上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
▲7六歩 △3四歩 ▲6六歩から△3二飛と振った形(テーマ図)は、先手の勝率が
悪く、後手が指しやすいと言われています。手持ちの公式戦データベースで調べると、
先手の勝率は0.467となっています。もう少し詳しく見てみると、

・最近5年間 0.465 
・それ以前 0.468
・居飛車対三間飛車の対抗形 0.413
・相振り飛車の場合 0.484


となっており、時代や戦形による差はそれほどありませんでした。テーマ図と似た形
に第1図があります。4手目に△3二飛か△3五歩かは迷うところですが、第1図の
先手勝率は0.536でした。早く△3五歩を決めない方が優秀のようです。

CapD20130119.png

テーマ図は先手が避ける傾向にあります。しかし、将棋倶楽部24高段者の対局を観
戦していると、あえて石田流に組ませて戦う指し方を得意とされている方もおります。

ここでは、テーマ図に対する先手のいろいろな工夫を紹介してみたいと思います。


居飛車対三間飛車の対抗形

・位取りを狙う形

振り飛車党なのに△3二飛に対しては居飛車で戦い、公式戦で10勝4敗(勝率0.714)
と高い勝率を上げている棋士がいました。大山十五世名人です。もっとも、A級在籍・
名人在位 連続45年という偉大な棋士ですのでこれは大山名人の強さによるものかと
思います。

大山名人はテーマ図から、▲5六歩あるいは▲4八銀と指していました。第2図のよう
に位を取ったり、左美濃から銀冠にする将棋が見られます。第3図の8五歩・8六角
の陣形ですが、以前は、穴熊に対しての有力な作戦でした。

CapD20130119_1.png

最近の対局から、対抗形の将棋を見てみます。

居飛車は、やはり6五の位を取るのがポイントで、第4図や第5図のような形になれ
ば十分な形になります。振り飛車は6五の位を取らせないように、早めに△6四歩と
突く将棋も見られます。

CapD20130119_2.png

・居飛穴にする形

先手が居飛穴にする指し方も有力です。▲7五歩からの先手石田流は、▲6五歩から
角交換を迫る筋があり、簡単には居飛穴に組みにくいという事情があります。しかし、こ
の場合は6六歩と角道を閉じているので居飛穴に組み易いかもしれません。

CapD20130119_3.png


・石田封じの形

後手が浮き飛車にしてくるのを目標にして、5六歩・5七銀の形から▲4六銀と出て牽
制する指し方です。将棋倶楽部24高段者の方で、何人かがよく指しており、気になっ
ている形です。

今回、棋譜を調べてみたら、似た形を大山名人が指していました。(第8図)

CapD20130119_4.png


相振り飛車での戦い

テーマ図から相振り飛車になった場合は、角道が通っている後手が戦いやすいという
のが定説です。しかし、藤井九段、久保九段、小倉七段、杉本七段、西川和四段など、
相振り飛車を得意とされている方々は、先手を持って5割以上の成績を残しています。

・向い飛車左玉

24高段者の対局を観戦して注目しているのは、向い飛車で左玉にする形です。これは、
プロの対局では、あまり見られない形ですが、高田流左玉(第10図)が原形となって
いると思います。(高田六段は、3手目▲6六歩からの左玉は指されていないようです。)

向い飛車左玉は、石田流に対して比較的組みやすく、将棋倶楽部24高段で複数の方
が指しているのを見かけます。普通の形とは感覚が違うので、後手は、何らかの対策
を研究しておく必要があります。

いろいろな形があり、細かく解説することは難しいので、いくつかの例を紹介するにと
どめたいと思います。(棋譜は『素敵三間飛車棋譜館』にいくつかありますので、詳し
く知りたい方はそちらをご覧ください。)引き角にしてこの形を狙えば、上記の石田封
じとミックスさせることもできます。

CapD20130119_5.png

CapD20130119_6.png

1つでも役に立つことがありましたら、クリックしていただければ幸いです。
にほんブログ村 その他趣味ブログ 将棋へ
にほんブログ村

スポンサーサイト
2013.01.19 / Top↑
先日行われた順位戦C級2組では、三間飛車の対局が8局あり、下の様な結果となり
ました。

中村亮-藤森戦 石田流(7七角型)対銀冠 先手の勝ち
佐藤紳-小倉戦 居飛穴対ノーマル三間 石田流組換え 後手の勝ち
川上-石川戦 居飛穴対ノーマル三間 石田流組換え 先手の勝ち
横山-八代戦 石田流本組み対銀冠穴熊 先手の勝ち
藤原-菅井戦 4手目△3二飛 角交換乱戦型 後手の勝ち
西川和-長岡戦 ノーマル三間 石田流組換え対居飛穴 先手の勝ち
遠山-勝又戦 石田流本組み対銀冠 先手の勝ち
門倉-中田功戦 初手7八飛~向い飛車転換 先手の勝ち


戦形はいろいろありましたが、なんと三間飛車の7勝1敗でした。この中から数局ピッ
クアップしてみたいと思います。

佐藤紳-小倉戦

居飛穴に対してノーマル三間飛車から石田流組換え型は3局あり、小倉先生は、ここ
数年よく指されている6四銀型(美濃囲い)でした。

石田流組換え型には、6六銀型から中央を攻めるのが居飛車の常套手段で、この対
局でも、第1図から先手は▲5五歩と指してきました。△4五歩がこの形を活かした手
です。▲5四歩の取り込みは△同飛でつまりません。

▲6八金寄 △3六歩 ▲同歩 △6二角と進み、数手後に第2図となりました。後手
が面白い形勢だと思います。

CapD20130112.png



中村亮-藤森戦

▲7五歩からの石田流は3局でした。全て後手は銀冠に組み、袖飛車にはせずに8四
飛型でした。

中村亮-藤森戦では中村亮五段が37手目に▲2五歩(第3図)と仕掛けました。7七
角型石田流の狙い筋の1つで、△同歩は▲同桂に、△2四角には▲6五歩、△4四角
には▲4五歩~▲6五歩で先手ペースです。

実戦は、▲2五歩に△5五歩 ▲2四歩 △同銀 ▲4七銀引 △2五歩 ▲6五歩(第
4図)と進みました。後手の玉形を悪くして、先手満足の進行でしょうか。

CapD20130112_1.png



藤原-菅井戦

藤原-菅井戦では、菅井五段が4手目に△3二飛(第5図)の新手を指しました。こ
の手は、角交換から▲6五角が見えているので、深く考えたことはありませんでした。
大事な1番でこの秘策を披露した菅井五段はすごいと思います。

第5図から角交換されても互角以上に戦えるのなら大きな発見でしょう。2手目△3
二飛から、▲2六歩に△3四歩も成立するということです。

私も実戦で試してみたところ、第5図以下、▲2二角成り △同飛 ▲6五角 △7四
角 ▲同角 △同歩に▲5五角(第6図)と指されて困りました。△8二銀と受けるの
が最善のように思いますが、難解で私は自信がありません。

CapD20130112_2.png



門倉-中田功戦

門倉四段は、初手7八飛。ぶれないですね。しかも相手はコーヤン先生。門倉四段得
意の角交換振り飛車を避けてか、角道を開けないで駒組が進みました。しかし△3四
歩と突かなければ玉を固く囲うことはできません。第8図から、先手は▲6四角と切っ
て、チャンスも与えずに押し切ってしまいました。

CapD20130112_3.png




1つでも役に立つことがありましたら、クリックしていただければ幸いです。
にほんブログ村 その他趣味ブログ 将棋へ
にほんブログ村

2013.01.12 / Top↑
CapD20101029.png

CapD20101029_1.png

CapD20101029_2.png



CapD20101029_3.png
2010.10.29 / Top↑
2009年3月に行われたA級順位戦、谷川九段対鈴木八段からです。


相振り飛車 後手3三角型は、▲7六歩  △3四歩  ▲6六歩の後、

△3三角と上がり、向い飛車にする戦法です。


CapD20101028_5.png

CapD20101028_6.png

CapD20101028_7.png

CapD20101028_8.png

CapD20101028_9.png

棋譜(コメントつき)


2010.10.28 / Top↑

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。