上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
先日行われた大和証券杯女流最強戦 岩根-中井戦は、ノーマル三間から石田への
組み換えになりました。序盤で中井六段が△6四銀と石田を牽制し、参考になる局面
がありましたので取り上げてみたいと思います。

第1図は、岩根二段が▲7五歩と突いたところです。この手に対しては、△9四歩と
指すのが、▲6八角~△8四飛と先手の飛車先交換を阻止した時に、▲9五角とされ
ない為の先受けです。ある程度強い方はそう指します。

しかし、中井六段は△9四歩を省略して、△1一玉と指しました。第2図のように、
居飛車が6一金・5三銀型の時には、先手が▲7四歩と突いてくれば△6四銀と出て
反撃する手があり、端歩を省略できるのです。


CapD20101127.png

第2図から▲7六飛と浮くのは、△6四銀と引かれ(変化図1)、次に△4二角が
あるので困ります。

▲7四歩は、△同歩 ▲同飛に、△6四銀があります。これは、この後の進行に似て
いますのでそこで説明します。

実戦では、第2図以下、▲5六歩 △1四歩 (第3図)となりました。


CapD20101127_1.png


第3図から▲7六飛は、

△6四銀 ▲5七角 △4二角 ▲6五歩 (変化図2)と指す手がありますが、

以下、△同銀 ▲7九飛 △8六歩 ▲7七桂と進めば銀は取れるものの、微妙
な形勢だと思います。

岩根二段は、▲7四歩 △同歩 ▲7四飛と指しました。 

ここで△6四銀(第4図)が後手の狙いの手で、この変化に自信があれば、第1図の
△9四歩は省略できるのです。


CapD20101127_2.png

第4図から、先手はどう指したらよいのか悩ましいところです。

▲7六飛には△4二角や△7五歩が気になります。▲7八飛と引くのでは石田流を放
棄するのでつまらないでしょう。

実戦は、▲7六飛と指しましたが、後手は△7三歩と打ちました。

以下、▲4六角 △5五歩 ▲7七桂 △4二角 (第5図)

と進みました。次に、△6五銀があるので先手困ったかに見えます。しかし、▲6五
桂が当然の反撃で、少し進んで第6図となりました。

後手は飛車を成り込みましたが、第6図の形勢判断は難しいところです。後手は取れ
る駒がなく、穴熊も中途半端です。解説の佐藤五段は、先手持ちとコメントされてい
ました。実戦は大熱戦の末、中井女流が勝利しました。

CapD20101127_3.png


ランキングに加入しました。1つでも役に立つことがありましたら、クリックしていただければ幸いです。
にほんブログ村 その他趣味ブログ 将棋へ
にほんブログ村






 
スポンサーサイト
2010.11.27 / Top↑
今回は、△6四銀と上がられる前に▲7六飛と浮く手が成立する形を紹介します。


第1図は、5三銀の形で▲7六飛と浮飛車にしたところです。

△6四銀~△4二角で、7五の地点が危なそうに見えます。


CapD20101102a.png



しかし、ここで△6四銀には、第2図のように▲6五歩と突く手が成立します。


第2図で、先に△9九角成りは、▲6四歩 △同歩に、▲7七角と王手でぶつける

手があるので、先手有利となります。


なので、△6五銀 ▲3六飛に、△9九角成りと進んで第3図です。



CapD20101102b.png


ここでも、▲7七角と王手で馬にぶつける手がありました。


△同馬に、▲同桂で、6五の銀が死んでしまいました。


居飛穴側の角と玉が同じ斜めのラインにいる時には、このような手順が成立しますので

頭に入れておきたいです。


2010.11.02 / Top↑
今回は、第1図の形から石田流に組む手順を紹介します。


CapD20101019.png


▲9八香  △2二銀  ▲5七金 (第2図)


まず、▲9八香と香車を早逃げしておきます。次に、▲5七金と上がるのが大事な一

手です。


△9四歩  ▲6五歩 (第3図)


CapD20101019_1.png


香車を逃げておいたので、ここで▲6五歩が成立します。後手は、△5三銀と引く

一手です。


次に、▲6六銀で第4図となりました。この形になれば石田流に組めます。


 5七金の形は悪いので、どこかで▲5八金と引く手が必要になります。手損して

いるようにも思えますが、後手も銀が出て、戻っているので気にすることはないで

しょう。


2010.10.19 / Top↑
第5図は、前回の第1図と似た局面ですが、別の手順で石田に組む方法もあります。


CapD20101016_3.png


第5図から、

△5五銀 ▲6八飛 △4二角 (第6図)


今度は、△5五銀に、▲6八飛 と一度、四間飛車にしました。

後手は、6四の地点を守る為に、△4二角と引きました。



第6図から、

▲7八飛 △2二銀 ▲6七銀 (第7図)


CapD20101016_4.png


ここで▲7八飛と三間に戻します。続いて▲6七銀と銀も戻しました。


第7図で、△7五角は▲5五角があります。



△9四歩 ▲6八角 △8四飛 ▲7六飛 (第8図)


▲6八角~▲7六飛と、まるで手品のような手順で石田に組むことができました。



詳しくは、実戦譜をご覧ください。


2010.10.16 / Top↑
それでは、第1図から、石田流に組み替える手順を紹介します。

CapD20101014a.jpeg

▲7六銀 △5一金 ▲5八金左 △9四歩 ▲6五歩(第2図)

まずは、▲7六銀と上がって7五の歩を守ります。


次に、▲6五歩と突くのがポイントです。この手に対して、△7七角成りは、▲同桂

△5三銀(△5五銀は▲7一角)に、▲8八飛、▲8五桂のどちらでも先手が指しやす

いと思います。



第2図から、

△5五銀に、▲6七銀と戻します。 (第3図)


CapD20101014b.jpeg


△4四銀 ▲9八香 △4一金 ▲1六歩 △1二香 ▲6八角(第4図)


第4図の形になれば、次に▲7六飛から石田に組めます。

第4図から、後手が△5三銀として角成りを狙う手は、

▲7六飛 △9九角成りに、▲7七角とぶつける手があり先手有利です。



実戦は、後手が△8四飛と浮いたので、▲5六歩~▲7四歩~▲5七角と指していま

すが、詳しくは棋譜をご覧ください。



2010.10.14 / Top↑

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。