3筋~7筋の歩
を突いていきました。後手は袖飛車なども警戒しなければなりません。

第1図から、いろいろな作戦が考えられそうですが、やはりコーヤン先生ですから、
三間飛車に振りました。後手は、飛車先の歩を伸ばさずに、4四歩型の居飛穴を急ぎ
ました。

35手目には、▲2七銀(第2図)と上がりました。当ブログで紹介しましたが、コーヤン
先生が最近よく指されている手です。

CapD20140119.png

39手目に▲2五歩と動いて、45手目には▲2八飛(第3図)と振り戻しました。玉頭か
ら攻めようという手で、次に、▲1六銀から▲4五歩を狙っていきます。

50手過ぎから先手が攻め、第4図となりました。馬を作り、飛車先が直通していて、
先手ペースに見えますが、居飛穴は堅く攻め切るのは大変な感じもします。

CapD20140119_1.png

101手目、▲3二銀(第5図)と必死に食らいついていきました。少し進んで、第6図と
なりました。後手玉は必死で、先手玉に詰みがあるかどうかの勝負です。

かなり危ない形ですが、最後は連続王手の千日手模様になり、きわどく中田功七段が
勝利しました。

CapD20140119_2.png




さて、順位戦C級2組ですが、8回戦を終了して、大石六段が8連勝で1位。残り2局は、
三間飛車党の中田功七段と矢倉六段の対局で注目です。

澤田五段と千田四段が7勝1敗で続いていますが、前期順位5位の佐々木勇四段、前
期6位の永瀬六段、前期7位の村田顕五段、前期9位の矢倉六段が6勝2敗で並んで
います。上位同士の直接対決が残っているので、ドラマがありそうな気がします。昇級
は2連勝が条件となりそうです。


誤字・脱字、明らかな間違い等ありましたら、お知らせください。
1つでも役に立つことがありましたら、クリックしていただければ幸いです。
にほんブログ村 その他趣味ブログ 将棋へ
にほんブログ村

2014.01.19 / Top↑
12月10日に行われた順位戦C級2組7回戦では、三間飛車の対局が6局あり、下のよ
うな結果でした。

対抗形
上村-矢倉戦 居飛穴対ノーマル三間飛車 袖飛車転換型 矢倉六段の勝ち
中田功-岡崎戦 ノーマル三間飛車対居飛穴 コーヤン流 中田功七段の勝ち
竹内-及川戦 石田流本組み対銀冠~穴熊 及川五段の勝ち

相振り飛車
中村亮-小倉戦 三間飛車対向い飛車 中村亮五段の勝ち
伊藤-佐藤紳戦 中飛車対三間飛車 佐藤紳六段の勝ち
田中悠-神崎戦 三間~四間飛車対三間飛車 後手5四金型 田中悠四段の勝ち


上村-矢倉戦より

矢倉六段は、今期順位戦7回のうち6局でノーマル三間飛車を採用しており、すっか
り三間飛車党になられたかのようです。しかも5勝と素晴らしい成績を残しています。

矢倉先生といえば、△6四銀と出て、四間飛車に振り直す矢倉流が有名ですが、そ
の他にも、相穴熊、玉頭銀、石田流組換えなど様々な作戦を披露されています。

本局では、22手目に△7三銀(第1図)と上がりました。昨年のNHK杯戦で、門倉四
段が指した2枚の銀を並べての玉頭銀を思い出します。矢倉六段は、△8四銀と出
て歩を突き捨てて、△7二飛(第2図)と袖飛車にしました。

CapD20131214.png

第3図の△9五歩が鋭い手です。▲同歩 △9七歩 ▲同香に△9三桂と援軍を送り、
調子よく攻めが続きます。上村四段も袖飛車にして、手薄な角頭を狙いにいきました。

しかし、何か誤算があったのかもしれません。第4図までで、投了となりました。早
いですが、プロ的には既に終わっているのでしょう。

CapD20131214_1.png




田中悠-神崎戦より

田中悠-神崎戦では、神崎七段が石田流に対して面白い指し方を見せてくれました。
居玉のままで5五の位を取り、4一の金が5四まで動いています。(第5図)神崎七段
は、金銀を盛り上げていくのが得意なのだそうです。

先手は四間飛車に振り直し、後手は三間飛車にして、相振り飛車になりました。後手
の囲いは、小林健九段が中飛車対三間飛車で時々する構えに似ています。

第6図からは▲5八飛と動いて、中央での戦いになりました。結果は、田中悠四段が
勝利しました。

中田功七段の対局についても、改めて紹介する予定です。

CapD20131214_2.png




誤字・脱字、明らかな間違い等ありましたら、お知らせください。
1つでも役に立つことがありましたら、クリックしていただければ幸いです。
にほんブログ村 その他趣味ブログ 将棋へ
にほんブログ村

2013.12.14 / Top↑
12日に行われた順位戦C級2組6回戦では、三間飛車対居飛車の対抗形が6局、相
振り飛車での三間飛車が2局指されました。詳しく見ると、下のような形でした。中田
功七段は中飛車でした。

対抗形
石川七段-横山六段  立石流  後手勝ち
澤田五段-竹内四段  4→3戦法  先手勝ち
佐々木四段-伊藤五段  後手石田流  先手勝ち
佐藤慎四段-西川和四段  後手石田流  先手勝ち
矢倉六段-藤原七段  向い飛車転換対居飛穴  先手勝ち
遠山五段-上村四段  石田流~向い飛車転換  先手勝ち

相振り飛車
田中四段-八代四段  相振り飛車 三間対5三銀型三間  先手勝ち
門倉四段-小倉七段  相振り飛車 三間対向い飛車  後手勝ち

佐々木四段-伊藤五段の対局は、4二金型の後手石田でしたが、4→3戦法からの升
田式石田流と同形になっています。13日の渡辺竜王-久保九段戦や24高段者の将棋
を見ても、後手の4→3戦法が苦戦している印象を持ちます。


それでは、何局か簡単に紹介します。

佐藤慎四段-西川和四段戦は、後手が4手目に△3五歩と伸ばして、▲6八玉 △2
二角成り △同銀 ▲6五角から例の乱戦になりました。

20手目は、後手が△7四歩(第1図)と指しました。先手が石田流での形を、このブロ
グで研究していますが、居飛車が先手なので2六歩が突いてあります。この場合は中
飛車にするのではなく、▲2五歩と伸ばしていくことが多いです。

少し進んで第2図となりました。棋譜中継サイトのコメントにありましたが、この局面
だけを見れば横歩取りと勘違いしそうです。48手目の△6三角がどうだったでしょうか。
以後、苦しい将棋になったように思います。


CapD20131116.png




遠山五段-上村四段戦は、遠山五段の升田式石田流模様の序盤でした。(第3図)
以前は、居飛車の14手目は、△6四歩か△9四歩でしたが、現在では△8四飛と浮く
のが主流となっています。

ここから△8八角成り ▲同銀 △2二銀に▲7八金が普通の進行です。しかし、△
2二銀に▲7八飛!と引き、数手進んで第4図となりました。早い△8四飛を咎めに
行く遠山五段の新構想でした。

ここから駆け引きが続いて、37手目に▲8六歩と突きました。プロの対局ですから、
単純に飛車先を逆襲できるということはなく、難しい将棋が続きましたが、遠山五段
が押し切りました。

CapD20131116_1.png




矢倉六段-藤原七段戦は、ノーマル三間対居飛穴になりました。21手目に矢倉六段
が▲8八飛と向い飛車に振りなおして、▲7八金(第5図)から▲8六歩の仕掛けを見
せます。

第5図から、△2四角の覗きに対して▲5八銀と引くのは仕方がないところです。次の
△5四歩に▲8六歩と仕掛けた実戦例もありますが、矢倉六段は▲6七金と上がりま
した。ここから数手進んだのが第6図です。なんと7八の金が4五まで出て行きまし
た。居飛穴に対して金を繰り出して一歩を取りに行くという手は、ちょっと指せないで
すね。

以下、まとめるのが大変そうですが、61手目の▲4六角で面白くなったと思います。
5五にも角を打って、角の睨みで居飛穴を退治した一局でした。

CapD20131116_2.png



参考サイト 名人戦棋譜中継

誤字・脱字、明らかな間違い等ありましたら、お知らせください。
1つでも役に立つことがありましたら、クリックしていただければ幸いです。
にほんブログ村 その他趣味ブログ 将棋へ
にほんブログ村

2013.11.16 / Top↑

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。