上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
早石田の分類と移り変わり

早石田とは、角道を止める持久戦型石田流と違い、序盤早々に角交換から急戦にな
る石田流のことをいいます。

初手から、
▲7六歩 △3四歩 ▲7五歩 △8四歩 ▲7八飛 △8五歩(第1図)

第1図が基本形で、現在ではここからいろいろな指し方が生まれています。


第1図から、▲7四歩(第2図)と突く手は長い間無理だとされていました。

CapD20110305.png

しかし、2004年5月に鈴木八段が、第2図から、

△同歩 ▲同飛 △8八角成り ▲同銀 △6五角に、▲5六角(第3図)

と合わせる新手を指しました。(ここでは以下の変化は省きます。)

鈴木八段は、2006年に棋聖戦の挑戦者になり、第1局と第3局をこの鈴木流早石田
で戦っています。


鈴木流は、後手の対策が進み、最近ではあまり指されなくなりましたが、第2図から、
△同歩に、▲3八銀▲5八玉と指す手を、2009年初春頃から将棋倶楽部24で見
かけるようになりました。

CapD20110305_1.png

第4図の早石田9手目▲3八銀は、プロの公式戦では指されてはいません。しかし、
早石田9手目▲5八玉は2010年5月に稲葉四段が指し、稲葉新手と言われまし
た。実際には菅井四段や都成三段が以前から研究していたそうです。

また、9手目に▲4八玉と上がる形もあり、2010年9月に久保二冠が渡辺竜王との
対局で指しています。

CapD20110305_2.png

第1図から、▲7四歩と突かないで▲7六飛(第7図)と浮く手は、2010年11月に
菅井四段が指しました。その後、久保二冠がタイトル戦で指すなどして話題になり
ました。

升田九段は著書の中で、「早石田はそれ自体結論の出ている戦法であるから、いく
ら改良しようがよくなる余地はない。」と書かれているのですが、これほど新手が出てく
るとは多くの人が想像できなかったと思います。


CapD20110305_3.png



第1図から、▲4八玉 △6二銀(第8図)から、▲7四歩(第9図)と仕掛ける手は
昔からありました。


CapD20110305_4.png

第9図から、
△同歩 ▲2二角成り △同銀 ▲5五角(第10図)

と進めば、古典的な急戦石田流で、多くの本で紹介されています。縁台将棋なら、
先手が有利になることが多いかもしれません。

しかし、▲7四歩を△同歩と取らないで、△7二金と受けられると先手の攻めが続
かないと考えられていたので、プロの対局ではずっと指されることはありませんでした。

ところが、2009年2月に、久保二冠が△7二金に対して、▲7五飛(第11図)の新手
を指して快勝しました。

CapD20110305_5.png


第8図から▲7六飛(第12図)と浮く手も指されており、この形からはスイッチバック自陣
と呼ばれる手が生まれています。

第8図から、玉を美濃に囲ってから▲7六飛と浮き、角交換になった形を升田式石田
といいます。升田九段が、1971年の大山名人との名人戦7番勝負で、素人将棋
の見本とされていた早石田を連戦採用したのは有名な話です。

升田式石田流は手詰まりになりやすいので、現在は玉を囲う前に急戦を仕掛ける手
がいろいろと研究されているのです。

※もっと広い意味で升田式石田流を定義することもありますが、ここでは角交換型の石田流を升田式
石田流と考えていきたいと思います。

CapD20110305_6.png





1つでも役に立つことがありましたら、クリックしていただければ幸いです。
にほんブログ村 その他趣味ブログ 将棋へ
にほんブログ村

スポンサーサイト
2011.03.05 / Top↑
 早石田の基本①で出題した次の一手の解答編です。①の方からご覧ください。


急戦や奇襲戦法の本には、必ずといってもいいほど出てくる急戦石田流(早石田)に
ついて解説したいと思います。

第1図は、5手目に▲7八飛と指したところです。三間飛車党なら、ぜひともやって
みたい手です。ここで、△8八角成りなら▲同銀、△4五角、▲7六角で一局です。

△8五歩に、▲7四歩と攻めれば・・・

「ハチワンダイバー」で、師匠が将棋は終わっていると語った局面。(第2図)

これは漫画を監修した鈴木八段が指した新手で、新石田流とか呼ばれていますが、

もちろん、ここで将棋が終わっているはずはありません。


CapD20101124.png

代表的な変化は、

△同歩 ▲同飛 △8八角成り ▲同銀 △6五角 ▲5六角(第3図)

ですが、現時点では先手が十分戦えるとしか結論されていません。変化も難解です。

7手目▲7四歩は難解ですが、▲4八王、△6二銀としてからの▲7四歩は、定跡
書によく出てくる手です。(第4図)


CapD20101124_1.png

△同歩、▲2二角成り、△同銀に、▲5五角。(第5図)

飛車・銀両取りで勝負あったかに見えますが・・・

△7三銀(前回①の正解)で受かります。


しかし、角の睨みを利かせて▲7四飛(第6図)と攻めが続きます。ここで、どう
やって受けるかは、定跡を知らないとなかなか指せません。


CapD20101124_2.png

正解は、△6四角です。(前回②の正解)

△3三角もある手ですが、▲7三角成りとされる変化があるので、△6四角が勝り
ます。普通に△6四歩と受けるのは、強く▲7三飛成り(前回③の正解)、△同桂、
▲7四歩で難解だと思います。

△6四角に、▲7三飛成り、△5五角、▲8二龍、△同角。(第7図)

ここで、▲8三飛、△7二金、▲8五飛成りは、△9四角で、後手やや有利といわれ
ています。(第8図)


CapD20101124_3.png

▲8四飛ならどうでしょうか?
△7二金と受けるのは、▲7七歩(前回④の正解)の妙手があります。(第9図)

△同桂に▲8三銀で、後手容易ではありません。

▲8四飛には△7二金でなく、△3二飛と受けて難解な形勢のようです。


上の変化は定跡書によく出てくる進行なのですが、

第4図から△同歩は、
▲同飛 △7三歩 ▲7六飛の方がわかりやすいようです。(第10図)


20101124_4.png

第10図から△8八角成り~△4五角を狙うのは、

▲同銀 △4五角 ▲6六飛 △2七角成り ▲5五角 (第11図)

となって、先手有利です。

この手順は、久保二冠による将棋世界の講座「さばきのエッセンス」に載っていたも
ので、「第2図から△7四同歩 ▲同飛と進めば、後はどういう変化になっても先手
が得。」と解説されていました。


さて、9手目に戻って、▲7四歩には、△7二金(前々回⑤正解)と受けるのが手
堅いとされてきました。(第12図)


以下、▲7三歩成り、△同銀、▲7四歩、△6四銀、▲3八王などの進行があります
が、後手指しやすいようです。

そこで、先日の棋王戦で、久保八段(前々回⑥正解)が▲7五飛という新手を出し
57手で勝ったので、大変話題になりました。


CapD20101124_5.png

















2010.10.20 / Top↑
早石田(急戦石田流)の基本について、クイズ形式で次の一手にしてみました。

CapD20101020.png
CapD20101020_1.png
CapD20101020_2.png
2010.10.20 / Top↑

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。