上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
CapD20120916.png

基本図は、先手が矢倉を目指したのに対して、後手が菅井流で対抗しようとしてい
るところです。しかし、このように飛車先を保留して矢倉に組まれたら、後手の攻めは
難しいとされています。

将棋世界誌で、菅井五段は、「8七歩型で玉の移動を急がれたらいまなら仕掛けは
見送ります。仕掛けることはできなくても、守りを固めて指せると思いますし。」と話さ
れています。(2011年11月号 勝又六段の講座より)

今回は、基本図からの仕掛けが本当に無理なのかを再点検し、見送るとしたら、どの
ように指し進めたらよいのかを考えてみたいと思います。


基本図は、プロの公式戦では実戦例が少ないので、24高段者のデータを調べてみま
した。

CapD20120916_1.png

ここから△4五歩と仕掛けた場合は、やはり先手の勝率がいいようです。もう少し詳し
く見てみます。

基本図から、
△4五歩 ▲同歩 △6五歩 ▲4六銀(第1図)

△6五歩には▲4六銀と上がるのが最善のようで、ほぼ定跡化されています。

CapD20120916_3.png

第1図からは、ほぼ△6六歩△6六角の二択になっています。どちらが勝るのかは、
非常に難しいと思います。しかし、データからは、勝率はよくなくても、△6六歩と取
るのが有力と考えられているようです。

CapD20120916_2.png

第1図から△6六歩

△6六歩 ▲6七歩 △5五銀(第2図)

△6六歩には、▲3五歩も考えられますが、24高段者のデータでは全て▲6七歩と合
わせています。これに対して、△3三角や△6三銀は、押さえ込まれる展開になりやす
いです。ここで、△5五銀の勝負手が成立するかどうか?が興味あるところです。

第2図から、
▲5五同銀右 △同角 ▲同銀 △6七歩成り ▲8六角(第3図)

▲5五同銀右に角を切って、と金を作るのが狙いです。▲8六角と逃げて後手の手番
となります。第3図では、△5八銀・△3六銀・△3七歩などの手があり、勝負にはな
ると思います。なお、8六歩型なら▲8六角と逃げられないので、後手有利でしょう。

CapD20120916_4.png

第1図から△6六角

△6六角 ▲同角 △同歩 ▲2二角(第4図)

△6六角に▲6七歩と打つのは、△7七角成り~△5九角で先手が悪くなります。なの
で、▲同角 △同歩に角を打つ手が考えられますが、▲7七角は『相振り飛車 菅井
流 2』で取り上げましたので、▲2二角について検討してみます。

第4図から、
△3三角 ▲同角成り △同桂 ▲3五歩 △2四飛 ▲2二角(第5図)

△3三角と合わせられた後に、▲3五歩と打ってから、再度▲2二角と打てば桂・香取
りになります。第5図は、先手が指せそうな感じがします。しかし、△4五銀から反撃す
る手があります。以下、▲同銀左 △同桂 ▲6六角成り △3七歩打ちが一例です
が、難解だと思います。

CapD20120916_5.png

今回、第1図からの攻防を検討し直してみましたが、後手の勝率が悪いというデータ
はあるにせよ、うまく攻めればかなり戦えるのではないかという印象を持ちました。

下の動く棋譜に、その他の手順を含めてまとめてあります。先手の陣形が、4八玉・
8六歩型、4八玉・3九金・8五歩型で、攻め方は違ってきますが、参考になればと
思います。



仕掛けを見送る指し方

プロの公式戦で第1図になったのは、佐藤慎-瀬川戦(2011.1)の1局だけのようで
す。その対局では、後手が△4五歩の仕掛けを見送り、△7四歩から高美濃にして
います。(この形で、後手が矢倉にするのは危険です。)

基本図から、
△7四歩 ▲2八玉 △6三金 ▲6八飛 △7三桂(第6図)

先手は四間飛車にして、6筋を狙ってきました。勝又六段の講座では、高美濃に組
めれば後手満足としていますが、駒の当たりがきつくなるので、争点を作ってしまうリス
クがあります。

第6図から、
▲8六角 △8四歩 ▲9六歩 △9四歩 ▲7七桂 △4五歩(第7図)

先手は、このままでは攻めきれないので、矢倉崩しの形にしてきました。ゆっくりしてい
たら、▲6五歩から潰されるので、ここで△4五歩と先攻するのは当然でしょう。

以下、▲同銀 △同銀 ▲同歩 △8五歩 ▲9七角 △9五歩と進行しましたが、
いい勝負だと思います。

CapD20120916_6.png


中村亮-佐藤和戦(2011.10)でも、類似の局面(後手の飛車が3二)が指されてい
ますので、それを参考にして指し手を進めてみます。

基本図から、
△6三金 ▲6八飛 △7四歩 ▲6五歩(第8図)

▲2八玉の一手を省略して、△7三桂と指される前に仕掛けるのが先手の工夫です。

第8図から、
△同歩 ▲5五銀 △同銀 ▲同角 △7三桂 ▲7五歩 △6四銀 
▲8八角 △7五銀(第9図)

▲5五銀では、▲同銀も有力ですが、角を活用させていきました。第9図となり、後手
は銀を使ってしまいましたが、がっちりと受け、二歩得なので、不満ない分かれだと思
います。

基本図からの仕掛けを見送り、高美濃にした場合には、先手の攻めに対して反撃して
いく展開になるようです。

CapD20120916_7.png

参考文献
将棋世界2011年11月号 勝又六段の講座『突き抜ける!現代将棋』




1つでも役に立つことがありましたら、クリックしていただければ幸いです。
にほんブログ村 その他趣味ブログ 将棋へ
にほんブログ村

スポンサーサイト
2012.09.16 / Top↑
菅井流実戦編

石田流の菅井新手ではなく、相振り飛車の菅井流です。菅井流を避けて矢倉にしな
い指し方も増えていますが、▲4八玉・▲4九金型で対抗する将棋を指してみたの
で載せてみたいと思います。


1局目

第1図は、羽生名人-久保二冠の将棋(2009年竜王戦)と同一局面です。羽生-久
保戦では、ここから△6六歩 ▲6七歩と進みましたが、本局では△6六角と角が
出てきたので、▲3五歩と指しました。


CapD20110213.png

▲3五歩には△2四飛と逃げました。以下、

▲3八玉 △3三桂 ▲3七桂 △7七角成 ▲同 桂 △3六歩 (第3図)

△3六歩と形を乱しにきました。これは▲同金と取るしかありません。
続いて、

△6六歩 ▲2二角 △6七歩成 ▲3三角成 △6六角 (第4図)

▲2二角~▲3三角成りと指しましたが、後の展開を考えれば▲2六歩か▲6八
歩と指すべきでした。△6七歩成に▲同銀は、△2九角打ちで先手の負けです。


CapD20110213_1.png

少し進んで第5図となりました。この▲3三角が敗着で、ここでも▲2六歩とすべ
きでした。

△5六と ▲同 歩 △2九角 (第6図)

△5六~△2九角が厳しく、第6図では先手敗勢です。


CapD20110213_2.png




2局目

本局も36手目、△6六角と角で歩を取ってきました。今度は手を変えて、▲3六
と控えて打ってみました。▲3六歩と▲3五歩とどちらがいいのかは優劣つけ
難いと思います。

△3三桂に▲3五銀と出て飛車を1四に動かさせました。自分から、角交換して
▲2二角と打ちましたが、疑問だったかもしれません。▲3五銀ではじっくり▲
2八玉の方がよさそうです。


CapD20110213_3.png

と金を作られて難しい将棋になりました。しかし、△5七銀(第9図)~△7九
角は無理があったようです。

第10図となり、先手玉は裸になってしまいましたが、▲6八銀 △8八角成り 
▲同馬となった局面は、先手陣は隙がなく駒得が大きいので先手有利でしょう。

2局ともに厚みを活かす指し方はできませんでしたが、参考になれば幸いです。


CapD20110213_4.png




1つでも役に立つことがありましたら、クリックしていただければ幸いです。
にほんブログ村 その他趣味ブログ 将棋へ
にほんブログ村

2011.02.13 / Top↑
第1図は、先手向かい飛車対後手三間飛車の戦形から△7四飛と指したところ
です。

この作戦が成立しているのかは微妙なのですが、初めて見る方には変な手に思え
るでしょう。まだ菅井流を知らなかった時に、第1図から第2図になったのを見
て、全く意味がわかりませんでした。

この手の狙いとしては、6七の銀を動かしにくくおり、また先手の6筋・7筋へ
の攻撃も見ています。ここから菅井流の仕掛けを狙うのですが、その時に先手が
4六銀から盛り上がってきた時に備えてあらかじめ飛車を逃げている意味もあり
ます。

第1図から、
▲4七金 △4四歩 ▲3七銀 △4三銀 ▲8六飛 △5四銀
▲5六銀 △6四歩 ▲4八玉(第2図)

先手は、▲8六飛としてから▲5六銀と出てきました。普通に矢倉を目指したら
こうなるところです。

第2図は、前回紹介しました羽生-久保戦と飛車の位置が違うだけです。ここか
菅井流の仕掛けが始まります。


CapD20101228.png

△4五歩 ▲同 歩 △6五歩 ▲5八金(第3図)

△6五歩に▲4六銀ではなく、▲5八金と指してきました。


△6六歩 ▲4六銀 △6四飛 ▲7五歩 △6五銀(第4図)

△6四飛と回り、銀をぶつけていくのは、捌きを狙う後手には当然の手です。


CapD20101228_1.png


▲5五銀直 △2四飛 ▲3八玉 (第5図)

第4図から、▲6五同銀 △同飛 ▲5六銀は、△7五飛と逃げて、銀を持ち駒
にした後手が指せるでしょう。

▲5五銀直は、駒の交換を避けて飛車にプレッシャーをかける手です。△2四飛
と逃げましたが、▲3八玉は悪手で▲3七金が正解でした。第5図から五手一組
の好手がありました。

△5五角 ▲同 銀 △6七歩成 ▲同 金 △5八銀(第6図)

△5五角と切ってから、▲5八銀と割り打ちした局面では、勝負あった感じです。
以下、数手で先手が投了となりました。


CapD20101228_2.png



次は、本家菅井四段が将棋倶楽部24で指された実戦譜を紹介します。

第7図は、先手が▲5六金と上がったところです。矢倉は崩してしまいますが、
敵の飛車が7筋にいるので、中央を厚くする狙いです。

△4五歩 ▲同 歩 △6五歩 ▲4六銀(第8図)

後手は今まで通りに、△4五歩~△6五歩と仕掛けました。


CapD20101228_3.png


△6六歩 ▲同 金 △6四飛 ▲6八歩 △3三角
▲1六歩 △6五銀 (第9図)

後手は、△6四飛と動かして、6筋に攻撃を集中して捌きを狙います。
先手は玉が薄くなっているので、うまく受けないと劣勢になってしまいます。


▲7五金 △6二飛 ▲8四歩 △同 歩 ▲3三角成 △同 桂
▲8三歩 △同 銀 ▲6五金 △同 飛 ▲4七角 (第10図)

このあたりは駒がぶつかっていて、指し手が難しいところです。先手は▲7五金
と出て8筋を攻撃しましたが、すぐに▲8四金と出るのは、△8七歩と打たれて
失敗しますので、▲8三歩と垂らしていきました。▲4七角で飛車銀取りが決ま
りましたが、△7四角と合わせる手があり、難解な局面です。


△7四飛型を何局か指してみましたが、第7図のように▲5六金と守られると、
後手が攻め切るのは容易ではない
というのが率直な感想です。


CapD20101228_4.png

ランキングに加入しました。1つでも役に立つことがありましたら、クリックして
いただければ幸いです。
にほんブログ村 その他趣味ブログ 将棋へ
にほんブログ村
2010.12.28 / Top↑
羽生名人-久保二冠の将棋(2009年竜王戦)から、相振り飛車菅井流の攻防をご
覧いただきます。2手目3二飛車で始まりましたが、相振り飛車になり、久保二
冠は菅井流の構えにしました。


先手は、飛車先の歩を▲8五歩まで伸ばしていますので、まだ矢倉が中途半端で
す。しかし、4九金型にしているのは菅井流を警戒した作戦だったかもしれませ
ん。

後手陣の構えは完成しましたので、△4五歩から仕掛けました。(第1図)


▲同 歩 △6五歩に、▲同歩とせずに、 ▲4六銀。 (第2図)


やはり、角交換から△2二角と打たれては先手面白くないので▲4六銀と指し
ました。


▲4六銀は、浮き飛車にプレシャーをかける意味もあります。


CapD20101214.png

第2図から、

△6六歩  ▲6七歩 (第3図)

△6六歩に▲6七歩と合わせる手は、この形でよく指されています。

この歩は、2二の角に紐がついてないので、取れません。


△3三角 ▲6六歩 △6五歩 ▲3六歩 △6六歩 ▲5八金 (第4図)

△3三角は、次に△6七歩成りを見せた手です。△6五歩には▲3五歩もありま
すが、▲3六歩と控えて打ちました。 ▲5八金は、4九金型ならではの受けです


CapD20101214_1.png


△6三銀引 ▲3五銀 △6四飛 ▲4四銀 △2二角 ▲8六角(第5図)

角の利きを▲4四銀で抑え、先手陣はすごく伸び伸びとした感じです。

後手を持ちたい人はあまりいないのではないでしょうか。

だいぶ進んで、67手目。(第6図)


▲7五歩で飛車が死んでしまいました。

大差に見えますが、△2二角から△5五角と銀が取れ、△6七銀と打つ手が嫌らしく、

まだまだ波乱があってもおかしくない局面だと思います。


CapD20101218.png




この対局の少し後に、将棋倶楽部24で44手目まで同一の将棋がありました。

菅井流本家e-yazawa4さんと、強豪HAHAHAHAHAさんの対局です。

45手目、羽生-久保戦では▲3五銀でしたが、▲9六歩(第7図)で違う将棋
になりました。▲9六歩は、将来△9四飛と逃げられる手を、あらかじめ牽制し
ています。

少し進んで第8図となりました。羽生-久保戦と同じように、先手の盛り上がり
に対して後手は、どう捌いていくのかという将棋です。

結果は後手が勝ちましたが、▲4六銀と盛り上がった形は、お互いに技術のいる
難しい将棋になると思いました。


CapD20101214_2.png




1つでも役に立つことがありましたら、クリックしていただければ幸いです。
にほんブログ村 その他趣味ブログ 将棋へ
にほんブログ村

2010.12.14 / Top↑
前回は、相振り飛車の菅井流について、成功例をご覧いただきましたが、今回は先
手が工夫してきた形での攻防を考えてみたいと思います。

第1図は、菅井流の駒組が完成したところです。前回も書きましたが、△3三桂と
跳ねずに、美濃囲いにして、△7一玉で待機
します。△6四歩型にする為には、△
5二金左を後回しにして、早く△5四銀と腰掛け、△6四歩と突くのがポイントと
なります。

それに対して、先手は飛車先の歩を保留して、矢倉囲いを急いでいます。先手の対
応としてはこれがベストで、このように組まれ、正確に受けられると菅井流の仕掛け
は難しいというのが現在の認識のようです。


CapD20111013.png

先に▲6五歩と突かれてしまった場合には、△3三角(第2図)と上がり△4五歩を
狙う指し方や、△3一飛~△4一飛~△3三角のような形(第3図)にして△4五歩
から攻める指し方があります。


CapD20111013_1.png

第1図から、△4五歩~△6五歩と攻めるのが菅井流の仕掛けです。(第4図)

『菅井流 1』では、△6五歩を▲6五同歩と取るのは、先手がよくないと書きました。


第4図からは、▲6五同歩ではなく、▲4六銀(第5図)と上がるのが最善だと思い
ますので、今回はそれ以後の変化を検討してみます。


CapD20111013_2.png

第5図から、後手は(1)△6六歩と(2)△6六角がよく指されています。(△8二玉
や△3三角は後手が悪い。)


(1)△6六歩

△6六歩の取り込みには、A.▲6七歩と合わせる手や、B.▲3五歩が有力です。

A.▲6七歩に△6三銀引 (第6図)

以下、▲6六歩 △7四飛 ▲6七銀  △6五歩 ▲5六金 (第7図)

先手は▲5六金と上がるのが力強い受けです。厚みを生かして指せば、先手良しで
しょう。▲6七銀の手では、▲6五銀も考えられます。


CapD20111016.png

A.▲6七歩に△5五銀(第8図)

▲5五同銀右 △5五角 ▲同銀 △6七歩成り ▲8六角(第9図)

△5五銀は勝負手です。角を切って△6七歩成りに賭けますが、やや無理筋だと思
います。もし、先手が飛車先歩突き型でなく、▲8六歩と突いてあれば、▲8六角
と逃げられないので、△5五銀とぶつける手は有力となります。


CapD20111013_4.png

B.▲3五歩に△3二飛(第10図)

第10図は、女流の斎田-中村戦(2010.12)と類似局面です。(先後の違いあり)

次に▲2八玉が自然ですが、△6七歩成り ▲同銀に△4五銀(第11図)の攻めが
成立するかどうかは微妙な感じです。他には、△4四歩 ▲同歩 △4五歩や、△
4三金~△6二飛として攻める手段があります。


CapD20111013_5.png

(2)△6六角

△6六角には、A.▲6七歩、B.▲3五歩、C.▲3六歩などが考えられます。△6
六角に▲同角 △同歩 ▲7七角は、△2二角と打って(1)Aの変化と合流します。
 
 A.▲6七歩 △7七角成 ▲同 桂 △6六歩 ▲同 歩 △5九角
   ▲7八飛 △6七歩 ▲同 銀 △3八飛成 (第13図)

この手順は、24高段者の実戦からです。△6七歩~△3八飛成の強襲が鋭いです。
▲同玉なら△6八金、▲同飛なら△3七歩打ちで後手有利でしょう。


CapD20111013_6.png

B.▲3五歩  △3二飛(第14図)

▲3五歩と押さえられて、△7七角成りとしてから△3二飛と引くか、また△2四
飛と横に逃げるかは迷うところです。後手が攻めきるのは容易ではないと思います。

C.▲3六歩 △7七角成り ▲同桂 △6六歩 ▲3七桂(第15図)

▲3六歩も▲3五歩と同じく、厚みを築いて飛車を圧迫するのが狙いです。この進
行も先手十分の形勢でしょう。


菅井流の仕掛けは、浮き飛車でなく△3二飛や、△4二飛の形からも指されています。

CapD20111013_7.png



2010.10.26 / Top↑

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。